クオリティが凄すぎる…!『ブレイドエクスロード』を先行プレイ

クオリティが凄すぎる…!『ブレイドエクスロード』を先行プレイ

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
この秋注目のRPG『ブレイドエクスロード』がついに来た!
配信直前の『ブレイドエクスロード』その圧倒的な世界観をご紹介
『ブレイドエクスロード』事前登録特典判明&ムービー第2弾公開

クオリティが凄すぎる…!
リセマラも超絶楽な予感!?
アプリボット渾身の一作『ブレイドエクスロード』を先行プレイ![PR]

アプリボットから2019年秋配信予定のファンタジーRPG『ブレイドエクスロード』

『ブレフロ』『FFBE』など幾多の名作スマホRPGを手掛けた早貸久敏氏をはじめ、豪華スタッフが参画。
圧倒的なシナリオボリュームと、それを演出する高グラフィック3Dシネマが特徴の作品だ。

その本作で9月19日より開催されたベータ版に、GameWithも潜入。
そこで判明したゲームの全貌についてお届けしていくぞ。

先に言っておくと、本作のクオリティは「スゴい」の一言。
RPGとしての完成度は、相当のものだと言い切っていいだろう。

その「スゴい」部分に注目しつつ、ぜひとも読み進めていただきたい。

ゲーム冒頭でいきなりガチャ10連!
これはリセマラが捗る予感…!

早速ゲームを始めると現れたのは、厳しい玉座に鎮座する男性
数々の名キャラクターを演じてきた銀河万丈さんによるシブいボイスで、静かにプレイヤーへと語りかけてくる。

本作のキャストには青二プロダクションが全面協力。
神谷浩史さん野沢雅子さんなどが声優として登場する豪華さを、この冒頭部分から垣間見ることができた。

そしてものの30秒も経たないうちに、なんと10連ガチャに突入。
この仕様が正式リリースにも引き継がれているとすれば、リセマラは相当楽に行えそうだ。

ガチャはキャラと武器が排出される形式。
とはいえSSRキャラは6%、SSR武器は4%良心的な確率。

このベータ版時点では、ガチャは非常に優しい仕様であることが伺えたぞ。

ドラマチックな演出に注目!
3Dシネマによる作り込みが「スゴい」ストーリー!

ここからは、本題であるゲームの中身へ。
RPG作品の見所といえば、やはり「バトル」「ストーリー」の二本柱。

その内まずは、豪華スタッフ陣が生み出すストーリーから紹介していこう。

豪華スタッフ陣の詳細
担当名前代表作
監督早貸久敏『ブレイブフロンティア』
『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』
『ラストクラウディア』
クリエイティブディレクター竹田彰吾『Legend of The Cryptids』
アートディレクター中谷幸夫『ファイナルファンタジーⅦシリーズ』
『クロノ・トリガー』
シナリオディレクター巌光生『スターオーシャン4 -THE LAST HOPE-』

ストーリーにおいて重要となるのが「騎士団」

人間を捕食する異形の生物「冥獣」がはびこるこの世界。
物語の舞台となるラガン王国は、4つの騎士団によって守られていた。

そのうちの1つ「白竜騎士団」に所属する少年こそが、物語の主人公・ライド。

父親代わりでもある騎士団長・ヒースベルと共に、黒竜ザイラーグを討伐したところから物語は始まる。

その祝賀会が開催される最中、ライドは先の戦いでの負傷のため部屋にいることに。
…すると、外から声が聞こえてくる。

「祝賀会の席において、ヒースベルは謀反の罪で捕縛。以後、白竜騎士団は黒獅子騎士団の監視下に置かれる」

「ヒースベルがそんなことするわけねぇだろ!

思わず声を荒げるライドは、真実を確かめるべく城に侵入。
そこで衝撃の光景を目にすることとなる。

「ライド…なぜ来た?」

もはや瀕死状態のヒースベルの前に立っていたのは、仲間であるはずの「黒獅子騎士団」団長・クオ=ヴァディス。
そう、全ては彼の仕業だったのである。

陰謀渦巻く裏切りを発端とした、謎が謎を呼ぶ物語。
さらに旅の途中では、未知の力を持つ少女も登場。

といった具合に、RPG好きの"ツボ"をしっかりと押さえた物語が展開。
先が気になる展開が目白押しで、読み進める手が止まらなくなるほどだ。

▲未知の魔法を自在に扱う少女。その正体は…?

