世界観へのこだわりは圧巻!『ニノクロ』発表会レポート

世界観へのこだわりは圧巻!『ニノクロ』発表会レポート

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
大注目を集める『二ノ国』新作、ついに正式サービス開始!
生放送でサーバー名が公開!攻略wikiと掲示板の開設も決定!

胸躍る冒険が『二ノ国』で待っている!名作RPGシリーズの最新作を先行プレイ!

4/14、ネットマーブルジャパン主催のもと、『二ノ国:Cross Worlds(クロスワールド)』のメディア向け発表会が開催され、配信時期が6月となること、同日より事前登録を開始することなどが発表された。

その後は開発中の本作を先行プレイする機会をいただいたため、この記事ではそのゲーム序盤の雰囲気や、こだわり尽くした世界観美しいワールドをはじめとした本作の魅力についてお届けしていければと思う。

▲本作の音楽はジブリ作品でおなじみの久石譲氏が手掛ける。

壮大な世界観に鳥肌必至!圧巻のアニメーション演出は必見!

本作の一番の魅力はなんといってもその"世界観"

『二ノ国』はスタジオ・ジブリレベルファイブという有名企業が手を組んだシリーズだけあって、そのグラフィックや、シリーズを踏襲した世界設定のこだわりは間違いなく一級品。

ということでゲームの紹介に移る前に、まずは以下で本作の序章をご紹介していこう。

二ノ国:Cross Worldsの画像

▲舞台は前作の遥か未来。世界観は『二ノ国』のままだが、前作までの作品との繋がりは薄くなり、初見の人でも安心して楽しめる。

二ノ国:Cross Worldsの画像

▲プレイヤーはVRゲーム『ソウルダイバーズ』の非公開テストに参加することに。

二ノ国:Cross Worldsの画像

▲しかし、ゲームの中でなにやら異変が...?

▲気が付くとそこは滅亡寸前の「名もなき王国」。

▲謎の生き物「クウ」とともに道を進んでいく。

▲城へ着くと、いかにも悪そうな騎士が女王様を手に掛ける間際...!

▲プレイヤーは世界の運命を握る「守護石」を託され、「クウ」の協力のもと城を脱出。

▲飛ばされた先は、かつて世界を統一した大国「エスタバニア」の近く。ここから、プレイヤーの冒険が始まる。

このように、息もつかせぬ激動の内容がわずか数分の間に巻き起こる。

「名もなき王国とは?」「守護石とは?」まだ何もかもが謎に包まれており、先の展開がめちゃくちゃ気になるところだ...

▲本作の世界観紹介ムービー。アニメーションのこだわりぶりヤバすぎる...!

個性豊かなキャラクターと広大な世界を冒険!

さて、お次はゲームの中身について詳しく見ていこう。

本作のゲームジャンルはMMORPG
次々にあらわれるクエストをクリアしながら、激動の物語を体験していく。

操作はバーチャルパッドを用いた誰でも親しみやすいタイプ。

バトルでは通常攻撃のほか、最大3つまで装備できる「スキル」などを用いて戦っていく。

スピード感のあるモーション、手応えが感じられるスキル演出など、1つ1つの動作に爽快感があって敵を倒すのが気持ちいい

物語を彩る個性的なキャラクターたちも本作には欠かせない要素。

前述の「クウ」や、長老の木「もくじい」など、ファンタジーだけあってさまざまな姿のキャラが登場する。

そんな個性的な面々はやり取りも非常ににぎやかで、冒険の道中が一層楽しくなること間違いなし。

王道中の王道をゆくRPGだけあって、童心にかえった気分でワクワク感を満喫できるのが本作の大きな魅力。

これからどんな物語が待っているのか、いちユーザーとして楽しみで仕方ない

冒険をサポートする頼れる相棒イマージェン!

『二ノ国』シリーズおなじみの、心から生まれた生き物「イマージェン」たちも登場。

手に入れたイマージェンは冒険に連れて歩けるほか、装備することでバトル中も補助スキルを発動してサポートもしてくれる。

お気に入りのイマージェンと一緒にいれば、旅やバトルがより楽しくなってくることだろう。

自分らしさを表現できるキャラメイク

自分好みのキャラで冒険ができるのも本作の魅力の1つ。

まずはそれぞれ見た目や使う武器の異なるソードマン・ウィッチ・ローグ・エンジニア・デストロイヤーの中から、好きなキャラクターを選ぶ。

お次に髪型や髪・目の色、体型や服の色などを調整。

フェイスペイントも用意されており、そばかすや猫のひげなどをつけてユニークな見た目にすることもできるぞ。

キャラグラフィックがハイクオリティな分、こだわりがいのあるキャラメイクが楽しめる。

読者のみなさんが冒険するときも、ぜひ自分の"好き"を詰め込みまくってオリジナルキャラを作ってみてほしい。

仲間とともに王国を運営!ワクワク感を詰め込んだマルチプレイ

前作の要素を継承し、王国作りが楽しめる「キングダム」モードは間違いなく本作の大きなウェイトを占める要素の1つ。

他ゲーでいう「ギルド」「クラン」と同様の団体で、他のプレイヤーを募集して仲間にし、さまざまなコンテンツに挑戦することが可能に。

特に、モンスターの襲撃から王国を守り抜く「防衛戦」や、逆に他キングダムに攻め込んで戦う「侵攻戦」などは、仲間で一致団結して戦う、非常に一体感のあるプレイが味わえる。

