PC PCの総合情報サイト
リアルな白兵戦と多彩な育成が魅力の剣闘士育成ローグライトアクション『We Who Are About To Die』Steamにて早期アクセス開始!

リアルな白兵戦と多彩な育成が魅力の剣闘士育成ローグライトアクション『We Who Are About To Die』Steamにて早期アクセス開始!

最終更新 :
アイキャッチ画像

物理演算でリアルな戦闘が魅力のプレイするたびに味が変わるローグライト剣闘士育成アクション!

メインビジュアル

11月15日(火)にJordy LakiereよりSteamにて早期アクセスを開始した『We Who Are About To Die』は、剣闘士を育成するローグライトアクション

プレイヤーは中世ヨーロッパを舞台に、剣闘士として奴隷からグランドチャンピオンまでの成り上がりを目指していく。

物理演算がなされたリアルな白兵戦を主軸としつつ、毎回異なるイベントと死んだらやり直しのローグライト方式で自身の分身となる剣闘士を育成する。

非常に多くの武器と防具や、さまざまなイベントによりプレイするたびに変わる体験と、操作するプレイヤー自身も習熟していくのを楽しめる緻密な戦闘システムが本作の魅力だ。

▲本作のローンチトレーラー。

Steamで詳細を見る

■その他ゲーム情報はコチラから!

『We Who Are About To Die』の魅力は?

物理演算がなされたリアルな戦闘

戦闘シーン

▲勢いをつけて頭部に大ダメージを狙え!

本作の大きな魅力といえば、物理演算を用いた非常に緻密な戦闘システムだ。

間合いや武器を振るう方向から、敵に武器がヒットしたときの勢いや敵の攻撃をガードする角度まで意識して戦うこととなるので、プレイヤー自身の習熟も必要な奥深い戦闘が楽しめるつくりとなっている。

カカシで訓練

▲カカシで戦闘訓練。どう斬りつければ効率よくダメージを与えられるかを研究しよう。

また、戦う舞台やルールは複数存在するので、状況に合わせて判断や立ち回りを変えるのも面白いポイント。

まさにモチーフの剣闘士らしく命のやり取りをしているかのような緊張感あふれる白兵戦を堪能できるだろう。

集団戦

▲多対多のチーム戦。一対一とはまた違った立ち回りが求められる。

闘技場1
闘技場2

▲様々な闘技場。ファンタジーではないリアルな中世の景観も本作の魅力だ。

ローグライト方式の育成要素

キャラ作成

▲自身の分身となる剣闘士もランダムで生成。気に入るまで何度も作り直しが可能だ。

本作の主目的となるグランドチャンピオンを目指して、剣闘士を育成していく要素も本作の魅力。

毎回異なるプレイ体験と死んだら最初からやり直しのローグライト方式で育成していくこととなる。

剣闘士の特性や、剣や斧、槍などの武具も多彩に用意されているので、プレイするたびに異なる特徴の剣闘士の育成が可能だ。

装備

▲入手できる装備もランダム。レア装備が手に入ったらテンションが上がること間違いなし。

また、試合の形式から、時折発生するさまざまなイベントもすべてランダム。

死んだら終わりのローグライトに、前述のリアルな戦闘が組み合わさり、緊張感あふれるプレイを何度も繰り返し楽しめるだろう。

試合を選択

▲次に戦う試合の形式を選択。死んだら終わりなので慎重に選ぼう。

『We Who Are About To Die』の基本情報

発売日

2022年11月15日

会社

Jordy Lakiere

ジャンル アクション 経営・育成シミュレーション
対応ハード PC
価格
PC : 2,499円(税込)
プレイ人数
PC : 1人用
公式HP
公式Twitter
Steamで詳細を見る

GameWith編集者情報

人鳥のプロフィール
人鳥
PCゲームを楽しむ。Steam歴10年。digが趣味でジャンル問わずどんなゲームでもプレイ。ゲームに限らず興味を持ったものはなんでも深掘りする性質。ゲーム以外の趣味は音楽鑑賞・ギター演奏などを嗜む。『League of Legends』に出会い、人生がいろいろな意味で大きく変わる。
レビューライター応募バナー

おすすめ作品が一気に見れる!

Amazonのオーバーイヤーヘッドホン売れ筋ランキング


このゲームに関する記事

掲示板

We Who Are About To Dieに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
このゲームについて書き込もう

似ているシステムのゲーム