【配信開始】ポケモンGO 事前情報

【配信開始】ポケモンGO 事前情報

最終更新 :

7/22 iPhone、Androidともに配信開始!

以下の記事にてゲーム内容を紹介しています。

ポケモンGOの攻略情報はこちら!

目次

ポケモンGOってどんなゲーム?

▲予告編PVを公開!

現実世界でポケモンをゲット!世界が注目の最新作

「ポケモンGO」は、任天堂と「INGRESS」のNiantic社がタッグを組んだ最新作。
位置情報を使うことで、現実世界でポケモンを捕まえたり、バトルしたりすることができるゲームとなっている。

7/22にポケモンGOの日本版がついにリリース。まだ遊べていない方はページのストアボタンからインストールしよう。

youtube上のポケモンGOチャンネルから、配信に関する開発者インタビュー動画が公開された。
開発者二人のポケモンGOに対する熱い想いが伝わる内容になっているぞ。


ポケモンGOの配信日、事前登録は?

配信日2016年7月22日 ←配信開始!
会社Niantic
ジャンル位置ゲー+RPG
対応OSiPhone,Android
事前登録未定
公式サイトPokémon GO公式
Pokémon GO特設ページ

記事引用:BUSINESS INSIDER「'Pokémon Go' international rollout will be 'paused' as players overload the system」


偽アプリに気をつけよう!

ポケモンGOに似ているが、全くの別物。

現在、ポケモンGOそっくり偽アプリが出回っており、間違えてダウンロードしないよう様々なセキュリティー会社が注意を促している。

中には、ダウンロードの際に電話帳メールなどの情報にアクセス許可を求めることがあり、個人情報を抜き取られてしまう恐れがあるようだ。
ダウンロードする際は、しっかり配信元の確認をしてほしい。

7/22にポケモンGOの正規版がリリースした。
配信元(Niantic)をしっかり確認してからインストールしよう。


リリース情報まとめ

マクドナルドとコラボレーション!

ポケモンGOとマクドナルドがコラボ!

©2016 McDonald's

7/20にマクドナルドがポケモンGOとのコラボを正式に発表した。
現実の店舗がポケモンGOのユーザー向けにサービスを提供するのは世界でも初の試みだ。

7/22にポケモンGOの配信に合わせて、マクドナルドとのコラボ内容が公開された。

マクドナルド全店舗2900店のうち約400店「ジム」と呼ばれる拠点となり、他プレイヤーと対戦できる施設になっている。
残りの他店舗はゲーム内のアイテムが手に入る「ポケストップ」として登場しているぞ。


日本配信に関する過去の噂 まとめ

日本版配信に関する情報 その⑥

海外メディアが電撃発表!?

現在、様々なニュースメディアで20日リリース説それ以降のリリース説が混在しているため、下記表に発表しているニュースサイトをまとめてみた

なお、公式サイトでは、リリースに関するコメントは発表されていない。

社名をタップすると該当の外部記事を確認することができるぞ。

公開しているニュースサイト一覧

WSJマクドナルドとの提携を20日に発表。
アプリも同時にリリースか。
CNET7月20日に日本配信。
ITmediaポケモンGOの配信は20日の夕方?
ロイターポケモンGO、20日日本でローンチ。
techcrunch
(英語)
20日リリースはキャンセル。
メールのリーク情報が原因。
日本経済新聞早ければ週内リリースと発表。

日本版配信に関する情報 その⑤

様々なメディアが電撃発表!?

7/19に海外メディアサイト"TechCrunch"にてポケモンGOの日本版が20日にローンチされるという記事が公開された。

記事内容によると関係筋からの情報提供のようだが、ポケモン広報担当者はこの問いに対して「現時点では未定」とコメントしている。

日本版配信に関する情報 その④

日本配信は7月末?

7/15にポケモンGOの開発会社「Niantic」のCEO ジョン・ハンケ氏が海外メディアにて日本配信日についてコメントした。

内容は「未だサーバー問題が改善できておらず、サーバーの強化に取り組んでいる最中。7月末までのリリースを目指している。」とのこと。

世界中で続々と配信が始まっている本作だが、日本リリースにはもう少し時間がかかるのだろうか。
詳しい配信日に関しては今後の公式発表に期待しよう。

日本版配信に関しての情報 その③

ポケモンのゲームディレクター「増田 順一」氏のオフィシャルブログを更新!