他にも、キングダムの中のデザインを自由に変えたり飾るオブジェをフィールドから集めてきたりなど、やりごたえのあるコンテンツが目白押し。

ぜひ友達や気の合う仲間を集めて、用意されたあらゆるバトル・クエストに挑戦してみてほしい。

まとめ

まず発表会に参加し、映像を見て、素直に「めっちゃワクワクした」ことは包み隠さず述べておきたい。

というのも、やはり本作は単純にゲームとしてのクオリティがめちゃくちゃ高い

温かみのある3Dアニメーションや、壮大な世界観、にぎやかな登場人物など、1つ1つの構成要素が織りあわさって「RPG好き」の心にぶっ刺さってくるのだ。

奇をてらうのではなく、あくまで王道。
純然たる「作品のパワー」によって、一気に本作の虜にされてしまった。

個人的にいちユーザー目線で世界観を堪能したい大注目の一作。リリースは6月に迫っているので、今からどのキャラで冒険するか考えておきたいところだ。

4/14より事前登録も受け付けているので、本作が気になる人は忘れずチェックしておこう。

事前登録はこちらから

© LEVEL-5 Inc.
© Netmarble Corp. & Netmarble Neo Inc. All Rights Reserved.

二ノ国:Cross Worldsをプレイしたユーザーのレビュー。

  • るるるラララ

    レベルファイブとネトマのアプリ。
    ビジュアルは日本人になじみのあるスタジオジブリが手掛けているので違和感が薄い。

    MMORPGの中で出来は上の方だと思う。やることは多く、がっつり時間ある人向け。
    ガチャは渋い、ことあることに課金を促すような表示が出るのがうざい。課金するかしないかは人それぞれだと思う。

    たまに見える韓国語が国産じゃないなー感が出てしまう。

    戦闘はAOEなんだけど、フィールドの傾斜で隠れてしまうことがほとんどで見えにくい。カメラワークもあまりよくなく、AOEの端と端が確認できにくいため、タイミングよくよけることができにくいのはマイナス。

    完成度は高い。
    課金催促うざい。
    カメラワーク・AOEの出来が悪い。

  • うさまる

    放置狩りがメインのゲームです。
    名前は全鯖共通で被りNG、
    キャラメイク&名前は後から変更出来ません。
    ジブリの世界観に惑わされますが、
    コンテンツの乏しさに後から気付くと思います。
    【端末を酷使している】事を理解したうえで
    遊んだほうが良いと思います。

    効率的な戦力上げとしては
    まずメインキャラを進める所まで進め
    (大体Lv30辺りで詰まる)、その後サブキャラを
    鞄枠解放のために全員Lv20まで上げます。
    7倍ドロップのアイテムを使いサブキャラを
    金のフニャ像が落ちる場所で放置します。
    (世界マップのモンスター表からドロップが見れます)
    装備は10まで覚醒すると図鑑で戦力が増えるため、
    分解せずちまちま上げます。
    放置狩り→装備作成→覚醒→放置狩りの繰り返しです。

    ギルドに所属していましたが、特に会話することもなく
    楽しみにしていた取引も
    職業別の同じアイテムで物々交換しかできず、
    生産システムもなく基本放置狩りしかする事がありません。
    フィールドボスは初日は楽しかったですが、
    数日後に20秒ほどで殺されるようになり
    虚しくなりました・・。

    ※豆知識※
    ビューポイントで一瞬移る景色はとても綺麗でした。
    ビューポイントと宝物の位置は攻略で出ているので
    戦力も上がるので早めに押さえておいた方が良いです。

    毎日木箱や壺を破壊するとメダルが手に入り
    壺の魔人でくじ引きが出来ます。

    私はPKには遭いませんでしたが、
    後半の狩り場はPKエリアで避けられないようです。

  • ゲーム厨房

    利用規約に、マイナンバー、銀行口座、紛争は韓国ソウルの裁判所、と信用出来なく信じられない内容

    属性付きの武器で限界突破あり、ガチャも渋い
    課金催促も酷い

    リセマラは不可能、ガチャも全く回せない

    ガチャ石も全く配らない





二ノ国:Cross Worldsに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

会社 Netmarble
ジャンル オンラインRPG
ゲーム
システム
MMO/MORPG
タグ
リリース
iPhone:2021年06月10日
Android:2021年06月10日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料