PS4 プレイステーション4の総合情報サイト
『新サクラ大戦』開発者インタビュー!in TGS2019
このゲームの関連記事一覧へ

『新サクラ大戦』開発者インタビュー!in TGS2019

最終更新 : GameWith編集部

『サクラ大戦』“らしさ”へのこだわりとは?推しキャラも聞いた開発者直撃インタビュー!

『新サクラ大戦』の開発の重要人物2人、片野徹プロデューサーと大坪鉄弥ディレクターにTGS2019の会場で直撃インタビューを実施!

システム、キャラデザ含む全てを一新したといっても過言ではない『新サクラ大戦』。新しさの中にも“サクラ大戦らしさ”を出せた秘密や、久保帯人氏のキャラデザ起用に関する驚きの事実など内容満載でお届けします!

『サクラ大戦』を新たに作る際、一番こだわった点はどこですか?

TGS2019会場で『新サクラ大戦』の片野徹プロデューサー(左)と大坪鉄弥ディレクター(右)にインタビューをさせていただいた。

--システムやキャラデザの一新にも関わらず『サクラ大戦』らしさが感じられます。一番こだわった点はどこですか?

大坪鉄弥ディレクター(以下、大坪D):
過去にも『サクラ大戦5』や『3』などでシステムを一新したこともあります。その時から根底にあるのは隊長である主人公、これまでだと大神君だったりですね。

つまり隊長と女の子達との物語を中心に描いていくのがシリーズの特徴なので、“隊長を中心としたゲーム”ここをブレないようにして作ることにはこだわりました。

--キャラ作りのこだわりはどのあたりでしょうか?

表現力の向上などでキャラクターの表情がさらに豊かになった。

大坪D:
キャラクターの表情部分は特にこだわっているところです。シリアスなイベントからいわゆるお風呂シーンのような、おふざけしているところまで全力で作っています。

そういった、キャラの表情や動きは全編余すところなく見ていただきたいです。

PS4の『サクラ大戦』だからこそ実現できた点は?

火花散るバトルシーン。PS4になったことでハイクオリティなバトルが楽しめる。

片野徹プロデューサー(以下、片野P):
やはり一番はバトルですよね。バトルの質感や物量も含めて設定上はこうだったけどハードの都合で諦めていた部分があった。ようやく、それを忠実に表現できるようになったかなと思います。

マップの表現も自由度があがり、広がりました。広い帝劇内を歩いて回る、といったことが可能になったのは(PS4で作ったことが)大きいですね。こちらはTGSの試遊版でも体験した人もいるかと。

久保帯人先生をキャラデザに起用することは、いつ頃決まっていたのでしょうか?

キャラクターデザインには『BLEACH』の久保帯人氏を起用。

--『新サクラ大戦』の開発が決まったセガフェス以前には久保先生の名前は上がっていましたか?

片野P:
キャラクターデザインに関してはセガフェスの前から決めていました。

大坪D:
実は企画書にはキャラクターデザインは久保先生と書いてありましたね。その時はあくまでオファー前の希望という意味でしたが(笑)。

--久保先生の絵が上がってきたときの感想はいかがでしょうか?

大坪D:
少年ジャンプで週刊連載をやられていた方なので、絵を仕上げるスピードが早い!

ある時、久保先生と打ち合わせして会社に戻ったら「送りました」というメッセージとともに既にラフ画が届いていたことがありました。これは本当に驚きましたね。

TGSで試遊したユーザーの反応は?

多くの人が詰め掛けたTGSの新サクラ大戦ブース。初日の整理券は配布終了してしまうほどの人気だった。

--TGSでのユーザーの反応は先に行われた最速体験会とは違いますか?

片野P:
まず先日の最速体験会では、長年の『サクラ大戦』ファンと、新作に興味をもって来られた方両方がいらっしゃいました。

その時のアンケートでは「アクション部分が多少難しい」という感想が散見されました。それを受けてTGSの体験版では少し調整を入れました。

この甲斐もあってTGSでは快適に遊んでもらえているな、という印象です。

花やしきで行われた最速体験会。ここでのアンケート結果がTGSの試遊版に活かされたとのこと。

大坪D:
私は最速体験会には行けなかったんですが、アンケートには目を全て通しました。回答からファンの熱気が伝わってくる感じがすごくありましたね。

そこでいただいた意見はTGSまで約2週間という短い時間でしたが、出来る限り反映できるものはしました。今日(9月14日)は整理券の配布も終了しており、大変好評いただいていると感じています。

【関連記事】

『新サクラ大戦』でどのキャラクターが推しですか?