だが本作がスゴいのはシナリオだけではない。
ワンランク上の没入感を実現するための、演出面にも光るところがあるのだ。

その一部をアニメーションでお届けしていこう。

…これ、スゴくないだろうか?

3Dで描かれたキャラが動き回るのはもちろん、場面に応じてアングルが変化。
その時その時のキャラの動きを最大限に表現する演出で、物語を存分に楽しませてくれるぞ。

「高グラフィック3Dシネマ」と謳うのも、納得できるほどにドラマチックな演出。
その臨場感&没入感抜群なストーリーは、まさに「スゴい」と呼ぶにふさわしいだろう。

"お手軽さ"と"アクションの醍醐味"を両立させた「スゴい」バトル!

続いて、RPGのもう一つの柱「バトル」についてご紹介していこう。

本作の公式ジャンルは「RPG」と表記されているため、王道のコマンドバトル系をイメージする人もいるかもしれない。

だがその実態は、全くの別物。
どちらかと言うと「アクションRPG」に近い、独特なシステムとなっているのだ。

早速上記のアニメーションをご覧いただきたい。
敵の周りをグルグルと回りながら戦っているのが分かるだろうか?

この一見、不思議にも思える戦い方。
これこそが本作のバトルの基本となるのだ。

その内容を具体的に紐解いていこう。

まず前提として、バトルは最大4人パーティで挑戦。
そのうちの1人をプレイヤーが操作して、残り3人は自動で戦ってくれるスタイルとなっている。

キャラの通常攻撃はオートで行われていく。
わざわざ連打しなくていいのは、純粋にストレスフリーだと感じさせてくれる。

画面下にある4つのボタンでは、それぞれスキルが発動。
ワンタップするだけで、ド派手な技を繰り出すことが可能だ。

そしてバトル中、画面を左右にスワイプすることで、敵の周りをグルグルすることができる。

こちらが何の意味があるのかは、敵の足元のあるエネミーリングを見て欲しい。
こちらの色に応じて、敵のどの部位を攻撃しているかが変わってくるのだ。

<エネミーリングの色と攻撃部位>

正面
側面
背面

▲例えば「バックドライブ」というスキルは、その名の通り「背面」に当てるとダメージが1.5倍に!

スキルによっては、側面背面に当てるとダメージがアップするものも。
そのため、敵の背面を取ろうとグルグルしていたのである。

基本の操作自体は、左右の移動とタップでのスキル発動と非常にシンプル。
その中で、アクションゲームの醍醐味である「敵の弱点を突く」をしっかりと楽しませてくれる。

お手軽さゲーム本来の楽しさを両立した、秀逸なバトルシステムとなっているのだ。

ゲーマーも納得の戦略要素が満載!

上記はあくまでも基礎中の基礎であり、実際のバトルでは他にも考えることが満載。

例えば、操作キャラ以外の3人の仲間たち。
バトル中貯まるポイントを使用すれば、仲間のスキルを発動することが可能。

こちらはダメージ系以外にもバフ/デバフ系が多数あり、使い所次第で戦況に大きな影響を与えられるぞ。

また、仲間たちには作戦を出すことも可能。
「各個撃破」「集中攻撃」といった指示を的確に使い分けて、素早く敵を撃破していこう。

操作キャラは敵の周りをグルグル動くとお伝えしたが、実際にはスワイプでフィールド内を自由に動くこともできる。

敵の攻撃を避けるためなど、その実用性は高い。
画面をタップすれば、すぐに敵の目の前まで戻れるのも快適だ。

ダメージを与えて操作キャラのゲージがMAXになれば、「ソウルバースト」に突入。
スキルの再使用までの時間が大幅に短縮され、流れるようにスキルを回していけるぞ。

他にもバトル中にはアイテムを使用できたりと、考える要素は満載。
コアゲーマーの方でも、満足して楽しむことができるはずだ。

▲クエストによっては「自動周回」ができるものも。スタミナが尽きるまで延々と戦い続けてくれるぞ!

