TCGの常識を覆す!?『アルテイルNEO』を先行プレイ!

TCGの常識を覆す!?『アルテイルNEO』を先行プレイ!

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
今なら40パックもらえる!『アルテイルNEO』が配信開始!
新作カードゲーム『アルテイルNEO』配信日決定!
『アルテイルNEO』事前登録者数9万人突破!

オンラインカードゲームの常識を覆すルールの数々!
『アルテイルNEO』を先行プレイ![PR]

▲プロモーションムービー

2018年夏配信予定の新作アプリ『アルテイルNEO』
日本初の対戦オンラインカードゲーム『アルテイル』が15年の歴史を積み重ね、ついにアプリとして登場する作品だ。

昨今、数多の作品が存在するオンラインカードゲーム。
だが本作では、その一般的なカードゲームとは全く異なるルールを採用している。

そんな本作を、今回GameWithでは特別に先行プレイ!
その模様と共に、カードゲームの常識を覆す本作独自のルールについて紹介していこう。

さらに、クローズドβテストキャンペーン情報についてもお届けしていくので、最後までお見逃しなく!

目次

他のカードゲームとココが違う!
本作独自の7ルールをご紹介!

本作のバトルは25枚のカード、5枚のシールドを使って行われる。

毎ターン貯まるSPを使ってカードをプレイ。
先に相手のライフポイントをゼロにした方の勝利だ。

●本作のポイント①

ドローが存在しない!?
デッキ全てがアナタの手札!

ターンはドローフェイズから始まるのが、カードゲームの鉄板。
だが本作には、そのドローフェイズが存在しない。
というより、"ドロー"という概念が存在しない。

なぜならば、本作ではデッキのカード全てが手札として使えるからだ。

▲手札兼デッキカード表示画面

カードゲーマーなら誰しも
「初期手札が悪く、そのまま押し負けた」
「相手の引きが良すぎた」

といった苦い敗北を味わったことがあるのではないだろうか。

だが手札=デッキ全カードの本作であれば、そのような悩みは一切無用。

デッキのカード全てが使えるからこそ、対戦中の選択肢も膨大。
その戦略性は非常に高いものとなっている。

それに付随して、デッキ編成の面白さも格別。
今までのカードゲームにはない、全く新しい構築術が求められていくぞ。

●本作のポイント②

先攻後攻もなし!お互いのフェイズが同時に進む!

さらに本作にはドローだけでなく、先攻後攻の概念も存在しない。

対戦では「リアルタイムアクティブシステム(RTAS)」と呼ばれるシステムを採用。

お互いに、カードのセットや配置などが同時に進行。
バトルフェイズにおいては、カードの持つ"速さ"のステータス順に行動していく仕組みになっている。

あえてカードを出さないといった戦略も…!?

先攻後攻による有利不利がないのはもちろん、同時進行だからこそ生まれる心理的駆け引きも。

次の相手の行動を読み切り、アドバンテージを得られた際の快感は極みつき。
その常に緊張感に包まれた白熱の頭脳戦は、カードゲーマーならずともぜひプレイしていただきたい代物だ。

大きな2つのポイントを抑えたところで、ここからはバトルの流れについて詳しく見ていこう。

カードは毎ターン1枚、SPを消費することで出せる。
SPはターン開始時の他、倒されたユニットが墓地に送られた時にも獲得可能。
そのため、ピンチの時ほど強力なカードが使えると言える。

ただし実際にカードを使用するには、SP以外にも「属性値」が必要となる。

こちらはやや複雑なシステムなので、今は気にしなくても問題ない。
詳細は下の折りたたみに記載しているので、詳しく知りたい方はチェックしていただきたい。

「属性値」とは

SPを1消費することで上昇させられる値。
使用したいカードと同じ属性の属性値を上げ、カードのレベル以上にすることでそのカードが使用可能になる。

一度上げた属性値は、基本的に下がることはない。
どのタイミングで上昇させるのか、SP管理の腕が問われることになる。

●本作のポイント③

シミュレーションRPG要素を持ち合わせたバトルフェイズ!

自分と相手のフィールドには、それぞれ3×3の盤面が存在。
ユニットを召喚する際は、この盤面上の好きなエリアに召喚することになる。

(※実際に召喚されるのは、カードをオープンした次のターン)

▲HP・攻撃力・防御力など、RPGさながらの詳細なステータスも!

