3分間で陣地を奪え!駆け引きが熱い戦略バトルRPGが配信開始

3分間で陣地を奪え!駆け引きが熱い戦略バトルRPGが配信開始

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
アツい駆け引きがクセになる!陣地バトルの魅力を徹底解説!
陣地を広げて拠点を落とせ! 3分決着の戦略バトルを先行プレイ

陣地の奪い合いで大興奮!3分決着の戦略バトルRPGが配信開始![PR]

2021年4月6日(火)に配信された『三国志ロワイヤル アリーナ』は、個性的な武将たちを率いて全国のプレイヤーと拠点を奪い合う戦略バトルRPG

Mobageで配信中の大人気タイトル『三国志ロワイヤル』の新シリーズ作品だが、シリーズを知らない方も楽しめるように1から作成された全く新しい作品となっているぞ。

本作は武将を指揮して盤面を奪い合うアツい駆け引きや、多彩なスキルを用いた手に汗握る攻防が最大の魅力。

武将の育成や編成、出撃時の配置からスキルの発動タイミングまで、様々な作戦を駆使して戦う戦略性重視のバトルが楽しめるぞ。

1試合3分という短時間で全国の猛者たちとリアルタイムに対戦でき、バトルではプレイヤーの腕が勝敗に直結するため1戦1戦のやりごたえはバツグンだ。

今回、先行プレイも合せて多くの方たちと実際に対戦させていただいたが、気づけば何時間もやり込んでしまうほど時間泥棒で中毒性の高い作品となっているぞ。

ここからは、そんな『三国志ロワイヤル アリーナ』を筆者が実際にプレイして感じた魅力をまとめてお届けしていこう。

スキルを駆使したアツい駆け引き!自分だけの部隊を率いて拠点を落とせ!

本作の戦闘システムは、仲間の武将を指揮して敵の拠点を落とすタワーディフェンス戦略ゲーム

バトルでは最大8名の武将で部隊を編成し、自分の拠点から武将たちを進軍させて、敵将を撃破しつつ敵拠点を落とせば勝利となる。

▲青く塗られたマスが自陣で、赤いマスが敵陣だ。

ここまでは一般的な王道ルールだが、本作には戦略性を深める独自の要素として「陣地システム」というものが採用されている。

これは“武将が歩いた場所が自陣になる”というものであり、本作のバトルにおいて勝利の鍵と言っても過言でない要素だ。

▲白い十字が武将の出撃場所となる。自陣の上なら好きな場所にスライドさせることが可能だ!

何故なら初めは自分の拠点からしか出撃できない武将も、広げた自陣の上ならばどこからでも出撃が可能となり、一気に戦略の幅が広がるのだ。

例えばこのシステムがあることによって、敵拠点の目の前に武将を配置する“急襲”や、上下左右から敵を挟み撃ちにする“包囲”など数々の戦略をとることができるぞ。

▲リザルト画面では下部のバーに獲得した陣地の量が表示されて、勝敗の判定が行われる。

戦闘には3分間のタイムリミットが設定されており、時間内にどちらの拠点も落とされなかった場合は陣地の広さで勝敗が決するという点も自陣の重要性を後押ししている。

そして戦術の要となるのが、豊富な能力を活かして敵陣へ攻め入る“武将”だ。

三国志から参戦した魅力的な武将たちは、それぞれ攻撃範囲移動速度タイプ能力(スキル)といった特徴を持っている。

例えば歩兵や弓兵の他にも、空中を移動して一部の攻撃を受けない者や、大量の兵士を呼び出して戦わせる者などその性能は様々だ。

とくに強力な範囲効果を発動できる“特別タイプ”の武将は、発動タイミングによって一気に敵陣へ攻め込んだり形勢を逆転できたりと勝敗を左右する切り札となってくれる。

▲呂布の範囲攻撃は超強力だが、味方も巻き込むためタイミングには注意!

しかし強力な武将を持つのは敵も同じため、切り札をどのタイミングで切るかといったアツい駆け引きが展開されて、対人戦ならではのスリルや興奮が味わえるぞ。

手に汗握る白熱のオンラインバトル!毎試合違った展開が楽しめる!