7/13にポケモンのゲームディレクター「増田 順一」氏が自身のオフィシャルブログを更新した。
内容はポケモンGOの配信に関するもので、同日にドイツでリリースしたことを発表。

また、欧州アジアでのリリースに関して「安定してリリースできるまでもうしばらくお待ちください」とのこと。

アクセス集中によるサーバー負荷が問題になっているのだろうか、ここでもリリース日の開示はなかった。

日本版配信に関しての情報 その②

48時間以内にリリースという噂。

7/13には複数の海外メディアで48時間以内にアジアリリースされるのではないか、という記事が公開された。
内容を見るに、ポケモンGOのサーバー強化の情報から予想した記事のようだ。

しかしこちらも、噂として終わってしまったようだ。

日本版配信に関しての情報 その①

7/11にThe Wall Street Journal(WSJ)望月記者が、自身のTwitter上で「日本でのサービス開始は7/11週に開始予定(関係者)とのこと」と伝えた。

しかしこの情報とは異なり、残念ながら7/11週での配信はなかった。

ポケモンGO リリース状況

7/6オーストラリア&ニュージーランド
7/7アメリカ
7/13ドイツ
7/14イギリス
7/15イタリア、スペイン、ポルトガル
7/17オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、
キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、
フィンランド、ギリシャ、グリーンランド、ハンガリー、
アイスランド、アイルランド、ラトビア、リトアニア、
ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、
ポーランド、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、
スウェーデン、スイス
7/18カナダ
7/22日本 ←NEW!!

7/17にカナダで配信されたポケモンGOが瞬く間にランキングを駆け上がり、19日にカナダのAppStore売り上げランキングの首位を獲得。

これにより、ポケモンGOは配信中の35カ国全て売り上げランキングで首位を獲得するという偉業を達成した。


ポケモンの捕まえ方

基本

ニャース発見!

ゲームの起動中、ポケモンに近づくと振動で知らせてくれる。
そうしたら画面をチェック!

モンスターボールスワイプしてポケモンを捕まえよう。
急がないと逃げられてしまうようだ。

見つけたら逃さずゲットしよう。

リアルの時間に連動して、昼と夜が分かれるようだ。時間帯でもポケモンが変わる?


ポケストップとは

各地に存在するポケストップ。

モンスターボールは、マップ上に現れる「ポケストップ」という場所で手に入る。
その他の便利アイテムも獲得可能らしい。

世界中のあらゆる場所に「ポケストップ」があるようだ。

ポケストップの画面。あなたの身近にもきっとある。

(6/28追記)
ゲーム中に見つけたポケモンは、写真に残しておくことが可能だ。
撮った写真は、そのままSNSでシェアできるとのこと。


ポケモンの育成

進化

ピカチュウの進化のかけら。

進化前のポケモンをたくさん捕まえると「進化のカケラ」が集まる。
決まった数貯まると、そのポケモンを進化させることが可能だ。

ライチュウになったぞ!


たまご

たまごゲット!

ポケストップでまれに手に入るたまご
たくさん歩くことで孵化させることができるぞ。

たまごからしか登場しないポケモンもいるのだろうか?

何が出るかはお楽しみ?


ジム

「チーム」と「ジム」

チームでジムを奪いあう

プレイヤーは全部で3つチームのどれかに所属する。
プレイヤーはこのチームの仲間と、世界中に存在するジムを奪い合っていく。

どのチームのものでもないジムを手に入れたり、仲間と一緒にジムを作ったりしよう。

ポケモンを配置すると、そのジムはチームのものになる。


ジムバトル

ジムをめぐって白熱のバトルだ!

他チームとジムをめぐって戦うジムバトル
6体のポケモンで行うチーム戦のようだ。

相手の攻撃をスワイプで避けるというアクション要素がある模様。
勝利すると相手ジムの「名声」が低下。ゼロになるとジムを奪えるようだ。

わざを2つ選択して戦おう。


ジムバトルの流れ

  • ①プレイヤーは3種類あるチームの中から1つを選択する。
  • ②マップ上にある「ジム」に捕まえたポケモンを配置
  • ③他チームのプレイヤーとバトル

ジムには1プレイヤーにつき1体までしかポケモンを配置できないので、メンバーと協力してジムの防御を固める必要があるぞ。



トレーナー

トレーナーレベル

めざせポケモンマスター!

