CMで話題沸騰中の『V4』を徹底的に紹介!

CMで話題沸騰中の『V4』を徹底的に紹介!

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
”本物の仲間”と共に世界を冒険!新作RPG『V4』配信開始!
やりこみが確実な価値に繋がる!ネクソン新作『V4』先行体験!
ネクソン新作『V4』で「キャラ名先取りキャンペーン」が開催中

PCに並ぶ超美麗グラフィックがスマホを変える[PR]

グラフィックが綺麗、と一言にいっても想像しにくい部分がある。
時代と共に技術は進化し続け、今でも多くの高画質スマホゲームがリリースされ続けている。

今回紹介する『V4』をテレビコマーシャル等で知った人も多いだろう。
そんな貴方はとても幸運に恵まれていると筆者は思う。
何故なら今作はスマホとは思えないほど素晴らしいクオリティを持っているからだ。

画質が綺麗と思うことはあるが、心が動く経験は少なかった。
『V4』は観るものを心から魅了し、ゲームとしての衝撃と感動を与えてくれた。

触っていて楽しいことはゲームとしての基本であり、同時に難しい部分でもある。
そんな部分を忠実に守り、おもしろいと筆者に感じさせてくれた今作の魅力を紹介させて欲しい。

心地良いと美しいが共存する美麗なアクション

顔が"ニヤける"程のグラフィックに惚ける

人は凄いモノを見た時に思わず笑う
えっ、マジで?ホントに?スマホゲームって凄いなと真面目に思ったのが、『V4』を最初に触った時の感想だ。

キャラのグラフィック、背景の描写、技のモーションやスキル。
どれを取っても一級品だった。
まるでパソコン専門店のゲーミングPCに映し出されるような滑らかで美しい映像美

こんなに小さい端末からどうしてここまで滑らかな動きを作り出せるのか不思議だった。
ぷらぷらと散歩するだけで心が躍るなんて感動以外の何者でもない。

まずは何も考えず画質設定を最高にして数分触って欲しい。
それだけで筆者が何を伝えたい部分が直ぐに分かると思う。
言葉では言い表せない自分がもどかしいが、是非ともこの感動を共有したい。

贅沢なムービーと美しいキャラメイクでゲームが進まない

高画質の魅力的なグラフィックによる大迫力のムービーシーンでは、映画さながらの映像美に酔いしれることが出来る。

その部分だけで全てを測ることは出来ないと思いつつ、豪華な画面に釘付けになってしまった。

SNS映えするキャラメイクにも注目したい。
テンプレートを使えば、凛とした美女やおっとりしたこと可愛いキャラクターを簡単に作り出せるので非常に愛着が湧いてくる。

加えて体格や身長、カラーリングなどをシークバーを使い微調整することが可能。
お手軽に可愛いキャラを作ることも出来るし、こだわりを持った自分だけのキャラメイクを楽しめる点にも注目したい。

強いより"魅せるプレイ"を心から堪能するべし

どんなゲームでも強さを追い求めることが基本になる。
誰よりも強くなって成長したキャラクターで強敵を倒す快感はいつだって私達を虜にしてくれる。

『V4』は6つのジョブの中から1人を選ぶことになる。
自分のお気に入りを見つけ、ひたすらやり込んでどんどん強くなっていくのが楽しい。

▲攻撃を重ねることで溜まるエネルギーを使い強力な魔法を操る"マジシャン"

▲強固な鎧で守りを固め敵を重厚な一撃で粉砕する"ウォーロード"

▲多彩な状態異常と鮮やかな連撃で戦場を駆け巡る"ブレイダー"

▲自身を強化しつつ盾と剣で堅実に敵を駆逐する"ナイト"

▲二丁拳銃と長銃を使い分け遠方から怒涛のラッシュを決める"ガンスリンガー"

▲斧と大砲で多彩な距離から大ダメージを与える"アクスラー"

これを見ただけでワクワクが止まらない。
単純に強さだけでは味わうことの出来ない、個性的なバトルスタイルが非常に魅力的だ。

筆者はガンスリンガーを選択した。
二丁拳銃で高速移動からの連続攻撃を浴びせ、武器をスイッチし長銃での一撃必中でトドメを刺す。
最高に気持ち良い。

強いだけではなく魅せるバトルシーンを作り出す世界観は『V4』ならではの魅力であり、多くの人にスタイリッシュで鮮やかな戦闘を楽しんで欲しい。

もちろん、オート操作も可能なので戦闘が苦手な人も安心しながら画面を眺めてニヤニヤ出来る。
得意な人はガンガン遊び、苦手な人はマッタリ遊べる適度な距離感が印象強かった。

大注目の大規模レイドバトルでサーバーの壁を打ち破れ

V4はサーバーを跨いで行われる600人同時接続レイド"ルナトラ"が大きな売りだ。
サーバー間を繋ぐ"インタサーバー"にそれぞれのプレイヤーが集結し、本来では叶えられない一期一会の出会いが産まれる。