編成のガチさが「スゴい」

バトルに挑む前に、パーティの編成は必要不可欠。
本作はこの編成部分においても、しっかり骨太な出来栄えとなっているぞ。

キャラには「攻撃」「防御」「回復」の3つのタイプが設定されている。
それぞれ何体ずつ編成するかで、パーティの方向性がある程度定まってくるだろう。

▲ユニットは一律「SSR」で、レアリティ格差は存在しないぞ!

それだけではなく、キャラには6種類の「属性」と6種類の「武器種」も存在。

1体1体しっかり特徴付けられており、ステージごとに最適な編成を組むことで、どのキャラも輝きを見せてくれるはずだ。

カスタマイズも、とにかく幅広く!

そんなキャラたちの個性をさらに際立たせてくれるのが「武器」「アクセサリー」

装着個数はそれぞれ最大3個ずつと多く、そのカスタマイズ性は高い。
組み合わせ次第で、キャラの能力を好きに伸ばしていけるだろう。

▲武器を変更すると、バトル中の武器もしっかりと変化する。こういった細かい作り込みもスゴい!

また単純なステータスだけでなく、武器やアクセサリーによって「オートスキル」も習得できる。

オートスキルは、常時発動するパッシブスキル的なもの。
「攻撃力アップ」「スキルの再使用時間が短くなる」「バフの効果時間が長くなる」など、その種類は実に多彩。

これらの要素が合わさり、非常に奥深い編成システムとなっているのが本作だ。

運営にも関われる!?
最強の10人「十傑」を決めるイベントも!

ゲーム内では「ナイツオーダー」と呼ばれるイベントも定期的に開催予定とのこと。

今回のベータ版でも実施されており、最大ダメージクリアタイムを元に、上位10名のプレイヤーが「十傑」に選ばれていた。

「十傑」に選ばれたプレイヤーは名誉を手にするだけではなく、専用武器「十傑武器」が使えるように。
ゲーム内で10名だけが使える武器ということで、羨望の眼差しを向けられることは必至。

さらに1位のプレイヤーは「騎士王」となり、なんと「ピックアップガチャの内容決定」など運営にも関わることができるみたいだ。

報酬が豪華な分、バトルは熾烈な争いとなる。
全プレイヤーが本気で挑む最高峰の戦いを、リリース時にみなさんも体験していただきたい。

まとめ

以上『ブレイドエクスロード』の先行プレイレポートをお届けしてきた。

シネマ調のドラマチック演出によるストーリー。
お手軽さと醍醐味を両立したバトル。
「スマホRPGもここまできたか…!」と思わせてくれるほどに、クオリティの高い作品となっていたぞ。

ゲーマーとしては気になる「リセマラ事情」も、非常に優しいことが予想できる本作。
そのリリースは、2019年秋を予定している。

GameWithでは、限定の事前登録ガチャも開催中。
この超お得なガチャを回して、来たるリリースに備えていただければ幸いだ。

事前登録ガチャはこちら

©︎ Applibot.Inc.ALL rights reserved.

ブレイドエクスロードをプレイしたユーザーのレビュー。

  • Masters

    ストーリー、グラフィック、音楽に力が入ってる王道RPG

    3Dだが動作は軽快でストレスフリーである
    人気のためかアクセスが不安定だが対応は早い
    無課金でも楽しめる設計
    その一方で課金の強みが薄いので課金要素が
    今後どうなるか気になるところである

    ストーリークエストの随所において強敵がいて
    刺激のある展開を楽しませてくれる

  • ぱぷりか

    この僕に課金させるとは、なかなかやりますね。

  • がっつき冷麺

    ずっと待っていたタイトルです。出るまで長かった〜。
    その分しっかり作り込まれてて、クオリティはすごく高いです。このレベルが無料でプレイできるのは嬉しいですね。

    キャラデザ、ストーリーを引き立てるのは青二の声優陣。まー名前を見ただけで豪華ですよね。
    バトルもエフェクトに迫力あっていい感じです。

    オンラインはギルドだけかな?まぁ一人でコツコツと進めるのが好きなのでそっちの方が個人的には嬉しい。長くやっていきたいと思える作品、オススメです。

ブレイドエクスロードに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

会社 Applibot
ジャンル アクションRPG
ゲーム
システム
セミオートアクションRPG
タグ
リリース
iPhone:2019年10月25日
Android:2019年10月25日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す
注目記事
特設ページ
CAグルーブ新作ポータル
タグから探す