生放送でサーバー名が公開!攻略wikiと掲示板の開設も決定!

生放送でサーバー名が公開!攻略wikiと掲示板の開設も決定!

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
大注目を集める『二ノ国』新作、ついに正式サービス開始!
世界観へのこだわりは圧巻!『ニノクロ』発表会レポート

生放送でサーバー名が公開!GameWithで攻略wikiと専用掲示板の開設も決定!

6月10日に配信予定の新作アプリ『二ノ国:Cross Worlds』は29日の生放送にて、ゲーム内に開設されるサーバー名を発表した。

さらに29日の21:00から公式Twitterにて「サーバー選択」キャンペーンを開催。抽選で29名に「選べるアマゾンギフトコード1万円分」がプレゼントされるぞ。

二ノ国:Cross Worlds OPムービーのスクリーンショット

そしてGameWithではサーバー名の公開を記念して、攻略Wikiの開設サーバー掲示板の設置を決定した。

Twitterキャンペーンで参加するサーバーを決めたら、GameWithの掲示板で同じサーバーの仲間を見つけたり、リリース後の遊び方について話し合ったりしてみよう。

サーバー掲示板はコチラ

ここからは『二ノ国:Cross Worlds』のリリース直前生放送の感想や、本作の魅力をまとめてお届けしていくので、どうかお見逃しなく。

ニノクロの世界を先行体験!4人で協力プレイや30vs30の対抗戦も!

二ノ国:Cross Worlds

生放送では貴島明日香さん、ノブコブ吉村さん、Masuoさん、千葉翔也さんの4名が『二ノ国:Cross Worlds』をひと足早くプレイ

美麗なオープニングアニメに興奮した様子を見せつつ、クラス(職業)選択とキャラメイクを経て冒険に出発した。

二ノ国:Cross Worlds

ニノクロのマップは放送で見ていても分かるほどに美麗で、ゲストの方も「ムービーからそのまま動き回っているよう」「映像を操作しているような感覚」などと興奮を見せていた。

二ノ国:Cross Worlds

広大なマップを進んでいくとストーリーが進行し、ジブリ感のあふれるコミカルなモンスターたちとの戦闘が開始される。

操作方法はシンプルなアナログスティックアクションボタンになっており、初プレイの貴島さんでもスタイリッシュなアクションバトルが楽しめているようだった。

二ノ国:Cross Worlds

チュートリアルが完了すると、次にゲストの4人でパーティーを組んで強敵に挑む「次元の境界」モードに挑戦することに。

ステージのボスである巨大なドラゴンに対して、4人はそれぞれ声を掛け合いながら応戦し、激闘の末にボスを討伐した。

二ノ国:Cross Worlds

ワイワイ会話をしながら共闘する様子はソロプレイとはまた違った面白さがあり、ボス戦後は皆一様に興奮した様子で、男性陣などは額に汗を浮かべながら感想を話し合っていた。

二ノ国:Cross Worlds

そして最後は最大50対50のギルド対抗戦「遺物の戦場」に挑戦することに。

数十人のプレイヤーが一堂に会するバトルは非常に派手でありながら、ただボタンを押すだけでなく兵力の分配ワープでの奇襲といった作戦も重要で、やりごたえも十分のようだ。

二ノ国:Cross Worlds

プレイヤー一人ひとりにしっかりとした役割が存在するため、ゲストの4人も途中からは真剣な顔つきでプレイに没頭しているようだった。

二ノ国:Cross Worlds

最後はゲスト同士で互いの健闘を称え合いながらリリース後への期待を口にするなど、見ているこちらも「はやく自分で遊びたい!」と思わせるような生放送だった。

『二ノ国:Cross Worlds』とは

ゲームの中で自分だけの冒険を!アニメのような美しい世界を生きるRPG!

