Zold:Out~鍛冶屋の物語
Zold:Out~鍛冶屋の物語
Zold:Out~鍛冶屋の物語
倒産寸前の鍛冶屋を救え!5人の主人公が織りなす戦略RPG!

Zold:Out~鍛冶屋の物語の評価とアプリ情報

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
配られた手札でバトル!SRPG『Zold:Out』が配信開始

倒産寸前の鍛冶屋を救え!装備も自給自足で挑むRPG!

スチームパンク風の世界を舞台としたシミュレーションRPG
プレイヤーは5人個性的な主人公たちを操作して、倒産寸前の鍛冶屋を救っていく。

ゲームは手札へと配られる“武器カード”を利用したシミュレーションコマンドバトル
登場する敵キャラクターを全て撃破してステージクリアを目指そう。

手札という限られた選択肢の中から戦術や最善手を作り出す、奥深いバトルが楽しめるぞ。

手札となる武器カードは、剣・魔導書・ワンド・弓の全部で4種類
クエストなどで手に入る各種素材を消費することで、自身の鍛冶工房で作成できるぞ。

プレイヤーの鍛冶レベルがあがれば、より強い武器を生成できるようになっていく。
パーティに編成するキャラクターの使用武器に合わせて、強力な武器カードを作り出そう。

熟考できる戦略バトルが癖になる!

本作の魅力といえば、多彩な戦術で楽しめるバトルシステムにあるだろう。

各キャラクターは行動ゲージ武器カードを利用して攻撃できるが、一定の行動ゲージを消費すると美麗な奥義も使用できる。

1ターンに複数枚の武器カードを使用して奥義発動を早めるのか、カードの消費を抑えて細かな指示で戦況を動かすのか。十人十色の戦い方が楽しめるぞ。

このゲームはこんな人にオススメ!

  • 多彩な戦術で楽しめるゲームを求めている人
  • キャラクター育成や設備拡張など奥深い成長要素が好きな人

Zold:Out~鍛冶屋の物語をプレイしたユーザーのレビュー。

  • ひまじん

    鍛冶要素が無いとか言ってる人いるけど嘘です。これはやり込めばガチャから出てくる武器を鍛冶からで作ることができます!こういった要素もあり楽しいです!やり込めばやり込むほど、このゲームのホントの楽しさが分かります!オススメします!キャラガチャはssrはそこまで多くは無いですが回し続ければ必ず出ます!srでも上手く使えば勝てるゲームです!戦略ゲーム好きな人はおすすめします!

  • 現在、マスターレベル6とまだ始めたばかりですが感想まで

    新作ゲームアプリをいろいろやっていると、妙に疲れる作品やお金は掛かっているのに何故か今ひとつ盛り上がらない楽しいという感情感覚が湧かない等、理屈では得られないフィーリングという頭ではなく心の反応がわりと大きく、出来不出来では評価し得ない部分がことさら重要に思えてきます

    相性もあると思いますが、周囲の反応もよく似通っていることが多いことから、それだけでは説明出来ない要素がゲーム制作にはあるのでしょう

    本作は、雰囲気の良い盤面移動型のシュミレーションRPGに、わりとユーザー評価の高いカードゲーム要素を加えたものです
    実際にやってみると、これがなかなか楽しく、最初はオートが無くて厳しいだろうと思っていたのにゆっくりですが、10時間もプレイして全く嫌にならなかったことが不思議なくらいで、戦闘にはゲームらしい面白さや魅力があります

    やはり、テンポの良さが大きい
    3Dキャラは最初どうかと思っていましたが、いざやってみると充分で、動きも可愛らしさも程良く仕上がっています

    奥義の挿入シーンもいい感じに盛り上げてくれますが、奥義にしては弱すぎて爽快さはあまり出せていません

    ストーリーはボイス無しで内容も正直並といった印象ですが、文章はおおよそ整っていてローカライズにはある程度力を入れているように思えます

    全体的に、才覚などは見られませんが平均以上には丁寧にしっかりと作られており、安心感があります

    ガチャは、今のところバランスいいです
    SSR金は20回に1枚くらいで出ています
    大抵は翌日以降から渋くなり始めるのでずっとではないでしょうが、現段階での排出は理想的です

    3Dは輪郭に太い黒線出るタイプで、やや古い技術を使っているという印象です

    下部ショートカットは楽ですが、装備編集を複数人行う時にスライド出来ないなど多少の不便さはあります

    また、3Dキャラが画面に残り続けたり戦闘フィールド上の設置物が表示されないといったバグもありますが、ここの会社なら放置はしないはずです

    総合的にはよく出来たゲームアプリで、課金圧も無く、ユーザー間の競争に疲れることも無く、じっくり戦闘楽しみながらマイペースに遊べる良作かなと思っています

    最近は、お金の掛かった大作も数本出ているため脚光皆無だとは思いますが、ハマる人にはよく嵌るゲームになるはずです

    制作者が「楽しい」という気持ちで作ったゲームは、プレイヤーも楽しいと感じるものです

    利益計算から頭だけで作ったゲームは、要素はしっかり盛り込まれているのにイマイチ楽しくない作品になってしまう

    ゲームを「楽しませるもの」と「お金を得る手段」として見て作るのとでは、出来上がったもの自体の本質が違っており、ユーザーはそこに反応します

    心から楽しめるゲームを、心ゆくまで楽しみたいですね!

    このゲームはやってて楽しい

  • ゲスト

    なかなか楽しいです!ただオートがないから時間がないとなかなか出来ません

会社 NetEase Games
ジャンル シミュレーションRPG
ゲーム
システム
シミュレーションRPG
タグ
リリース
iPhone:2020年10月09日
Android:2020年10月09日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す