ライバルズ
ドラクエライバルズ攻略
アグロゼシカの最新デッキレシピと立ち回り | 対策紹介

アグロゼシカの最新デッキレシピと立ち回り | 対策紹介

最終更新 :
ライバルズ攻略からのお知らせ
勝敗を分析して、最強を目指そう!

「アグロゼシカ(魔法使い)」の最新デッキレシピです。デッキの概要や入れ替え候補、マリガンを含めた立ち回りも掲載しています。対策も紹介しているので、デッキ構築の際にご活用してください。

▼アグロゼシカに勝ちたい方必見!▼

アグロゼシカに勝つ方法を解説

目次

ゼシカ(魔法使い)の他デッキはこちら

ゼシカ(魔法使い)のデッキ一覧

アグロゼシカの評価と概要

アグロゼシカの評価0

評価10 / 10点
扱いやすさ★★★★・
他のデッキの評価はこちら

アグロゼシカの概要

火力を出しやすい速攻デッキ

リーダーに直接ダメージを与えられるカードや、味方を強化できるユニットを採用している。序盤はユニットでの攻撃でダメージを稼ぎ、ウォール等でダメージが通りづらくなる中盤以降はメラゾーマのような直接火力で相手のHPを削りきることを狙う。

特技の枚数が少なめ

ゼシカデッキと言えば特技カードの印象も強いが、このデッキではメラミメラゾーマセクシービームのみ。特技カードをユニットの除去や打点となるカードのみに絞った、ゼシカでは珍しいデッキタイプだ。

アグロゼシカの相性傾向

極端に不利なデッキは存在せず

高い展開能力と豊富なダメージソースにより、ランプピサロコントロールミネアに対して有利に戦えている。また、テンポゼシカミッドレンジテリーなどはやや苦手としているものの、極端に相性の悪いデッキは存在しない。

アグロゼシカを実況解説!

チャンネル登録

アグロゼシカのレシピ0

作成コスト(錬金石)約6,100
デッキのじゅもん「のおてんわしそち」
(有効期限:12/14 16:00まで)

デッキレシピの詳細

カード名レアコスト種類枚数
メラゴースト1ユニット2枚
いたずらもぐら1ユニット2枚
おばけキャンドル1ユニット2枚
モーモン1ユニット2枚
いっかくうさぎ2ユニット2枚
たけやりへい2ユニット2枚
ドロヌーバ2ユニット2枚
わたぼう2ユニット1枚
メラミ2特技2枚
ジャガーメイジ3ユニット2枚
マポレーナ3ユニット2枚
セクシービーム3特技1枚
はぐれメタル3ユニット2枚
亡者のひとだま4ユニット2枚
メラゾーマ4特技2枚
かげのきし5ユニット1枚
メタルキング5ユニット1枚
デッキのじゅもんを発行

※リンク先のドラクエライバルズ(DQR)カードライブラリで、ご自身でデッキのじゅもんを発行してください。

注目カードと採用理由0

カード名説明
亡者のひとだま4コスト5/4のユニット。効果の対象にならず、範囲ダメージを持つカードや戦闘以外で倒すことが出来ないため、特技カードでの除去を主体としたデッキに対し貴重な火力源となる。
メタルキング5コスト3/3のユニット。速攻により即座に攻撃可能であり、テンションリンクで手札に戻せるため、もう一度攻撃ができる。攻撃的なこのデッキと相性の良い1枚。
メラゾーマ4コストの特技。好きな場所に飛ばせる5ダメージが非常に優秀。マジックフライの効果を活用すれば、高確率で引き込んだり、複数枚使用することも可能である。

入れ替え候補0

カード名説明
メイジキメラ2コスト2/3と標準的なステータスを持ち、特技を打つたびに攻撃力が上がっていく。入れておいて損はないカードだ。2コストユニットなどとの入れ替え候補。
ガチャコッコ3コスト0/5のユニット。におうだちと高いHPを持つ上、相手のユニット数に応じて攻撃力が上昇するため、優秀。低コストユニットなどとの入れ替え候補。
サイレス4コスト4/3のユニットで、召喚時にユニット1体を封印する。ガチャコッコをはじめ、におうだちや厄介な効果を無効化出来るが、ステータスが低いためやや状況を選ぶ。バアルゼブブ等との入れ替え候補。

