新システム実装の大型アップデート!広大な土地をカスタマイズ!

新システム実装の大型アップデート!広大な土地をカスタマイズ!

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
人とロボットが共闘!「コンボ」を繋げる爽快バトルが楽しめる!
現役プレイヤーに聞く『コード:ドラゴンブラッド』の魅力とは?
新たな人生が送れる!?『コード:ドラゴンブラッド』配信開始!

広大な土地をあなたの手でカスタマイズ!『ドラブラ』に新機能が実装![PR]

レースゲームやアイドル活動など、豊富なコンテンツを飽きることなく楽しめる『コード:ドラゴンブラッド』

リリースから2ヶ月の時を経て、新コンテンツを6月4日(木)にリリースする。

今回の目玉といえば、プレイヤーが自分の土地を購入して、マイホームを建設できるホームシステム

この新コンテンツについて、GameWithでは特別に先行プレイさせていただくことができたので、その魅力をお届けしていこう。

サッカー場に、筋トレルームまで作れちゃう!?自分の土地を自由自在にカスタマイズ!

バスケットコートや遊園地、レースサーキットなど、他プレイヤーとの交流が図れるコミュニティスペースが数多く実装されている本作。

新コンテンツ「ホームシステム」では、その新たな場としてマイホームが追加されるぞ。

3つの土地から選択できる!

マイホームを建設するためには、まずは土地を購入しなければならない。

実装当初では「千鶴町」、「東京」、「愛媛県」の3箇所の土地が売買されているぞ。

「千鶴町」は桜の木や山などが見えたり、「東京」では高層ビルが多かったりと、各都市毎に景観も異なっているため、実際に足を運んで見ておくといいだろう。

土地の購入には、ダイヤが約500、ゲーム内通貨も約500,000ほど必要になる。

無課金のプレイヤーでも入手できるが、決して安すぎる!というわけでもないので、後悔しないように慎重に選ぶといいだろう。

土地の購入さえ終えてしまえば、家具の他にサッカーコートといった施設も設置できる。

どういった形の家を建設するのか、広大な敷地はプレイヤーの思うがままにカスタマイズ可能だ。

実装当初ではソファやゲーム機、テレビに洗面器など様々な家具が設置できるとのこと。

ドラブラ内で購入した乗り物も展示できたりと、プレイヤーの個性が活かせるマイホームを作れるぞ。

ハウジングのセンスが壊滅的な筆者は、実際に「豪邸の庭」をテーマにカスタマイズしてみた。

マスごとに細かな配置ができたりと、細かな修正を繰り返すだけでも気がつけば数時間が過ぎていた。

家の階層まで自分で決めることができるなど、終わりが見えないほどに作り込めるカスタマイズ機能。

どんな事でもやり込んでしまうというプレイヤーにはたまらない機能といえるだろう。

汚れが溜まると見栄えも悪化?毎日のお掃除を忘れずに!

マイホームは購入して、家具を設置して終わり!というわけではない。

設置した家具には、一定時間が経過すると“ホコリ”などの汚れが溜まってしまう

景観が悪くなるだけじゃなく、さらに一定時間放置すると家具自体が傷んで壊れてしまうため、定期的にタップして掃除をしよう。

ゲーム内通貨を使用すれば、ゴミを自動で掃除してくれる家政婦を雇えるぞ。

また、ロ・メイヒやノノなどの親密度が上がっていれば、彼らを雇うことも可能だ。

好きなNPCの親密度を上げて、彼らを家に招くというのも一つの楽しみ方になるだろう。

各種活動もマイホームの家具から行える!

料理人やスーパーアイドルなど、本作では40レベルから副業活動が解禁される。

マイホームでは、ピアノなどの家具を置くことで家でも公演が可能になるぞ。

他のプレイヤーの家に遊びに行こう!

こだわりのマイホームは他プレイヤーと共有して楽しむことが可能だ。

家具や施設などの充実さ“ぬくもり”ポイントとして表示され、このぬくもりに関するランキングを競えたり、“いいね”数で競うこともできる。

ドラブラ界のNo.1ホームデザイナーを目指すのもいいだろう。

“いいね”をつけて交流も図れる!

プレイヤー個人にモーメントと呼ばれる掲示板のようなものも用意されている。

このモーメントを通じて、遊びに行ったプレイヤーには家具などのプレゼントやいいねを贈ることが可能だ。

また、SNSのようにメッセージを書き込むこともできるぞ。

ご近所付き合いから生まれる絆もMMOの醍醐味。ぜひとも色んな人との交流を図ってみて欲しい。

全プレイヤーを虜にした!?ランキング上位の家に行ってみよう!

