アツい駆け引きがクセになる!陣地バトルの魅力を徹底解説!

アツい駆け引きがクセになる!陣地バトルの魅力を徹底解説!

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
3分間で陣地を奪え!駆け引きが熱い戦略バトルRPGが配信開始
陣地を広げて拠点を落とせ! 3分決着の戦略バトルを先行プレイ

陣地を奪い合う駆け引きが病みつきに!戦略バトルの面白さを徹底解説![PR]

物事に対して好き嫌いがあるように、対戦ゲームに求めるものも人それぞれ違っている。

例えばそれは“スピーディーな爽快感”“好きなキャラが使える”などがあるだろう。

そんな様々な魅力の中でも特に“戦略性やプレイスキル重視のバトル”が楽しめるのが、本作『三国志ロワイヤル アリーナ』だ。

本作は個性的な武将たちを率いて全国のプレイヤーと拠点を奪い合う戦略バトルRPG

武将を指揮して盤面を奪い合うアツい駆け引きや、多彩なスキルを駆使した手に汗握る攻防が最大の魅力だ。

三国志ロワイヤル アリーナの画像

1試合3分という短時間で全国の猛者と対戦でき、プレイヤーの腕が勝敗に直結するためやりごたえもバツグン

先述したように“戦略性やプレイスキル重視のバトル”が好きな筆者には見事にぶっ刺さり、スキマ時間を見つけてはプレイしてしまうほどハマってしまった。

三国志ロワイヤル アリーナの画像

本記事ではそんな『三国志ロワイヤル アリーナ』について、数ある魅力の中でも特に“戦略性の奥深さ”“対戦の面白さ”に焦点をあててご紹介していこう。

3分決着の戦略バトル!部隊を指揮して敵の拠点を落とせ!

まずは基本中の基本である対戦ルールを簡単にご紹介しよう。

本作の戦闘システムは武将を指揮して戦わせるタワーディフェンス戦略ゲーム

三国志ロワイヤル アリーナの画像

プレイヤーは最大8名の武将で部隊を編成し、自分の拠点から武将たちを進軍させて敵拠点を落とせば勝利だ。

基本的なルールはたったこれだけだが、ここに“陣地システム”“武将のスキル”が加わることで対戦の面白さや深みがぐっと増す。

ここからはそんな2つの要素について、それぞれ項目を分けてご紹介していこう。

地の利を活かす“陣地システム”!

陣地システムは簡潔に言えば“武将が歩いた場所が自陣になる”というものだ。

三国志ロワイヤル アリーナの画像

▲青いマスが自陣で、赤いマスが敵陣。相手のマスを踏めば自陣に塗り替えることも可能だ。

初めは自分の拠点からしか出撃できない武将も、広げた自陣の上ならばどこからでも出撃が可能となり一気に戦略の幅が広がるぞ。

例えば敵拠点の目の前に武将を配置する“急襲”や、上下左右から敵を挟み撃ちにする“包囲”など数々の戦略をとることが可能だ。

三国志ロワイヤル アリーナの画像

▲白い十字が武将の出撃場所となる。自陣の上なら好きな場所にスライドさせることが可能だ。

戦闘には3分間のタイムリミットが設定されており、時間内にどちらの拠点も落とされなかった場合は陣地の広さで勝敗が決するという点も自陣の重要性を後押ししているぞ。

個性豊かな武将たちが大量参戦!

三国志ロワイヤル アリーナの画像

そして作戦の要となるのが、豊富な能力を活かして敵陣へ攻め入る“武将”だ。

三国志から参戦した武将たちは、それぞれ攻撃範囲移動速度戦闘タイプ能力(スキル)といった特徴を持っている。

三国志ロワイヤル アリーナの画像

例えば歩兵や弓兵の他にも、空中を移動して一部の攻撃を受けない者や、大量の兵士を呼び出して戦わせる者などその性能は様々だ。

特に強力な範囲効果を発動できる“特別タイプ”の武将は、発動タイミングによって一気に敵陣へ攻め込んだり、形勢を逆転できたりと勝敗を分ける切り札となってくれるぞ。

ここからは、そんな武将たちの中から筆者のお気に入り3体ピックアップしてご紹介していこう。

<呂布>

三国志ロワイヤル アリーナの画像

三国志の代名詞とも言える猛将。主君を殺しながら各地を放浪し、最後は曹操に処刑されるという非業の死を遂げた。

彼の能力は“自分を含めた敵味方関係なく巻き込む全体攻撃”であり、獣のような外見に違わず豪快な能力の持ち主。

三国志ロワイヤル アリーナの画像

使い所は難しいが、位置や距離に関係なく全ての敵を攻撃できるという特性は非常に強力であり、まさに切り札と呼ぶに相応しい武将だ。

<孫尚香>

三国志ロワイヤル アリーナの画像

男勝りな性格で武芸にも秀でており、その気高い精神からにじみ出るような凛とした表情が魅力的な女傑。

彼女の能力は“攻撃を当てた対象の移動と攻撃速度を低下させる”といった攻防一体のものであり、あらゆる場面で使いやすい万能キャラ

三国志ロワイヤル アリーナの画像

その美しいビジュアルも相まってプレイヤーからの人気も高い印象を受ける。

<趙雲>

三国志ロワイヤル アリーナの画像

「白龍」という名の白い駿馬にまたがり「涯角槍」を掲げて戦場を駆ける美青年

彼の能力は馬の早駆けによって“自身の移動速度”と“移動中の攻撃力”を大幅に上昇させるというもの。

三国志ロワイヤル アリーナの画像

趙雲の早駆けはまさに一番槍と呼ぶに相応しく、後から続く者の道を切り拓く勇猛果敢な戦いを見せてくれるぞ。

ちなみに事前登録プレゼントとして全てのプレイヤーがゲットできるため、対人戦でも目にする機会が多い武将になっている。

手に汗握る白熱のオンラインバトル!毎試合違った展開が楽しめる!

