PS4 プレイステーション4の総合情報サイト
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ/隻狼)

購入はこちら▼

最終更新 : GameWith編集部

紹介記事

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』とは

『ダークソウル』のフロムが放つ純和風“死にゲー”

フロム・ソフトウェアから2019年3月22日発売のPS4, Xbox One, PC対応ゲームソフト『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ シャドウズ ダイ トゥワイス)』。

本作は左腕が義手となった忍びが活躍するアクションアドベンチャー

フロム・ソフトウェアの代表作『ダークソウル』シリーズや『ブラッドボーン』のような“死にゲー”(何度も死ぬことを前提としたゲームバランスの作品)のエッセンスを取り入れた、緊張感抜群の作品だ。

実在した人物や場所は登場しないオリジナルの戦国時代末期を舞台に、“隻腕の狼”と呼ばれる忍びの…

紹介動画

ユーザーレビュー

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ/隻狼) をプレイしたユーザーのレビュー。

  • hon@うさぎ飼い

    フロムソフトウェアと言えば「死にゲー」
    今作もまたソウルシリーズ、ブラボに続く理不尽なまでの「死にゲー」である。

    このゲームを難しくしている最大の要素は
    「こちらの体力は雀の涙程度なのに敵の体力は回復する」点だろう。
    正確には最終的に敵を倒すのに削らなければならない『体幹』が時間経過とともに回復するのだ。したがって回復の暇など与えず、攻めて攻めて攻めまくらねばならない。
    一方自キャラはボス相手なら二発も喰らえば死ぬ。雑魚相手でも3〜4発が限界だろう。攻撃を食らうわけにはいかないのだ。
    その他『ガード不可攻撃』や『アイテムの少なさ』など理不尽な点は多々あるが、やってみなければわからないだろう。

    こんな鬼畜難易度なのだから当然勇気あるゲーマーは『根性』を持っていなければクリアなど到底不可能。
    挫折した諸君には『根性なし』の烙印が押される。
    私自身クリアできるかはかなり怪しいが、少なくとも挑戦すらしない『腰抜け』にはなりたくなかった。
    このクソ難易度に恨み節も多々あるが、評価を星5から星4にするかどうかはクリア後に考えるとする。

ゲームをプレイして、レビューを書こう!

コミュニティ

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ/隻狼) をプレイしている人達のコミュニティです。
ゲーム仲間を見つけたり、攻略の相談をしたりできます。

掲示板

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(セキロ/隻狼) に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
名無しのゲーマー 11

日本版と海外版の差異ってある?

名無しのゲーマー 10

単に剣戟システムがゲームとして注目だよな
アサクリとかでもキンキンさせたりするけど、体幹を崩すってあたりが新しくてカッコいい。

名無しのゲーマー 9

昭和生まれの俺にはオフライン専用ゲームは大歓迎。
昔、ハマった「天誅」を思い出した。
楽しみにしてます。

名無しのゲーマー 8

この手のゲームでオンライン無くて困ることなんかあんの?

このゲームの情報

会社 FromSoftware
ジャンル 3Dアクション
ゲーム
システム
アクションアドベンチャー
タグ
  • なし
発売日
PS4 : 2019年3月22日
定価
PS4 : ¥7,600(税抜)
流通価格
ニュース