ポケモンをたくさん捕まえると、トレーナーレベルがアップする。
レベルアップすると、より貴重なポケモンに出会えたり、良い道具が手に入ったりするようだ。


カスタマイズ

自由度が高いカスタマイズ。

トレーナーの見た目は、服の色肌の色など、自由にカスタマイズ可能だ。
自分らしくオシャレにきめよう。


メダル

たくさん集めてドヤろう。

与えられるチャレンジをクリアすると、メダルがゲットできる。
獲得メダルはいつでも確認可能。
メダルを集めるとどんないいことがあるのかは未だ不明だ。

ポケモンGOの開発者インタビュー

▲【7/22更新】Pokemon GO 開発者メッセージ!

< ポケモンGOの開発理念 >

Pokémon GOは、実際に、皆さんが家の外に出て、自らの足で世界を歩きまわる ことで、はじめて楽しむことが出来るリアルワールドゲームです。
プレイヤーのみなさんを現実世界での冒険に誘い、人々につながりをもたらし、 世界を少しでも良い場所にしようという理念のもと、開発されました。


E3レポート

E3の模様はYoutubeでもチェックできる。

6/16、E3でポケモンGO開発者のトークセッションが行われた。
セッションの要点を下記にリスト化した。

  • 専用ツール「Pokémon GO Plus」のリリースは7月末。価格は3,500円(税抜き)
  • アプリのリリースはその前(7月中)に行われる。
  • トレード機能はリリース初期には未実装
  • 登場ポケモンは主に赤・緑から
  • 音楽は歴代ポケモンを手がけてきた増田氏
  • 今後、サン・ムーンとも何か関連性をもたせたい

専用ツールPokémon GO Plusとは?

本作専用のツール「Pokémon GO Plus」も発表されている。
腕時計型で、スマホを見なくても近くのポケモンがわかるようになる振動とランプで知らせてくれる仕組みだ。
なくてもゲームはプレイできる

【現在終了】公式フィールドテスト情報

▲ Nianticの特設ページ

日本を対象としたフィールドテストが行われた。

現在は終了している。

テストは技術的な問題から、Androidユーザー多めで、iPhoneユーザーの数は制限されたようだ。どうしても参加したい人はAndroidから申込むと確率が上がった。

日本、オーストラリアとニュージーランドに続き、アメリカでもフィールドテスト募集が行われた。
結果的には、これらの国の配信の方が早かった。



5/27以前の情報まとめ

ゲーム内画像が公開!

マップ上に現れたポケモンをタップすると遭遇画面に入る。
画面上のモンスターボールスワイプして捕まえることができるらしいぞ。

▲ プレイヤーの近くにカラカラがいるぞ!

▲ 街中にゼニガメが出現!

▲画面上では、実際の風景の上にポケモンが登場する 。

公開されたパルシェンとのエンカウント画面。

現実世界で繰り広げられるバトル。

マルチプレイのバトル画面のようだ。

ジムの画面。ジムは3つのチームに分かれたプレイヤーが、バトルで所有権を奪い合うものになるらしい。

リザードのステータス画面。

進化すると・・・

もちろんリザードンに!

リザードンのステータス画面。


2016年4月以前の情報まとめ

ポケモンGOとは?

▲ 画像1:街角に生息しているピカチュウ。

ポケモンGOはスマホの位置情報を使うことで、現実世界が舞台となるゲームだ。
プレイヤーは、自分の居場所の周囲にいるポケモンたちをゲットしていく(画像1)。

▲ 画像2:ポケモンをトレードしているシーン。

もちろん、ポケモンを友達とトレードすることもできるようだ(画像2)。
自分の周囲に出現しないポケモンも多くいそうなので、コンプリートにはこれまで以上にトレードが重要になるかもしれない。

▲ 画像3:たくさんのポケモンが入り乱れている。

バトルのシステムについてはまだ明らかにされていない
PVから判断すると、リアルタイムのマルチバトルが推測される(画像3)。
たくさんのプレイヤーとボスを倒すレイドバトルのような形式も用意されそうだ(画像4)。

▲ 画像4:PVでは、街じゅうの人々が一緒にミュウツーを倒すシーンがある。


どんなゲームになるのか?