三国志ロワイヤル アリーナの画像

本作最大の魅力はやはり、何と言っても全国のプレイヤーと繰り広げる白熱のオンラインバトルだろう。

戦闘はリアルタイムで進行するため、試合では限られた時間でいかに敵の攻撃をしのぎつつ拠点を攻めるかのアツい駆け引きが繰り広げられる。

ここからは実際の対戦風景をダイジェスト形式でお送りしていくので、手に汗握る駆け引きの様子を少しでも感じていただければ幸いだ。

▲試合が開始され、手始めに「趙雲」で先陣を切ると、その後ろに援護役の弓兵「孫尚香」を配置して敵にデバフをかける。

速攻作戦はひとまず順調。早々に敵拠点をひとつ落として快調かと思いきや...。

こちらの武将が倒れるや否や、それを見計らったかのように敵が温存していた武将を2体動時に進軍させた。

ガラ空きの盤面上方が敵陣に塗りつぶされ、自拠点も攻撃されて絶体絶命に陥る。

▲しかしこちらも負けじと切り札の「呂布」下ルートから戦場へ投入。

全体攻撃で2体の敵将を同時に削りながら反撃の狼煙を上げた。

▲残り時間が30秒を切ったところで互いに全戦力を投入。激しい戦いが繰り広げられる。

しかし最初に奪った下ルートが上手く働いて敵を挟み撃ちにできたことで、最終的には僅差で辛くも勝利を収めることができた。

どこか1手でも違えば負けていたのは自分だっただろうというスリルと、それでも勝利することができた興奮が混じり合って、思わず小さくガッツポーズを取ってしまうほどの達成感を味わえた。

武将のスキルを活かして自分だけのコンビネーションを見つけ出せ!

三国志ロワイヤル アリーナの画像

ここまでお伝えしたように、本作では武将の能力を活かした戦略的なバトルが最大の魅力だ。

対戦では互いに切り札をどのタイミングで切るかといったアツい駆け引きが展開されて、対人戦ならではのスリルや興奮が味わえる

相手が人間だからこそ敵の考えを読んでその裏をかくといったリアルな駆け引きが楽しめて、勝っても負けても「もう1戦!」と続けたくなるぞ。

三国志ロワイヤル アリーナの画像

「どうせレアな武将を使わないと勝てないんでしょ?」と思う人もいるかもしれないが、そこは安心してほしい

本作の武将においてレアリティは=強さではなく、バトルでは“いかに武将の特性を理解するか”が最も重要になっている。

高レアリティの武将を集めてゴリ押すのではなく、勝つためには低レアリティでも部隊や作戦に合った武将を編成するのが肝心だ。

▲コンビネーション技で敵の拠点を粉砕!

例えば強力なチャージ攻撃を放てる“馬超”は単体では隙が大きくすぐに倒されてしまうが、範囲内の敵を凍結できる“華陀”と組み合わせることでその破壊力を遺憾なく発揮できるようになる。

このように単体では微妙に見えても、他の武将と組み合わせることで何倍もの実力を発揮できるようなコンビネーションが隠されているぞ。

三国志ロワイヤル アリーナの画像

作戦次第では格上の相手にも勝てるように、本作のバトルではプレイヤーの腕が勝敗に直結するためやりごたえも十二分になっている。

とくに自分の戦略が上手くハマって敵の武将や拠点を一網打尽にしたときの達成感はバツグンだ。

三国志ロワイヤル アリーナの画像

本作の試合は対人戦かつリアルタイムだからこそ、状況に応じた“読み”も非常に重要になってくる。

つまりは経験が強さに直結するため、とにかく多くの場数を踏んだり、武将たちの特性を理解することが勝利への近道となるのだ。

このように試行錯誤を繰り返しながら自分だけの最強の部隊を作り上げることこそが本作の楽しみ方と言っても過言ではないだろう。

まとめ

三国志ロワイヤル アリーナの画像

ここまで『三国志ロワイヤル アリーナ』の魅力をお伝えしてきたが、いかがだっただろうか?

今回は冒頭にもお話した通り、対戦の戦略性面白さについてフューチャリングして本作をご紹介させていただいた。

三国志ロワイヤル アリーナの画像

リリースから3週間近く経ったことで対戦環境にも変化が見え始め、これからより盛り上がっていくであろう本作にはいちユーザーとしても大いに期待したい。

ひとつの作品として進化の最中にある本作に興味を持っていただけた方は、ぜひともご自身の手でプレイして手に汗握る戦略バトルを体感してみてはいかがだろうか。

© 三国志ロワイヤル アリーナ製作委員会

三国志ロワイヤル アリーナをプレイしたユーザーのレビュー。

  • コスメお化け

    このひと昔前のグラフィックが自分的には好き!!
    在り来たりだけど、今のところ楽しんでます。
    今後に期待で★4のところ★5!

  • t2

    他のユーザーの方も書いておりますが、ビジュアルは少し古さを感じます。ただ、バトルシステムなどはしっかりしており、結構楽しめます。
    三国志が題材ですが、いい意味で気にならない。三国志だから…という理由で敬遠している人は一度プレイしてみてほしいですね。
    1試合3分という手軽さもGOOD。ルールもわかりやすいのでいろんな人が楽しめるゲームだと思います

三国志ロワイヤル アリーナに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

会社 liica
ジャンル ストラテジー
ゲーム
システム
タワーディフェンス
タグ
リリース
iPhone:2021年04月06日
Android:2021年04月06日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料