600人が一度に集まる。正直言って、想像もつかない。
スマホの限界を超え、今までに感じたことのない衝撃を受けることは間違いないと筆者は思う。

隙間時間にコツコツと遊ぶだけではない。
しっかりと時間を作り、家で本腰を据えて遊ぶような本格的なバトルシステム
既にスマホゲーの時代は変わりつつある気がしてならない。

序盤を効率良く進めるための『V4』プレイガイド

まずは6つのプレイスタイルを知ろう

美麗なグラフィックや遊びごたえ満載の大規模レイドバトルなど、胸が躍る仕組みが盛りだくさんの『V4』。
しかし、やれることの多さに困惑してしまうのも事実。

そこで今回は『V4』初心者が行うべき序盤攻略のポイントを幾つか紹介したいと思う。
まずは各キャラクターを知り、楽しみながらゲームを遊ぶことだ。

今作は非常にアクションの幅が広く、俗に言う魅せるバトルアクションが大きな魅力だ。
勘の良い人は気づいたかも知れないが、『V4』のキャラには明確なロールが存在しない

敵を引きつけるタンク役や味方をサポートするヒーラーと言った固定の役職が決まってないので、状況に応じたバトルスタイルを組みやすいのが特徴だ。

超攻撃的なプレイスタイルの上にキャラクターそれぞれの個性が乗ることで、操作していて気持ち良いアグレッシブなアクションを楽しむことが出来る。

筆者が選んだガンスリンガーは武器の入れ替えによる多彩なスキルが特徴。
二丁拳銃による速射で敵を攻撃しつつ、高速移動で距離を取り長銃による一点火力で敵を仕留める。

その中にもカスタマイズやスキルの組み合わせが存在する。
射程を伸ばした遠距離型やスキルクールダウンを短くした短距離ラッシュ型
はたまたバフを重ねて大ダメージを狙う高火力型など多彩なバトルスタイルを自分で決めることが出来る。

自分が思い描くキャラをしっかりと選び、考えながらキャラを育成することが意外と重要な部分になる。
キャラスロットはデフォルトで4枠解放+課金で2枠追加可能となっているので、後から別のキャラクターを作ることも可能だ。

※キャラクターの削除はキャラクターのレベルが50にならないとできないので、むやみやたらに作成するのは注意。

基本はオート進行に任せてOK

基本的な進め方はストーリークエストの進行になり、オートで進めることが出来る。
サブクエ等も自動で進められるので、難しく考える必要はない。

ここで重要になってくるのが乗り物召喚獣というシステムになる。
乗り物は移動速度がアップするペットの様な存在だ。
通常速度が速くなり、一定間隔でダッシュ移動することが出来るので広いフィールドも快適に駆け巡ることが出来る。
また、攻撃速度を上げる効果もあるので戦闘でも活躍する効果を与えてくれる。

消費アイテムを使うことで召喚獣をフィールドに呼ぶことが出来るシステムも重要だ。
直接戦闘に参加することはないが、取得経験値量が上昇するので効率良くレベルを上げることが出来る。

両者ともにステータス強化も兼ねており、非常に頼もしい相棒としてあなたをサポートしてくれるだろう。
見た目も個性豊かであり、物語に色を添えてくれる点も見逃せない。

手軽に入れるギルドを活用しよう!

『V4』はギルド等の制限が緩いので人の出入りがしやすいのが魅力だ。
一度入団してしまうと抜ける際にペナルティを受けてしまったり、ギルドメンバーから冷たいリアクションを受けてしまう恐怖心も少なからずあるだろう。

一度ギルドを抜けると24時間ギルドに加入出来ないペナルティを受けるが、考え直す時間と考えれば無害と言っても差し障りない。

元々のゲーム性として人との交流がラフに出来る設計になっているので、気負わず積極的に参加しやすい雰囲気を作ってくれている。
まさにオンラインRPGとしての醍醐味だ。

ギルドに属することで経験値量が増えたりギルドコインがドロップする限定ダンジョンが発生したりなど、明らかに有利になる恩恵を受けることが出来る。

気軽に入れて、気軽に強くなる。皆が幸せになれる工夫の施されたシステムを心ゆくまで楽しもう。
ギルドが自分に合わないと思えば抜ければ良いだけだ。
上手く活用して序盤から快適な『V4』ライフを送ろう。

空き時間を利用した超効率レベリング

どれだけ熱中しているゲームでもずっと遊んでいる訳にはいかない。
仕事やプライベートなどでスマホから手を話す時間もあるだろう。

『V4』はそんな時間を有効活用することが出来る。
単純に放置する訳ではなく、複数のシステムを組み合わせることで超効率的な育成が可能になるからだ。

  • 経験値ボーナスが発生する召喚獣
  • 取得経験値が一定時間2倍になるアイテム
  • HPやMPを自動回復するポーション
  • 消費電力を抑えて端末の負荷を軽くする節電モード

