スイッチ Nintendo Switchの総合情報サイト
Cuphead(カップヘッド)情報まとめ

Cuphead(カップヘッド)の紹介記事

最終更新 : GameWith編集部
Cuphead(カップヘッド)のアイキャッチ画像

目次

『Cuphead(カップヘッド)』とは?

公開中のローンチトレーラー(英語)。

1930年代のカートゥーンを忠実に再現した難易度高めな骨太アクション!

StudioMDHRより発売のニンテンドースイッチ,PS4対応ゲームソフト『Cuphead(カップヘッド)』。

本作はレトロなカートゥーンテイストを取り入れた2D横スクロールアクション。1930年代のカートゥーンから着想を得た独自の世界観が特徴の作品だ。

手書きセルアニメと水彩画の背景、そしてジャズ音楽で構成されたレトロな世界が評価され海外ゲーム賞を複数受賞している。

『Cuphead(カップヘッド)』ってどんなゲーム?

1930年代のカートゥーンアニメの技術を忠実に再現した唯一無二のアクション。

ゲームはマグカップの頭を持った兄弟が活躍するシングル/2人協力プレイ型の2D横スクロールアクション

デビルへのつけを返すために1人または2人で協力して様々なボスたちと戦っていこう。ステージでは新たな武器や必殺技を入手してパワーアップすることができるぞ。

武器や必殺技を入手してボスとの戦いに望もう。

ステージ途中のチェックポイントはなく難易度は高い。

難易度選択

難易度選択画面。

難易度シンプルかレギュラーを選ぶことができる。シンプルの方がボスの攻撃が緩くなるなど難易度が下がる。

キャラクター

「カップヘッド(右上)とマグマン(左下)」…頭がマグカップになっている兄弟。

敵キャラクター

「Cala Maria」…海にいる巨大な人魚のようなボス。髪はタコだが変身すると画像のようにメデューサのような姿になる。

「Sally Stageplay」…日傘を持った金髪の女優。傘を使った攻撃が特徴。

「Mr. Wheezy」…灰皿のステージに乗った葉巻のボス。灰になって左右の灰皿を移動する。

ストーリー

「デビルのカジノ」にやって来たCuphead(カップヘッド)とMugman(マグマン)の兄弟。

お金に目がくらんだ2人は、タマシイをかけた大勝負に挑み負けてしまう。

自分たちのタマシイを支払う代わりに与えられた条件は、「逃げだした債務者たちのタマシイを集めてこい」。

彼らによる債務者(=ボス)への取り立てが始まる。

『Cuphead(カップヘッド)』発売日など基本情報

発売日Switch版:2019年4月18日
PS4版:2020年7月29日
会社StudioMDHR
ジャンル横スクロールアクション
値段1,980円(税抜)
対応ハードSwitch / PS4
商品情報ダウンロード専用

・購入はこちら↓↓(※クリックで販売サイトへ)

© 2019 StudioMDHR Entertainment Inc. All Rights Reserved.

掲示板

Cuphead(カップヘッド)に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
名無しのゲーマー 5

ずっとやってる

名無しのゲーマー 4

制作に約7年、製作者が自分の家を犠牲にしてまで完成させた神ゲーなので是非やってどうぞ

名無しのゲーマー 3

控えめにいって神ゲー

名無しのゲーマー 2

前にこれのボス戦集をみたことがあってやってみたいと思っていただけにとても嬉しい

ニュース