二ノ国:Cross Worlds

『二ノ国:Cross Worlds』は、レベルファイブが誇る大人気作品「二ノ国」をテーマにした新作スマホゲーム

二ノ国:Cross Worlds

プレイヤーは仮想現実ゲーム「ソウルダイバーズ」のベータテストの参加者として、その先に待ち受ける2つの世界を賭けた壮大な物語へ挑んでいく。

二ノ国:Cross Worlds

本作は、作画をスタジオジブリが務めた原作の感性のあるグラフィックをそのまま継承。
まさにアニメのような美しい世界を自由に冒険できるファンタジーアートRPGとなっている。

二ノ国:Cross Worlds

5つのクラス(職業)を強化して魔物を討伐したり、フィールドのいたるところに隠れているイマージェン(冒険の相棒となるモンスター)を馴らして育成したり。

さらには仲間と共に国を発展させてほのぼのライフを楽しんだりと、まさにその世界の住人になったような生活が楽しめるぞ。

GameWithでは先行プレイ記事も公開しているので、より詳細な内容を知りたい方はそちらにも目を通していただけると幸いだ。

先行プレイ記事はコチラ

© LEVEL-5 Inc. © Netmarble Corp. & Netmarble Neo Inc. All Rights Reserved.

二ノ国:Cross Worldsをプレイしたユーザーのレビュー。

  • るるるラララ

    レベルファイブとネトマのアプリ。
    ビジュアルは日本人になじみのあるスタジオジブリが手掛けているので違和感が薄い。

    MMORPGの中で出来は上の方だと思う。やることは多く、がっつり時間ある人向け。
    ガチャは渋い、ことあることに課金を促すような表示が出るのがうざい。課金するかしないかは人それぞれだと思う。

    たまに見える韓国語が国産じゃないなー感が出てしまう。

    戦闘はAOEなんだけど、フィールドの傾斜で隠れてしまうことがほとんどで見えにくい。カメラワークもあまりよくなく、AOEの端と端が確認できにくいため、タイミングよくよけることができにくいのはマイナス。

    完成度は高い。
    課金催促うざい。
    カメラワーク・AOEの出来が悪い。

  • うさまる

    放置狩りがメインのゲームです。
    名前は全鯖共通で被りNG、
    キャラメイク&名前は後から変更出来ません。
    ジブリの世界観に惑わされますが、
    コンテンツの乏しさに後から気付くと思います。
    【端末を酷使している】事を理解したうえで
    遊んだほうが良いと思います。

    効率的な戦力上げとしては
    まずメインキャラを進める所まで進め
    (大体Lv30辺りで詰まる)、その後サブキャラを
    鞄枠解放のために全員Lv20まで上げます。
    7倍ドロップのアイテムを使いサブキャラを
    金のフニャ像が落ちる場所で放置します。
    (世界マップのモンスター表からドロップが見れます)
    装備は10まで覚醒すると図鑑で戦力が増えるため、
    分解せずちまちま上げます。
    放置狩り→装備作成→覚醒→放置狩りの繰り返しです。

    ギルドに所属していましたが、特に会話することもなく
    楽しみにしていた取引も
    職業別の同じアイテムで物々交換しかできず、
    生産システムもなく基本放置狩りしかする事がありません。
    フィールドボスは初日は楽しかったですが、
    数日後に20秒ほどで殺されるようになり
    虚しくなりました・・。

    ※豆知識※
    ビューポイントで一瞬移る景色はとても綺麗でした。
    ビューポイントと宝物の位置は攻略で出ているので
    戦力も上がるので早めに押さえておいた方が良いです。

    毎日木箱や壺を破壊するとメダルが手に入り
    壺の魔人でくじ引きが出来ます。

    私はPKには遭いませんでしたが、
    後半の狩り場はPKエリアで避けられないようです。

  • ゲーム厨房

    利用規約に、マイナンバー、銀行口座、紛争は韓国ソウルの裁判所、と信用出来なく信じられない内容

    属性付きの武器で限界突破あり、ガチャも渋い
    課金催促も酷い

    リセマラは不可能、ガチャも全く回せない

    ガチャ石も全く配らない





二ノ国:Cross Worldsに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

会社 Netmarble
ジャンル オンラインRPG
ゲーム
システム
MMO/MORPG
タグ
リリース
iPhone:2021年06月10日
Android:2021年06月10日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料