PS4 プレイステーション4の総合情報サイト
『FF7R(ファイナルファンタジー7 リメイク)』の評価とレビュー
PS4 PS5
2020年4月10日 発売中
レビュー
総合点
カジュアル
ゲーマー

ゲーム概要 最終更新 :

PS5版『FF7リメイク インターグレード』が発売!

FF7 リメイク インターグレードのアイキャッチ画像
『FF7リメイク インターグレード』の紹介記事はこちら

『FF7 リメイク』とは?

FF7(ファイナルファンタジーⅦ) リメイク 発売日いつ?のアイキャッチ

全世界待望の『FF7』フルリメイク!

スクウェア・エニックスより2020年4月10日発売のPS4,PS5対応ゲームソフト『ファイナルファンタジーVII リメイク(FF7 リメイク)』。

1997年に発売され、壮大な物語や魅力的なキャラクターが多くの人を魅了した不朽の名作『ファイナルファンタジーVII(FF7)』が、新たな物語として生まれ変わる。

目次 8,498文字

  • PS5版『FF7リメイク インターグレード』が発売!
  • 『FF7 リメイク』とは?
  • 『FF7 リメイク』は分割作品
  • 『FF7 リメイク』プレイレビュー
  • 『FF7 リメイク』ゲームシステムは?

ファイナルファンタジーⅦ リメイクの画像

▲オープニングからまるで映画のような映像美と、緻密に描かれた「ミッドガル」の世界に引き込まれる。実際にこの世界でクラウドたちを動かせるとあって、序盤からワクワク感がスゴい。

▲オープニングからまるで映画のような映像美と、緻密に描かれた「ミッドガル」の世界に引き込まれる。実際にこの世界でクラウドたちを動かせるとあって、序盤からワクワク感がスゴい。

▲キャラクターたちのグラフィックも言わずもがな。リアルすぎてまるで実写。

▲キャラクターたちのグラフィックも言わずもがな。リアルすぎてまるで実写。

▲ゲーム序盤でアバランチが行った魔晄炉爆破のシーン。崩れた建物や被害を受けてうずくまる人々など、原作とは比べ物にならない臨場感で表現されている。

▲ゲーム序盤でアバランチが行った魔晄炉爆破のシーン。崩れた建物や被害を受けてうずくまる人々など、原作とは比べ物にならない臨場感で表現されている。

▲スラムで探索中にふと上を眺めると、そこには巨大なプレートが広がっている。そこら中を見渡すだけでも、ミッドガルの重厚な世界観を感じられるぞ。

▲スラムで探索中にふと上を眺めると、そこには巨大なプレートが広がっている。そこら中を見渡すだけでも、ミッドガルの重厚な世界観を感じられるぞ。

▲中でもやはり主人公のクラウドが一番魅力的。パッと見はクールでカッコいいのだが、女の子相手にどぎまぎしたり、ときにはシュールな笑いを誘ってきたりと、ほかキャラとの掛け合いが見ていて面白い。

▲中でもやはり主人公のクラウドが一番魅力的。パッと見はクールでカッコいいのだが、女の子相手にどぎまぎしたり、ときにはシュールな笑いを誘ってきたりと、ほかキャラとの掛け合いが見ていて面白い。

▲アバランチのリーダー・バレットは、いかつい見た目とは裏腹にテンション高めかつめちゃめちゃ喋るのでギャップがスゴい。

▲アバランチのリーダー・バレットは、いかつい見た目とは裏腹にテンション高めかつめちゃめちゃ喋るのでギャップがスゴい。

紹介動画

GameWith編集部レビュー

ゲーマー向け評価

美しいグラフィックで蘇った『FF7』の世界と、コマンドバトルとアクションが融合したバトルを楽しめる超大作。キャラクターたちがより魅力的に描かれ、表情の変化だけでも心情が表せるようになった。マップデザインも格段に進化しており、サイバーパンクな魅力が漂うスラム街など、ワクワクするようなロケーションが多数用意されている。

コマンドバトルの戦略性とアクションの融合が本作ならではの魅力を生み出しており、随所で挿入されるカットインやムービーシーンによる演出もプレイヤーの気分を盛り上げてくれる。リメイク前をプレイしている方ほど、あらゆる点の進化に感動を覚えるだろう。

