豪快奥義で敵を蹴散らせ!『真・北斗無双』を先行プレイ!

豪快奥義で敵を蹴散らせ!『真・北斗無双』を先行プレイ!

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
ド派手奥義で有象無象を吹き飛ばせ!『真・北斗無双』が配信開始

“無双”シリーズ最新作!
『真・北斗無双』を先行プレイ!

『真・三國無双』『三國志』で知られるコーエーテクモゲームスは、今年で10周年を迎える人気シリーズ『北斗無双』の新作アプリを配信予定だ。

本作は多数の敵を一気に蹴散らす“無双の爽快感”が楽しめるアクションRPG

今回GameWithでは、年内配信予定の『真・北斗無双』を特別に先行プレイさせていただいた。

本稿では、そこで判明したゲームシステムや魅力についてのプレイレポートをお届けするぞ。

『北斗無双』とは

▲2012年発売のソフト『真・北斗無双』より。

『北斗無双』は、2010年にコーエーから発売されたプレイステーション3、Xbox 360向けのアクションゲーム

また、2012年には続編となる『真・北斗無双』もPS3・Xbox 360・Wii U向けに発売された。

一撃当千の活躍が癖になる!

直感操作で遊びやすい!

本作の戦闘は画面左下部のバーチャルパッドや、画面右部の各種攻撃アイコンを使用したアクションRPGだ。

ゲームは立ちはだかる敵キャラクターを倒しながらステージを進めていくもの。ステージ最深部にいるボスを撃破できればクエストクリアとなる。

“無双”シリーズの特徴といえば、登場する敵キャラクターの数だ。

本作も例にもれず、ぱっと見で20人近くの敵がプレイヤー目掛けて集まってくるぞ。

四面楚歌とも言える危機的状況だが、頼れるものは己の身一つのみ。

拳や武器で敵を蹴散らしていく爽快感は、スマホゲームになってもなんら変わりはなく、“無双”シリーズファンの方でも安心して楽しめるだろう。

ボス戦だろうが1対多数の状況は珍しくない。

背後からの攻撃に注意しつつも、強敵から目の離せない緊張感のあるバトルを楽しめるぞ。

ド派手な必殺技が気持ちいい!

美麗な演出と共に攻撃を繰り広げる、各キャラクターの必殺技“無双”シリーズの醍醐味と言えるだろう。

本作では『北斗の拳』を象徴する各種奥義をタップ一つで簡単に発動できるぞ。

20秒程度のクールダウンが必要になる「通常奥義」は、広範囲にダメージを与えたりと“無双”を体感するのにもってこいともいえる攻撃技だ。

一箇所に集まった敵を一網打尽に蹴散らす爽快感を味わえるぞ。

そして必殺技となる「伝承奥義」は、攻撃を当てたり敵を倒すことで溜まっていくゲージをMAXにすることで発動可能だ。

ゲームの仕様上、何度も発動することは難しいため、ボス戦といったここぞという場面に使って、大ダメージを与えよう。

ケンシロウは、お馴染み「北斗百裂拳」を使用する。

画面を覆い尽くすような拳撃を敵キャラクターに浴びせるぞ。

無法者は「汚物は消毒だ〜!!」の名言と共に火炎放射器を使用。

前方の扇状範囲に炎を放射するので、広範囲にダメージを与えられて非常に使いやすい。

『北斗の拳』を知らなくても安心!

多彩なゲームモードで『北斗の拳』を楽しもう

『北斗の拳』の世界で“無双”を体験できるのは、これまでに紹介した通り。

しかし、キャラクターなどは見たことがあっても、原作漫画は読んでない、という人も少なくないだろう。

本作では原作ストーリーを追体験できる「伝説編」や、世紀末世界を探索していく「クエスト」などのゲームモードが用意されている。

北斗神拳の伝承者・ケンシロウが、愛と哀しみを背負い救世主として成長する……社会現象にまでなった『北斗の拳』の魅力を余すことなく楽しめるはずだ。

まとめ

以上『真・北斗無双』先行プレイについてお届けしてきたが、いかがだっただろうか。

“無双”シリーズの醍醐味はそのままに、スマホ向けタイトルとして、いつでもどこでも楽しめる本作。

来る年内のリリースに向けて、期待を高めてもらえれば幸いだ。

©武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証KOA−100
©コーエーテクモゲームス All rights reserved.

