PS4 プレイステーション4の総合情報サイト
十三機兵防衛圏

十三機兵防衛圏の評価と情報

レビュー総合点

ゲーマー
カジュアル

十三人の主人公が「滅びの運命」に抗う、タイムトラベル系SFアドベンチャー

十三機兵防衛圏のアイキャッチ画像

アトラスより2019年11月28日(木)に発売が予定される『十三機兵防衛圏』は、十三人の主人公の視点で展開する群像劇を描くSFアドベンチャー

国内外を問わず熱狂的なファンを獲得した人気タイトル『ペルソナ5』で知られるアトラスと、“ハイクオリティな2Dゲーム”を数多く制作してきたヴァニラウェアのタッグが開発を手掛ける作品だ。

ここからは、本作で注目すべき三つのポイントや…

紹介動画

GameWith編集部レビュー

ゲーマー向け評価

13人のストーリーをプレイすることで徐々に物語の全貌が明かされていくので先が気になって仕方がなかった。

キャラクター同士の繋がりに加え、それぞれが過去と現代、未来を行き来することに緻密な関係性も感じられる、作り込まれたストーリーが本作の最大の特徴だろう。
制作陣もスクリプトの作成・チェックに相当時間をかけたとか。

各キャラの物語の端々が繋がっていくときの気持ちよさも爽快だが、時間モノ特有の過去〜未来の全てがリンクした時の快感も格別だ。キャラクターごとの苦悩も描かれることで、ひとつひとつのシーンが永遠に消したくない大切な思い出として心に残る。

また、淡い水彩画のようなタッチで描かれる世界も美しく、そこにSF要素をかけ合わせるセンスも正直大好きなポイントだ。

一方でストーリーが作り込まれているだけにテンポ良く進めたい方にとってシミュレーションパートは若干面倒に感じるかもしれない。しかし難易度を調整できるのでとにかくストーリーを楽しみたいという方でもそこまで気にならないはず。

2020年ゲームデザイナーズ賞の最終候補に選ばれただけあって、作り込まれたストーリーと世界観は一品。ゲーマーなら一度はプレイしておきたい作品だと思う。

すべて表示する
  • コンテンツ量 3点

  • 自由度 3点

  • ソーシャリティ 2点

  • BGM 4点

  • グラフィック 4点

  • 感情移入 4点

  • ゲーム性 3点

カジュアル向け評価

すべて表示する
  • コンテンツ量 3点

  • 自由度 3点

  • ソーシャリティ 2点

  • BGM 4点

  • グラフィック 4点

  • 感情移入 4点

  • 敷居の低さ 3点

ユーザーレビュー

十三機兵防衛圏をプレイしたユーザーのレビュー。

ゲームをプレイして、レビューを書こう!

コミュニティ

十三機兵防衛圏をプレイしている人達のコミュニティです。
ゲーム仲間を見つけたり、攻略の相談をしたりできます。

掲示板

十三機兵防衛圏に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
名無しのゲーマー 1

比治山隆俊(ひじやまたかとし)のPROFILEが、薬師寺恵(やくしじめぐみ)のになっている。

正しくは、「実直で男らしい性格。女装姿に惚れた弱みから沖野という少年に振り回されるがまんざらでもない。」

このゲームについて書き込もう
このゲームに関する記事

十三機兵防衛圏の情報

会社 ATLUS
ジャンル アドベンチャー
ゲーム
システム
その他シミュレーション
タグ
  • なし
発売日
PS4 : 2019年11月28日
定価
PS4 : ¥8,980(税抜)
流通価格