アグロゼシカのマリガン0

1枚はキープしておきたいカード

モーモン
効果こそないものの2/2と高めのステータスを持つ。序盤の盤面を支えてくれる1枚だ。
おばけキャンドル
高い攻撃力と死亡時効果が優秀。初手で持っておきたい1枚。
いたずらもぐら
1ターン目にこのユニットを出し、2ターン目にテンションアップしつつ、このユニットを守る動きが強力。更なる攻撃力上昇を狙うことができる。
ドロヌーバ
体力よりのステータスに加え、ステルスを持つため場持ちが良い。序盤の展開役として有用だ。

先攻時に狙いたいカード

わたぼう
ターン終了時にドローを行えるカード。手札の切れやすいこのデッキではとてもありがたい1枚。
亡者のひとだま
優れた除去耐性により、敵リーダーにダメージを与えやすい。特に4ターン目に出すと大きな活躍に期待ができる。

後攻時に狙いたいカード

メラゴースト
1ダメージを与える効果が敵ユニットの処理に有効。体力2のユニットとも相打ちになることができる。

アグロゼシカの立ち回り

序盤の立ち回り0

ユニットを展開して攻める

低コストのユニットを次々と展開し、序盤の盤面での有利を狙っていこう。ただし、メラゴーストのようなステータスの低いカードはユニット同士の戦闘に不向きなため、序盤は温存しておこう。

テンションアップを狙う

ゼシカのテンションスキルは、メラミと同じ効果を持っており優秀。序盤では相手ユニットの除去として有用なほか、終盤では相手リーダーへのダメージ源として活躍する。そのため、タイミングを見極め積極的にテンションアップしていこう。

ユニットの配置を考える

相手リーダーや盤面、手札に合わせてしっかりユニットの配置を考えよう。例えばテリーが相手の場合、テンションスキル「稲妻の加護」やギガスラッシュで一掃されないような配置を心がける必要がある。

中盤の立ち回り0

とにかく展開

中盤でも序盤と変わらずにユニットの展開を重視しよう。MPが余ったらテンションそれ以外はユニット展開を重視して相手リーダーのHPをガンガン削っていけると良い。

火力を手元に集める

中盤であれば、相手のHPをそれなりに削れている頃合い。あとはメラミメラゾーマ等の特技やかげのきしなどの場持ちの良いユニットを用いて削りきる準備をしておこう。

終盤の立ち回り0

火力カードで一気に勝ち切る

メラミメラゾーマ、テンションスキルなどを組み合わせて、相手リーダーのHPを一気に削り切ることを狙おう。直接ダメージで攻めきれそうだと判断できる場合は、ユニット展開よりも特技カードのプレイを優先しよう。

アグロゼシカへの対策0

におうだちなどで攻撃を防ぐ

におうだちを持つガチャコッコなどを出して、身を守る動きが有効。敵が攻撃を躊躇している隙に、一気に盤面を取ってしまおう。また、テリーのたてまじんは、リーダーに対する攻撃に加えて、特技ダメージも減らせるので優秀な対策カードになる。

亡者のひとだまを意識

アグロゼシカの強さを支えているカードに亡者のひとだまがある。効果の対象にできないので、場に4点の火力を残すことを意識しよう。特にオークキングは、攻撃力4+貫通+回復と対策にうってつけのユニットだ。

対策としておすすめのデッキ

さらに詳しい勝ち方はこちら!

アグロゼシカに勝つ方法を解説

ドラクエライバルズ攻略の他の記事

ゼシカ(魔法使い)の他デッキはこちら

リーダー別デッキ集

デッキ評価

この記事を読んだ人におすすめ

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

掲示板

リセマラ

リーダー診断

デッキ情報

リーダー別

カード情報

全カード

リーダー(職業別)一覧

レア度別一覧

系統別一覧

必殺技

トークン

効果別

パック別

いざないの闘技場情報

闘技場まとめ

闘技場カード評価

闘技場10勝デッキ

初心者向け攻略情報

ナーフ/カード修正情報

大会情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中