真・北斗無双をプレイしたユーザーのレビュー。

  • 大三元爆弾

    即DLしました‼️
    確定ガチャでは、好きなキャラの1人であるレイが出たのでそれを使ってます。
    北斗無双もプレイした事ありますが、ゲーム自体の出来やテンポ・操作感等特に申し分無いと思います。
    ちょっとキツイステージも、回避や奥義を駆使したらそこそこいけます(・∀・)

  • t2

    スマホのアクションゲームは操作性が微妙なものが多いですが、本作はそこそこ快適にプレイできます。
    コマンドの押し間違えなどは今のところないですね。敵を倒して感覚もしっかり味わえるのがいい。

    ムービーもいい感じですが、声優で?となる方も多いのでは。コンソールの北斗無双もそうなのでそこは仕方ないですが。

    なかなかいいクオリティにまとまっているので評価高めにします。

  • 心戒

    グラフィックが頭おかしい(褒め言葉

    まずは良い点からあげていく。

    導入、つまりオープニング。めっちゃ引き込まれます。

    グラフィック。めっちゃ綺麗。ただしムービー限定。戦闘シーンはそこまで綺麗ではなかった。もしかしたら設定でいじれるかもしれないけど……

    戦闘難易度。キャラを育てないと手動でもオートでも結構あっさりやられる。というのも「ガードブレイク」システムが敵味方に搭載されているのだ。おかげさまで敵の攻撃モーション中にこちらの奥義を当てて中断させつつ相手のシールドゲージを削るという操作感を序盤に叩き込まれることになる。
    でもこれがまたちょうど良い難易度で個人的にはありがたい。どんなに強くなっても操作をミスったら自キャラが瀕死になる、こんなゲームは最近のゲームではなかった。そのため一つ一つの戦闘に緊張感が生まれてよりゲームに熱中させてくれる。素晴らしい。

    ガチャ確率及びガチャ演出。最高レアの排出率が3%とちょっと高め。ガチャ演出の数も確定演出が2つ確認できた。最初のうちは目を凝らしてガチャ演出の法則を探る楽しみが味わえる。

    全てのキャラの奥義を使える「無法者」キャラの存在。ただの雑魚キャラが多彩な奥義を使って同類の敵キャラを吹っ飛ばしていくのを見るのは中々爽快。しかもチュートリアルで必ずもらえるので獲得した奥義が腐らない。


    悪い点

    まずは操作性。視点が悪いからなのか知らないけどキャラを動かした際に時々カクッカクッといった感じに不自然に方向転換したり、攻撃モーションが大きいせいで前方の敵は殴れるが自キャラのほぼピッタリの場所に敵がいたりすると時々攻撃をスカる。

    ボイス、これが致命的。
    昔ながらの北斗の拳に携わっている声優さんを知っている人にとっては受け付けにくい、マジで。ケンシロウの声は正直判別不能だが、バットとハート様の声が「誰これ」っていうレベルで全く違う声優さんを起用している。
    ちなみにストーリーはムービーだけボイスありで吹き出しが出てくる場面では全く喋らない。

    ガチャが闇鍋システムで種類が「キャラ」「技」「カード」の3種類でそれぞれ1%の確率で最高レアが出る。
    正直この情報は個人的にはマイナス情報ではないと思う。けど悪い点に書いとく。


    総合評価で言えばかなりおすすめしたいアプリ。ムービーを見るためだけにダウンロードしても良いんじゃない? という程度には一見の価値あり。
    ただやはり昔のアニメを見たことあったりする人たちには声優に変更はかなり忌避感があると思う。
    後個人的な意見だとハート様のキャラグラがキモい。果てしなくキモい。泥に塗れたふっくらしたナンみたいな体してる。
    今のところ操作できるキャラが「ケンシロウ、レイ、ハート、牙親父、ヒューイ、シュレン、カーネル、無法者」なので、この中に使ってみたいキャラいないのであれば、少し様子見してからプレイするのもありかもしれない。

    最後に、このゲームリセマラはほぼ必要ない。メインストーリーを1章クリアまで進めたら引き直しガチャを引けるだけの石を貰えるのでそこまで頑張って、それで「ああ、自分にはこのゲーム合わないなぁ」と思ったらアンインストすれば良いと思う。そこまでかかる時間はのんびりやって15分くらいだった。
    ちなみにこの引き直しガチャ、1枠最高レア確定、というものだが頑張れば2枠3枠と出現するのは確認済みです。

真・北斗無双に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

会社 KOEI TECMO GAMES
ジャンル 3Dアクション
ゲーム
システム
3DアクションRPG
タグ
リリース
iPhone:2020年12月14日
Android:2020年12月14日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す