“ぬくもり”や“いいね”を競うランキングもホームシステムの見所の一つだ。

特にぬくもりランキングのTOP3には限定称号が与えられることもあって、激戦が繰り広げられるに違いない。

入場料などもなく気軽に遊びに行けるため、インテリアを学んだりと、ドラブラ界トップの家に遊びに行ってみよう。

まとめ

以上、6月4日追加の新コンテンツ“マイホーム”についてお届けしてきた。

プレイヤーの頭を悩ませるほどに豊富なカスタマイズと、MMOの醍醐味でもある他プレイヤーとの交流が図れるゲームシステム

ぜひとも一人でも多くのユーザーに体験してもらえれば幸いだ。

©Sixjoy Hong Kong Limited
©FAMOUS HEART LIMITED

コード:ドラゴンブラッドをプレイしたユーザーのレビュー。

  • ケットシー

    まず、中国企業でも信用性の高いテンセントが運営している点で信用できる。

    内容はやることは多いものの、従来のオートしていればクリア出来てるMMOでは無いところに高評価。韓国、中国企業含め、オートだけ押してればそれでいいというのが昨今のMMO。
    また、異聞というペルソナのようなサイドストーリーがあり、そこでは謎解きや操作性の性格さを求められる。
    他にも空腹感や精神的満足度というものがあり、それを解決するための食料やグッズの制作ができ、それを売ることが出来る。その対価はガチャ石。送り合いもできるため、助け合ったり、生産職を突き詰めることも出来る。

    ワンボタンで終わるほど単純なMMOではなく、課金はほぼ時短要素が強いため、ゆっくりやる分には無課金、微課金で十分楽しめる。
    クエストも高難易度は気がついたら野良でもどう攻略するために動くか?を話し合ったりしている。サークルなどもパーティーや晩餐会があり、自然と人が集まる。
    黒い砂漠モバイルでは実現できなかったら求められていたMMOだと思う。

    中国企業だからー、嫌日だーというレビューも見るがそれには全く当たらない。異聞の中には映画「リング」を思わせるようなものもあったり、日本のマップ自身もきちんと日本の建物や住宅街、江ノ島、渋谷や新宿などをモチーフにして作られているのがわかる。つまり、それだけのリスペクトをもって日本を舞台にしていることが分かる。
    そのため、主力キャラの中に日本人は少なくない。
    中国企業だからという偏見でプレイをしないのは損をすると思う。ゲームを楽しむ気持ちに国境はない。このゲームに関してはおま国仕様と言う概念も無い。

    ここからは蛇足なので読まなくても良い。
    昨今のスマートフォンゲームに関しては日本企業は正直に言って酷い。8年前のパズドラからほぼ進化していない。
    比べて、中国企業は崩壊3rdやドラゴンブラッド、第五人格、ミラクルニキなど全く新しい着想と素晴らしいクオリティのゲームを作ってる。
    悔しいことだ。日本は低コスト、低クオリティのコンテンツでガチャをし続けている。無論、中国企業もガチャはあるもののそれに終始していない。また、明確な天井もあり、課金石でも使い方次第で十二分の満足感を得られる。ドラゴンブラッドにおいては仲間ガチャよりも、コアなどの育成や乗り物に使うことで戦力が上がる。
    中国を嫌悪する気持ちはわかるが、スマートフォンゲームというコンテンツについては残念ながら中国企業の方が現状上だ。日本企業がはやくガチャギャンブルをやめてゲームを作ってくれることを祈る。

  • Black Lotus

    次世代のオープンワールドRPGスマホゲーム「Code: D-blood」で待っています!一緒にプレイしましょう!招待コードを入力すればビギナーズパックがもらえます!
    私の招待コード:JPQ7TBE7Z

  • ゆう

    次世代のオープンワールドRPGスマホゲーム「Code: D-blood」で待っています!一緒にプレイしましょう!招待コードを入力すればビギナーズパックがもらえます!
    私の招待コード:YQJQ7JQ8

コード:ドラゴンブラッドに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

会社 Tencent
ジャンル オンラインRPG
ゲーム
システム
MMO/MORPG
タグ
リリース
iPhone:2020年04月09日
Android:2020年04月09日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す