メインキャラクター以外にも魅力的なキャラクターが多い、『サクラ大戦』シリーズ。開発二人の推しは?

大坪D:
全員!」っていう優等生回答は駄目ですかね?

今回、帝国華撃団以外にも倫敦(ロンドン)や紐育(ニューヨーク)などいろいろな華撃団が登場します。

登場するキャラクターに私の趣味嗜好だったり、スタッフの意見を取り入れたりと様々なエッセンスを取り入れバラエティ豊かにしています。

プレイしてもらえれば誰かしら刺さるキャラがきっといると思います。

片野P:

僕は、(神崎)すみれさんと司馬 (令士)のセリフでいくつか泣けるところがあって、毎回プレイする度に本当に泣いちゃってるんです。

なのでその二人は結構好きですね。

「敢えていうなら」と前置き付きだが、片野Pは神崎すみれと司馬令士を推しキャラにあげていた。

キャラクター人気投票などは行う予定ありますか?

片野P:
(人気投票に関しては)禁断だと伺っています(笑)。

大坪D:
キャラクターに順位を付けると、ユーザーの中には自分の推しキャラクターは人気ないのかな、とがっかりしてしまう方も出てしまいますよね。

もちろんそういう盛り上げ方は一つの手段ではありますが、『サクラ大戦』というシリーズでは予定してないですね。

新サクラ大戦を期待するユーザーに一言

大坪D:
長らくお待たせした『新サクラ大戦』ですが、TGSでの試遊というところまできましたし、大盛況もいただいております。

発売日が12月12日と桜の季節にはちょっと早いと思いますが、一足先に桜を咲かせることが出来ればと思っております。チーム一同、全力で開発を進めております。是非ともご期待ください。

片野P:
今回のTGS、前回の世界最速体験会、生放送と本当に暖かい声をいただけています。こんなにも『サクラ大戦』のファンがいるのか、ということにただただ驚いているところです。

そういった声にこれからも応えていきたいと思いますので、『新サクラ大戦』の発売を楽しみにしていてください。

©︎SEGA

インタビューを終えて

人であふれかえる「TGS2019」のセガブース内、『新サクラ大戦』ゾーンの様子。

前作からハードも進化、システムやキャラデザなどのほぼ全てを一新して開発中の『新サクラ大戦』。

そんな新たな挑戦に本気で臨んでいる姿勢、そしてそれだけでなく開発陣がシリーズを愛して製作している「本気度」を感じた。

また、「サクラ大戦シリーズ」のファンをとても大切にしている姿勢も印象的だった。このインタビューを読みながら新たな華撃団との出会いを楽しめる、『新サクラ大戦』の誕生を心待ちにしてほしいと思う。

このゲームに関する記事

掲示板

新サクラ大戦に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
名無しのゲーマー 36

楽しみだわー

名無しのゲーマー 35

元々サクラ大戦は特殊な文化があって
ゲーム・アニメ・舞台・漫画・小説とか
各媒体から参加するファン層が居て
各々の楽しみかた・ベースとなるサクラがあってもいいと思います。

ゲームしたことないけど、舞台は毎回行くとか
旧TV版のシリアスなサクラが好きだとか。

コンテンツは時代に任せます。
内容がサクラ大戦として成立していれば
クリエイターとか表現手法には、固執する必要は無いのでは?

私も昔の藤島絵は大好きですが、久保さんの絵にも慣れると思います。

とりあえず帝激DXパック予約しました。
開発メンバーの方には体に気を付けて、デバッグ・ブラッシュアップ工程進めて頂きたいです。

システム面で言うと、アクションパートでロックオン機能とか、攻撃が当てやすい工夫が欲しいかも。

名無しのゲーマー 34

PC版は出ますか?

名無しのゲーマー 33

>>32
お前みたいなのもはたから見てる身としてはどっちも害。お前の場合はファンじゃなくて信者っぽい意味で害だな

ニュース