配置できるエリアが選べる以上、当然どこに召喚するかが重要。

各ユニットには「射程」と呼ばれるステータスが存在。
それにより、攻撃の届く範囲が異なってくる。

射程の短いユニットは前方に、長いユニットは後方に配置するのがセオリーとなるだろう。

また裏を返せば、後列に配置したユニットは敵の攻撃を受けづらいということ。

「毎ターン味方1体のHPを回復」などの強力な効果を持つユニットは、後列に配置して守っていくのが吉だ。

バトルフェイズでは、敵味方全ユニットの中から"速さ"が高い順に行動していく。

各ユニットが選べる行動は「攻撃」「移動」「待機」の3種類。
さらにユニットによっては「アクションスキル」が使えるものも。

それぞれの内容は以下の通りだ。

攻撃射程内のランダムな敵ユニットにダメージを与える。
オンラインカードゲームにありがちな"反撃"を受けることは基本的にない。
(※一部ユニットは倒された際に発動するスキルを所持。今後反撃スキルを持ったユニットも実装予定)
移動配置エリアを移動することができる。
相手の陣形に合わせてうまく再編できるかがポイント。
待機何もしない代わりにHPを回復できる。
アクションスキル一部のユニットが所持している能力。
広範囲ダメージや回復、バフなどの様々な効果を発揮する。
発動にはSPを消費するものもあるので、使い所が肝心。

以上のコマンドから選択して戦うバトル感は、まさにシミュレーションRPGそのもの。
ボードゲームのように一手一手を緻密に積み重ね、盤面を支配していこう。

●本作のポイント④

昼・夕・夜の概念が存在!時間を制すものが盤面を制す!

本作のバトルにおいて、もう一つ特徴的な要素がある。
それが時間の概念だ。

本作ではターンごとに昼→夕→夜→昼…と盤面の時間が変化。
それにより、様々なユニットに影響を与えることとなる。

珍しい要素であるため、初めのうちは意識から外れてしまいがちな要素でもある。

だがユニットによっては「昼の時攻撃力+20」などの強化能力を所持。
また、「時間を昼にする」といった時間を操る能力を持つユニットも。

この時間の概念をしっかり計算に入れていくことが、盤面支の優位・劣位に大きく関わってくるぞ。

●本作のポイント⑤

倒されたユニットは復活が可能!

バトルにてHPが0になったユニットは、墓地へと送られるのが一般的。
だが本作では以下の条件をセットフェイズに満たすことで、HPがゼロになったユニットを復活させることができるのだ。

  • デッキ内の同名カードを墓地に送る
  • SPを1消費する

▲デッキに同名カードは3枚まで入れられる。

SPをたった1消費するだけで、ユニットがHP満タンの状態で蘇る非常に強力な要素。

ただしその代償として、デッキから同名カードを墓地へ送らなければならない。
そのため、デッキに同名カードがないと行うことができない点に注意。

これにより、デッキには強カードを複数枚積むのが鉄板となるだろう。

●本作のポイント⑥

ライフポイントも自分で決定!?展開を予想してシールドを編成せよ!

冒頭でもお伝えした通り、対戦は相手プレイヤーにダメージを与えることが目標。
バトルでは、以下のような場合に相手プレイヤーにダメージを与えることができる。

  • 相手ユニットを倒し、そのユニットが復活しなかった場合
  • 相手盤面に戦闘可能ユニットがいない場合の直接攻撃

そして与えたダメージに応じて、相手デッキのシールドが破壊されていく。

シールドが破壊される=負けに近づくのだが、同時に逆転の芽が生まれるのが本作。
それが「シールドスキル」だ。

各シールドは破壊されたことをトリガーにシールドスキルが発動。
「相手ユニットに50ダメージ」など、戦況を大きく変える効果を持つ。

しかも全5枚のシールドは、デッキ編成時に好きなものを選択することが可能だ。

シールドは効果だけでなく、耐久度も異なる。
耐久度の低いシールドほど、その効果は強力に。

強力な効果のシールドで短期決戦を狙うのか。
耐久力の高いシールドで長期戦に持ち込むのか。

また、シールドの順番も決めることが可能。
試合の展開をあらかじめ予期して、自分のプラン通りに組み立てていくことがミソだ。

●本作のポイント⑦

ミラーマッチすらもアツくなるバッティングシステム!