海外ニュースサイトに「Pokémon GO」についての開発インタビューが掲載されていたので翻訳してみた。
Q&A形式でお伝えしていこう。

翻訳はスペースの都合上意訳してあります。

Q.位置ゲーということですが、有名な場所に住んでいるかどうかで有利になったりしますか?

A. 我々はサンフランシスコにいようと小さな町にいようと、どちらでも楽しめるものにしなければ成功ではないと考えています。これと同じことは世界中でも実現させたいです。
どこでも遊べるということを、我々は保証します。

Q.ゲーム内で、アイテムや物をどうやって配置する計画ですか?

A.我々のゴールは、家を出て5分以内でポケモンが見つかるようにすることです。
レアではないかもしれないが、すべてのプレイヤーの近くにポケモンは生息しています。
ジムを見つけるのはややレアになるかもしれないですが。

ポケモンの種類は住む場所によって決まってきます(水が近いなら水ポケモンといった)。
とてもレアなポケモンは世界の一部にしかいないかもしれない。ただ、トレードで手に入れることができます。

ポケモンのイベントも開催するでしょう。
競争したりトレードしたりできるものです。
すべてのポケモンが欲しければトレードが必要になりますね。
もしくは休みをとって一年世界旅行するか。

Q.イングレスは公共のモミュメントに訪問したり、より外で運動したりさせるという社会的な目的を持っていましたが、ポケモンもそうなのですか?

A.そういったことは我々のすることの核になっています。
歴史的な場所芸術作品や、特別な地域の事柄はポケモンGOでは重要な役割を果たします。

Q.イングレスのような対戦はありますか?

A.ポケモンに参加する場合は2名以上のチームができるでしょう。このチームで他のチームと戦います

!編集部のまとめ

どうやら本作は

  • 住んでいる場所に関係なく遊べる
  • ポケモン収集にはトレードが重要になる
  • チームでの対戦が存在する

というゲームようだ。
バトルはどうなるのか。どのポケモンが登場するのかなど、気になるところはまだまだ残っている
さらなる情報に期待しよう。

記事引用:VentureBeat「How Pokémon Go will benefit from Niantic’s lessons from Ingress on location-based game design」

CM動画(NFL版)

2/7 アメリカで行われる「NFL スーパーボウル」ポケモンGOのCMが放送される予定だ。
先行して公式のYoutubeチャンネルで映像が公開されている。


イベント情報

2016/3/14〜3/18にサンフランシスコで行われるGDC(ゲームデベロッパーズ カンファレンス)で予定されていた、開発のNiantic社によるポケモンGOに関するセッションがキャンセルされたことが明らかになった。

ポケモンGOのテストや、リリースに向けた準備に集中するという理由のようだ。もしかすると、意外にリリースは近いのかも?


リリースエリア情報とビッグプロジェクト?

2/17の読売新聞に株式会社ポケモンの石原恒和社長のインタビューが掲載。

ポケモンGOは2016年に日本と欧米でリリース。その後にその他アジアや南米など各地で展開されていくという見通しを発表した。

また、ポケモンGOに続くビッグプロジェクトの存在も発表。
今年のポケモンの展開に目が離せない


INGRESSとは

INGRESSは、Niantic社が開発した現実世界とリンクする陣取りゲーム
プレイヤーはリアルのマップに表示されるポータルと呼ばれる陣地を奪い合っていく、という内容だ。

▲ 画像5:リアルタイムにポータル状況が更新され続けるゲーム画面。

全世界で1100万件以上がダウンロードされており、ポータル数は440万におよんでいる。


全世界待望のタイトル「ポケモンGO」。
GameWithでは引き続き新情報を更新していくぞ。

他のゲームもチェック

ポケモンGOの
最新情報をお伝えします!

新作レビューをフォロー
ニュース
他のゲームアプリを探す