Switch Nintendo Switchの総合情報サイト
ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション 情報まとめ

ゼノブレイド ディフィニティブ・エディションの紹介記事

最終更新 : GameWith編集部
ゼノブレイド ディフィニティブ・エディションのアイキャッチ画像

目次

『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』とは

▲公開中のゲーム紹介映像。

初代『ゼノブレイド』がスイッチで生まれ変わる!

2020年5月29日(金)発売のニンテンドースイッチ対応ソフト『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』。

本作は2010年にWiiで発売されたRPG作品『ゼノブレイド』のリマスター版。“神剣モナド”を手にした主人公・シュルクが人類の危機に立ち向かう物語がスイッチで描かれる。

今作ではグラフィックがHD画質で描き直され、主要キャラクターのモデリングが一新、一部楽曲も新規録音。オリジナル版からより鮮やかに進化し、加えて遊びやすくなっている。

また、今作では本編クリア後を描いた追加ストーリー『つながる未来』も収録。シュルクの新たな冒険を楽しむこともできるぞ。

『ゼノブレイド ディフィニティブエディション』プレイした感想!

おすすめポイント

  • 序盤から衝撃の連続。続きが気になりやめられない重厚なストーリー
  • 冒険心をくすぐる、どこまでも美しい世界が続くフィールド
  • リメイクで便利に遊びやすくなった豊富なやり込み要素

序盤から衝撃の連続。続きが気になりやめられない重厚なストーリー

本作の最大の魅力はやはり衝撃の展開が続くストーリー。非常にネタバレのダメージが大きいため詳細は控えるが、序盤から続く衝撃の展開や、徐々に謎が紐解かれていくストーリーはやめ時を見失うほど夢中になれるものだ。

2010年にWiiで発売した『ゼノブレイド』のリマスター作となる本作だが、主人公らのモデルが一新されており、Wii版よりもよりキャラクターの表情などから心境が想像しやすくなっていると感じた。

また、本作には『ゼノブレイド』の1年後の世界を描く追加エピソード“つながる未来”も収録されている。こちらも詳細は控えるが、Wii版プレイヤーにとっては待望のフィールドで新たな冒険が描かれる。

▲巨神と機神、2柱の巨大な神の骸の上に広がる世界でストーリーは進んでいく。

▲モデルが一新されキャラクターはよりカッコよく、より可愛らしくなり、表情もより豊かなものとなった。

▲メリアを中心に1年後の世界が描かれるつながる未来。過酷な冒険を通して少し大人っぽくなったようにも見える。

冒険心をくすぐる、どこまでも美しく独特の世界が続くフィールド

ストーリーと共に本作の大きな魅力となるのが広大で美しいフィールド。街や平原、ジャングルに海と実にさまざまな景色の中を見ることができ、各地には探索好きにはたまらない絶景ポイントや遺跡などが用意されている。

本作は時間帯や天候の変化によってフィールドの表情が大きく変化する。フィールドの雰囲気だけでなく、NPCやその地域に生息するモンスターの出現にも影響するため、同じ場所でも少しずつ違った景色が見られるのが特徴だ。

また、独特の世界観からなるフィールドの位置関係も注目だ。ヒト型のフィールドを冒険することになるのだが、頭上や足元に見慣れた景色が広がるなど、本作ならではの光景を見ることができる。

▲広大な草原が広がるガウル平原。どこまでも草原が広がるようにもみえるが、実際には湖や谷、遺跡などさまざまな景色が見られるぞ。

▲燐光の地ザトールは昼の間はどんよりとした湿地帯だが、夜間には木々が光り出し幻想的な景色が広がる。

▲巨神の股間に位置するフィールドを訪れると、ふくらはぎに位置する序盤の街が見えるようになっている。

リメイクで便利に遊びやすくなった豊富なやり込み要素

本作はやり込み要素も多く、すべてをこなすにはかなりのプレイ時間が必要となるだろう。フィールド上のアイテムコレクションやいわゆる実績のようなプレイアワードといったシステム的なやり込み要素はもちろん。

街に住まう住民の関係性を記録するキズナグラムや各地に配置された膨大なサブクエスト。本作から新たに追加されたタイムアタックなど、豊富なやり込み要素が用意されている。

リメイク版ということでシステム面も遊びやすく強化。クエスト目標の位置を表示させるナビゲーションやオートランといった、やり込みのお供にありがたいシステムが追加され、快適にやり込みプレイができるようになった。

▲収集要素のひとつであるコレペディア。フィールド上に落ちているアイテムをコレクションし、すべて集めると報酬が得られるぞ。

▲キズナグラムはフィールド上にいる名前付きのNPCに話しかけることで広がっていく。キズナグラムが進んでいないと発生しないクエストなども存在。

▲本作から追加されたナビゲーション機能。クエスト目標となる場所やアイテム、モンスターが表示されるほか、マップにはルート表示もされる。

まとめ

筆者はWii版をプレイ済みであり、リメイク版でどれほど変化したのかを楽しみに本作をプレイしたが、モデルの一新などグラフィック面が強化されていることもあり、本編スト―リーを知っているにも関わらず熱中することができた。

10年前の作品をリメイクした本作だが、重厚なストーリーやフィールドを駆けまわる感覚などは最新の作品と比べても決して見劣りすることない、良質な体験ができるだろう。

『ゼノブレイド』をプレイしたことがない方はもちろん、『ゼノブレイド2』からシリーズに触れた方や、Wii版をプレイしたことがある方も、ぜひ手に取ってボリューム満点のRPGを体験してほしい。

『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』発売日など基本情報

発売日2020年5月29日(金)
会社任天堂
ジャンルRPG
価格5,980円(税抜)
対応ハードSwitch
商品情報パッケージ版/ダウンロード版/限定版

購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

©2010-2020 Nintendo / MONOLITHSOFT

掲示板

ゼノブレイド ディフィニティブ・エディションに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
このゲームについて書き込もう
ニュース
ニュース一覧へ
現在のページ
ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション
Switchのおすすめゲームソフト
発売予定のSwitchソフト
Switchの最新情報
PS4の情報
PS5の情報
お役立ち情報
スマホゲーム