これらを上手く組み合わせることで操作できない時間を有効活用。
自動設定を使うことでキャラクターが勝手に操作してくれるので、準備だけしてあげればいい。

何も考えずに放置することと、しっかりと準備を整えてから効率を考えて放置することは全く異なる
長く楽しむオンラインRPGだからこそ効率を意識したテクニックを駆使することが大切だ。

様々な強化システムを活用してキャラを強くする

『V4』には様々な強化システムが存在する。

キャラクター自体の性能を上げる"潜在能力解放"。
ステータスを強化するアイテムを装着する"魔石刻印"。
強化した装備品にアイテムを付与する"霊魂石"など、単純にレベルを上げればいいだけではない。

"バトラの魔眼"と呼ばれる消費アイテムを使うことで出現する"悪魔討伐"では、レア装備ドロップを狙うことができる。
やり込むことで着実にキャラクター強化に繋がるだろう。

一定時間だけ解放される"夢幻の隙間"は強化素材集めやレベリングに活用しよう。
しっかりと準備を整えれば完全放置しつつ大きなリターンを得ることが出来る。

一見すると何をすれば良いのか悩んでしまうが、すべてのコンテンツをしっかりと理解することで育成が物凄く楽しくなることは間違いない。

使えるものをフル活用してどんどん成長すれば、序盤の冒険に困ることは全くないだろう。
やりたいこととやれることを上手く結びつけ、自分の思い描く形で今作を楽しめることを祈る。

大作オンラインRPGの名は伊達ではない!『V4』ブームに乗り遅れるな!

大規模レイドだけではない!ハイクオリティなオンラインRPGを心から堪能しよう

『V4』の何がすごいかと言うと全てだ。

スマホとは思えない超高画質のグラフィック。
観るものを魅了し触るのが楽しくなる鮮やかなスキルの数々。
様々な観点からキャラ育成を楽しめるシステム。
インタサーバーを用いた大規模レイドバトルなど、大作を謳うオンラインRPGとして申し分ないボリュームだと筆者は感じた。

TVCMを眺めて改めて思った。やはりこのゲームは面白い
いつのまにかスマホゲームはここまで来ていたのかと感慨深い気持ちになった。
これで無料なのだから凄い時代だ。

是非、このタイミングを逃さずに『V4』を遊んでみて欲しい。
人それぞれ合う合わないがあるとは思うが、きっと後悔することはない
超大作オンラインRPGの波に乗ってみては如何だろうか。

© 2020 NEXON Co., Ltd.
© 2020 NEXON KOREA Corp. & NAT GAMES Co., Ltd . All Rights Reserved.

V4をプレイしたユーザーのレビュー。

  • ちょれ

    最高。
    たくさんのMMORPGをやってきたけどこれ程ハマったのは久しぶり

  • クロ

    まだまだ育成段階だけど、ストーリーがしっかりしていて、濃いキャラ(仲間)たちに囲まれながら旅をしている感をソロで味わえている。
    機能・コンテンツがたくさんあるものの、ゆっくりペースで開放されていく&ガイドもしっかりしているので、親切でわかりやすい。
    アクションもグラもクオリティ高いし、しばらく続けれられそう。

  • wille

    グラフィックやストーリー世界観はとても良いです。こちらもアクションMMOって訳ではないので仕方ないのかとは思いますがよくあるターゲティングバトルです。敵のいない所でもスキル撃てたりしますがほぼ意味なし、スキルボタン押せば勝手に敵をターゲット取りますので細かい操作が苦手な方は手軽に操作出来るかと思います。もちろんオートバトルありなので迷うことはありません。
    対人戦?では600人のpvpがあるみたいなので大規模でバチバチしたい方は1度プレイしてみてはいかがでしょうか?
    どうしてもターゲティングバトルなので高度な先読みバトルは無さそうな気がします。スキルがお互いにほぼ当てられるのでスキルの知識どうしでの読み合いは熱いと思います。
    回避ボタンやジャンプボタンも着いてませんので先読み回避バトルというのが好きな方は飽きちゃうかもしれません。


    <追記>
    グラフィックやPvEはゲームごとに個性出てて良いと思いますが対人戦にもっとこだわっても良いかと思います。
    大人数でスキル撃ち合いさせれば良いって感じだとマンネリ化しますし、ただの殴り合いpvpはどこのゲームでもありますので飽きます。
    もっとプレイヤー自身が腕を磨きたくなるようにpvpだけはノンターゲティング採用が欲しかったと思いました。
    その他の部分に関しては申し分ないので綺麗なグラフィックでサクサクやりたい方は是非プレイしてみてください。

V4に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

会社 NEXON
ジャンル オンラインRPG
ゲーム
システム
MMO/MORPG
リリース
iPhone:2020年09月24日
Android:2020年09月24日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す