最後7つ目のポイントとなるのが「バッティング」と呼ばれるシステム。

こちらは、お互いのプレイヤーが同じカードを使用しようとした際に発動。
両者とも使用されることなく、墓地に送られてしまうというものだ。

また「ネームドバッティング」と呼ばれる要素も。
こちらは、"ネームド"と書かれたユニットは、同名カードが場に複数枚存在できないというもの。

召喚したいネームドユニットがすでにフィールド上にいる場合は、そのカードをフィールドにいない状態にしてからでないと召喚できないのだ。

この2つの要素により、両者が同タイプのデッキを使用するミラーマッチですら駆け引きがアツく。

バッティングが起きないようにするだけでなく、逆にあえてバッティングを狙って、相手の妨害をするという戦法もアリ。

マンネリ化しがちなミラーマッチにおいて、駆け引きに刺激を与えてくれるスパイスとなっているぞ。

以上、本作の対戦ルールの7ポイントについてお伝えしてきた。

「ドロー運による理不尽な決着がない」
「相手ターンを待つ必要がなく、常に戦況が変化がしていく」
など、今までのオンラインカードゲームの不満点をしっかりと昇華している本作。

対戦中のプレイングやデッキ構築など全てにおいて、今までにない戦略性を味わわせてくれる作品となっていたぞ。

クローズドβテスト、締め切り間近!

そんな本作をみなさんも一足先にプレイできるチャンスが到来!
それが8月28日から開催予定のクローズドβテストだ。

ただし応募締め切りは8月26日と目前に迫ってきている。
対象OSはiPhone・Androidどちらでも可。
気になった方は急いで応募しておこう。

応募はコチラ(公式サイトへ)
募集期間〜8月26日(日)23:59
実施期間8月28日(火)12:00〜9月6日(木)11:59
対象OSiPhone,Android
募集人数両OSとも2,500名ずつ
(応募者多数の場合は抽選)

「みんなで創るアルテイルNEO」プロジェクト進行中!

さらに本作では「みんなで創るアルテイルNEO」と題して、プレイヤーが協力してゲームを作り上げていく取り組みを実施中。
上で紹介したクローズドβテストもその一環だ。

他にもTwitter要望キャンペーン・CVオーディション・イラストコンテストなど、様々な企画が存在。
中には好評につき第2弾が決定しているものも。

詳細は特設ページにて公開されているので、ぜひチェックしておこう。

特設ページはコチラ(公式サイトへ)

また本作には、GM(ゲームマスター)と呼ばれる運営側プレイヤーが多数存在。
GMはユーザーとの積極的なコミュニケーションを図っており、ユーザーの意見を気軽に運営に伝えることができるぞ。

ゲーム自体を「ユーザーと一緒に作り上げていこう」という方針の本作の運営。
今後どのような企画を打ち出してくるのか。
こちらにも注目しながら、来たるリリースを楽しみにしておこう。

事前登録も好評受付中(公式サイトへ)

© Coreedge Inc / © So-net Game Studio Limited

アルテイルNEOをプレイしたユーザーのレビュー。

  • huurinq

    運ゲー要素が少なく、カードゲームの中では一番の戦略ゲーです。将棋やチェスに近い感覚です。
    本当にゲーム自体は面白いので、知名度がもっと上がってほしいです。

  • 日清オイリオ

    ゲーム性はたぶん最強。
    資産も1色は全割りとかすればわりと間に合う(厳しいのは間違いないけど)
    運負けに言い訳したくない人にはオススメ

  • clocky

    かなりいいと思います。30枚でデッキを作る中基本はレアリティに関係なく複数採用していくゲームだからか、「最高レアを集める札束ゲー。無課金に優しくない!」といった評価も見ますが、安いデッキでも問題なく上位に上がっていけます。申し訳ないけれど勝手にLE使いたがって勝手に構築の幅を狭めてるだけなのでは。チュートリアルがルール説明として機能してないのは面食らいましたが、リセマラ勢のために時短を測った?らしく無意味に説明を省いてるわけではないので許容範囲。数回の試合で把握できるルールなので然程気にならなかったです。バグの改善も対応が早く、期待を込めてそのまま☆5で。

アルテイルNEOに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

会社 Coreedge
ジャンル トレーディングカードゲーム
ゲーム
システム
トレーディングカードゲーム
タグ
リリース
iPhone:2018年10月25日
Android:2018年10月25日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す
注目記事
特設ページ
CAグルーブ新作ポータル
タグから探す