秋葉原まで13時間
秋葉原まで13時間
秋葉原まで13時間
美少女達がゲーム制作!?千葉県松戸市提供のノベルアドベンチャー。

秋葉原まで13時間の評価とアプリ情報

最終更新 : GameWith編集部

ゲームの概要

松戸市のクリエイターを応援する団体『松戸コンテンツ事業者連絡協議会』が提供する美少女ノベルアドベンチャー。

プレイヤーは女子高生「岩瀬 菊乃」の視点で、少女達がゲーム制作に奮闘する物語を読み進めていく。

物語は、異国のお姫様「ルイーゼ」が菊乃の通う高校に留学してきたところから始まる。

ルイーゼの希望で秋葉原を案内した菊乃達は、本場のオタクカルチャーを体験するうち、彼女の夢「ゲーム制作」に引き込まれることに。

ルイーゼの留学期間という限られた時間の中で、時に悩み、時にぶつかり合いながら、ひたむきにゲームの完成を目指す菊乃達。
少女達の青春追体験しよう。

キャラクター

登場キャラクターは同じ高校に通う女子高生4人。主人公の「岩瀬 菊乃」オタクのお姫様「ルイーゼ」と、菊乃の幼馴染で同人作家「樋野口 理沙」、ルイーゼの付き人「エーリケ」という少女達だ。

このゲームの評価

◯ここがGOOD!

  • 女の子にそれぞれ個性があり可愛い。ときどき一枚絵のイラストが登場するのでプレイしていて楽しい。

×ここがBAD・・・

  • 左右スワイプでバックログなどを開けるのだが、意図せず飛び出してきてしまうことがある。
  • ボイスが付いているとなおよかった。

紹介動画

秋葉原まで13時間をプレイしたユーザーのレビュー。

  • ポロニアん

    ギャルゲーかと思ったらギャルゲーじゃなかった。コツコツ進めて今クリア。
    EDは分岐した。条件はお楽しみ。そんなに難しくない・・・と思っていたけれど、一個だけやべぇ分岐があるみたいでフラグ探しに四苦八苦中。もうしばらくアンストはできそうにない。
    面白かったです。

  • デニム・パウエル

    まだクリアしてないので名言はできませんが、選択肢はあっても分岐はない読み切りタイプのノベルゲームだと思います。
    高校生が持つ独特な透明感をよく表した作品で、個人的にはとても好みです。PCフリーゲームでよくこういうのをプレイしてたっけ……懐かしい。
    課金要素や広告表示もないので、学園モノのノベルや日常系アニメが好きな方はインストールして損はないでしょう。

会社 D.H
ジャンル その他シミュレーション
ゲーム
システム
ノベルアドベンチャー
タグ
リリース
iPhone:2017年05月31日
Android:2017年05月31日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す
注目記事
特設ページ
CAグルーブ新作ポータル
タグから探す