ストーリーではメインキャラクターはもちろん、サブキャラクターたちのエピソードもしっかりと掘り下げられている。全編フルボイスのため、より世界観に入りやすくなっている点もポイントだ。

分作なのでストーリーの先が気になってしまう点は残念だが、メインストーリーだけでも20時間程度はかかるボリュームになっている。その他やり込み要素も充実しているため、じっくりRPGを遊びたいユーザーにもオススメできる作品だ。

  • コンテンツ量 3点

  • 自由度 3点

  • ソーシャリティ 2点

  • BGM 5点

  • グラフィック 5点

  • 感情移入 5点

  • ゲーム性 3点

カジュアル向け評価

1997年に発売した『ファイナルファンタジーVII』が3Dで表現されることで、リアルになって帰ってきた作品です。美しく再現されたマップのグラフィックからキャラクター心の動きに至るまで一切妥協がない、まさに"名作"と言えます。

ストーリーは原作の序盤にあたる「ミッドガル編」のみが描かれているのですが、そのボリュームは非常に満足のいくものでした。原作ではあまり注目されなかったサブキャラクターたちのストーリーも追加され、作品を深く味わえるように。3D表現により、シナリオは原作よりも感情移入がしやすく、熱くなれる場面が多くありました。一方で、一部キャラクターについての設定に変更が加えられているなどオリジナル要素もあり、原作をプレイした人によっては好みが分かれるかもしれませんね。

バトルはコマンドバトルとアクションが融合しており少々複雑に感じることも。しかし難易度を変更することでアクションを自動で行うように設定できるので、従来のコマンドバトルのみを楽しみたい人やアクションが苦手な人でも安心してプレイできます。

原作をプレイしていない方や、そもそも『ファイナルファンタジー』を知らないという方でもこの名作だけはプレイして欲しいと感じる出来栄えでした。

  • コンテンツ量 3点

  • 自由度 3点

  • ソーシャリティ 2点

  • BGM 5点

  • グラフィック 5点

  • 感情移入 5点

  • 敷居の低さ 4点

ユーザーレビュー

ファイナルファンタジーⅦ リメイクをプレイしたユーザーのレビュー。

  • ハマコーン吉永

    過去にPS1で発売されたファイナルファンタジー7のリメイク作品です。
    オリジナルをプレイ済みの私はOPが始まった時にグラフィックの綺麗さに引き込まれました。スクリーンショットで画像保存しまくって遊んでいます。ゲームはややアクションよりの戦闘になっておりそれも絶妙な難易度で満足でした。エアリスやティファ等の女性陣はとても綺麗で可愛く魅力的にリメイクされており、釘付けです。男性キャラもカッコ良く魅力的ですよ!
    今作は複数作で発売される予定の第1作目となっております。次回作が楽しみでしょうがない、そう思わせてくれる1本です。是非プレイしてみて下さい。

  • yastin28

    初めてやりましたが、映像の綺麗さ、ストーリーにどハマりしました!!

  • ゲスト

    ミッドガル脱出までですが、オリジナルより細かく色々盛り込まれてて良かったです。
    続編楽しみに待ってます!!

  • ゲスト

    面白い

  • ゲスト

    FF7リメイク楽しい

コミュニティ

ファイナルファンタジーⅦ リメイクをプレイしている人達のコミュニティです。
ゲーム仲間を見つけたり、攻略の相談をしたりできます。

掲示板

ファイナルファンタジーⅦ リメイクに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
名無しのゲーマー 222

私ゲームやらないけど買ってやるよ

名無しのゲーマー 221

PS4と5持ってないからできないなぁ。今から買うならPS5だけど買えないからなぁ。原作はプレイ済みです。

名無しのゲーマー 220

>>180
原作やれば?笑笑

名無しのゲーマー 219

中身のない批判しかできない人って脳みそが空っぽなのでは。せっかく人間やってんだから頭使ったほうがいいんじゃないのw

ファイナルファンタジーⅦ リメイクの情報

会社 SQUARE ENIX
ジャンル コマンドバトルRPG
ゲーム
システム
コマンドバトルRPG
タグ
  • なし
発売日
PS4 : 2020年4月10日
PS5 : 2021年6月10日
定価
PS4 : 8,980円(税抜)
PS5 : 8,980円(税抜)
公式サイト
公式Twitter

注目のゲームソフト

同じパブリッシャーのゲーム

似ているシステムのゲーム