関連記事一覧

絶望のダンジョンに関連する記事一覧

絶望のダンジョンをプレイしたユーザーのレビュー。

  • だいふく

    唐突にダンジョン探索が始まるのに驚いたが、プレイしてみると「む、面白い…!!」とどんどんなってくる奥深さがあります。
    エレメントいう、火や土や水などの魔法を発動するだけでなく、火と土、火と土と水といったように何種類も合体魔法を発動できるのがテンション上がりました。さらに、頭を使ってこのフィールドには「この合体魔法の効果だと切り抜けられる」と考えて上手くいった時の気持ち良さ。
    単純に攻撃魔法以外の属性もあるのもツボです。

  • トウブン

    ぬるぬる動くドット絵ダンジョンRPGです。
    ランダムな(多少は選べる)成長要素や、豊富すぎる魔法でダンジョン攻略に挑めます。

    最初は魔法の種類が多すぎて、とにかく「この組み合わせでどんな魔法が打てるんだろう」という好奇心だけでも楽しめました。余裕がでてくると、マップに配置されたギミックに気づいたりと細かな戦闘にもアクセントが効いていて遊んでいて飽きないですね。

    自分はまだ遊んでいないですが、バトロワモード?だったり、マルチの協力モードもあったりとマルチ好きには欠かせない?モードも実装していて好印象です。

  • ぺこる

    まだチュートリアルを済ませた程度だが体感はわるくない、
    システム的にはアーチャー伝説に近いものがある。
    というか魔法版アーチャー伝説だわこれという感想。

    違いがあるとするならば、
    ほかの人が書いている通り魔法の組み合わせが多く面白い。
    単体魔法6 火・水・雷・土・氷・闇の6種類
    合体魔法15(火×水と水×火は同じ魔法。)
    複合魔法20(三種混合火×水×雷等)
    ただし複合魔法には2-4種類の別バージョンが存在する。

    また、装備・アクセサリーが装備できる。

    主人公キャラクターは始めたばかりでは1キャラしか使えないが、開放することで数種類のキャラを使用できるようだ。

    また初期の主人公キャラにもカラーリングの派生(一部魔法が強化)があり、若干の違いを楽しめる。

    現状見た限りではよくできたゲームである。
    キャラの見た目にこだわらない、それこそアーチャー伝説でも楽しめるタイプの人であれば十分に楽しめると断言できる。

絶望のダンジョンに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

会社 I CAN ENTERTAINMENT
ジャンル アクションRPG 2Dアクション
ゲーム
システム
2DアクションRPG
タグ
リリース
iPhone:2020年07月29日
Android:2020年07月29日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す