本作最大の魅力はやはり、何と言っても全国のプレイヤーと実際に対戦できる白熱のオンラインバトルだろう。

戦闘は常にリアルタイムで進行するため、試合では限られた時間でいかに敵の攻撃をしのぎつつ陣地を広げるかのアツい駆け引きが繰り広げられる。

「どうせレアな武将を使わないと勝てないんでしょ?」と思う人もいるかもしれないが、そこは安心してほしい

本作の武将においてレアリティは=強さではなく、バトルでは“いかに武将の特性を理解するか”が最も重要になっている。

高レアリティの武将を集めてゴリ押すのではなく、低レアリティでも部隊や作戦に合った武将を編成することが勝利への近道となるのだ。

例えば強力なチャージ攻撃を放てる“馬超”は単体では隙が大きくすぐに倒されてしまうが、範囲内の敵を凍結できる“華陀”と組み合わせることでその破壊力を遺憾なく発揮できるようになる。

このように単体では微妙に見えても、他の武将と組み合わせることで何倍もの実力を発揮できるようなコンビネーションが隠されているぞ。

▲コンビネーション技で敵の拠点を粉砕!

作戦次第では格上の相手にも勝てるように、本作のバトルではプレイヤーの腕が勝敗に直結するためやりごたえも十二分になっている。

とくに自分の戦略が上手くハマって敵の武将や拠点を一網打尽にしたときの達成感はバツグンだ。

相手が人間だからこそ、敵の考えを読んでその裏をかくといったリアルな駆け引きが楽しめて、勝っても負けても「もう1戦!」と続けたくなるような興奮が味わえる

このように多彩な武将たちの特性を理解し、試行錯誤を繰り返しながら自分だけの最強の部隊を作り上げることこそが本作の楽しみ方と言っても過言ではないだろう。

本作のオンラインバトルにはランキングが用意されており、自分の実力どれだけ成長したかがひと目で分かるのも非常に嬉しいポイント。

自分だけの部隊でランキングを勝ち上がっていく楽しさや快感は、一度味わったら病みつきになること間違いなしだ。

1試合3分間と手軽にプレイできる点も相まって、思わず時間を忘れてのめり込んでしまうほど中毒性のある作品となっているぞ。

武将の育成もレベル上げのみとシンプルで、毎日コツコツプレイするほど確実に強くなれるため長期的にやり込むにもピッタリだ。

まとめ

ここまで『三国志ロワイヤル アリーナ』の魅力をお伝えしてきたが、いかがだっただろうか?

これまでご紹介してきたように、本作はとにかく奥深い戦略性プレイスキル重視の対戦が魅力の作品となっている。

今回も先行プレイを含めて多くの方と対戦させていただいたが、同じ武将の組合わせはひとつもなく毎試合違ったバトルが楽しめた

▲バトル後の交流も対人戦の醍醐味だ!

Mobage時代から長く愛され続けてきたシリーズの新プロジェクトということで、これからの成長にもいちプレイヤーとしても大いに期待したい。

本記事で少しでも『三国志ロワイヤル アリーナ』に興味を持っていただけた方は、ぜひともご自身の手でプレイして手に汗握る戦略バトルを体感してみてはいかがだろうか。

© 三国志ロワイヤル アリーナ製作委員会

三国志ロワイヤル アリーナをプレイしたユーザーのレビュー。

  • コスメお化け

    このひと昔前のグラフィックが自分的には好き!!
    在り来たりだけど、今のところ楽しんでます。
    今後に期待で★4のところ★5!

  • t2

    他のユーザーの方も書いておりますが、ビジュアルは少し古さを感じます。ただ、バトルシステムなどはしっかりしており、結構楽しめます。
    三国志が題材ですが、いい意味で気にならない。三国志だから…という理由で敬遠している人は一度プレイしてみてほしいですね。
    1試合3分という手軽さもGOOD。ルールもわかりやすいのでいろんな人が楽しめるゲームだと思います

三国志ロワイヤル アリーナに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

会社 liica
ジャンル ストラテジー
ゲーム
システム
タワーディフェンス
タグ
リリース
iPhone:2021年04月06日
Android:2021年04月06日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
Nintendo Switch
PS5
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す