ライバルズ
ドラクエライバルズ攻略
新カードパック「解き放たれし力の咆哮」の評価ランキング

【ドラクエライバルズ】新カードパック「解き放たれし力の咆哮」の評価ランキング【ライバルズ】

最終更新 :

ドラクエライバルズの新カードパック第2弾「解き放たれし力の咆哮」の評価ランキングを掲載しております。現在のランクマッチ環境から新カードを徹底的に分析して、評価をつけていますので、ドラゴンクエスト ライバルズでデッキを構築をする際にお役立てください。

目次

新カード一覧はこちら

【Sランク】評価の新カード

カード名説明

べびーぱんさー

ベビーパンサー
2コスト2/2
おうえん
実質モーモンを展開しながらテンションアップを行えるようなカード。かなり扱いやすく多くのデッキで採用されるカードだ。

しるびあ

シルビア
4コスト3/4
召喚時:お互いのリーダーのテンション+3
これまで負けていた相手とのテンション差を埋めることができるカード。強力な効果だが、相手が得してしまう可能性もあるため、状況を選んで使う必要はある。

びあんか

ビアンカ
5コスト5/5
スキルリンク:敵リーダーに3ダメージ
アグロゼシカをはじめとした、速攻系のデッキでの採用が検討できる。5コスト5/5のステータスを展開しながら、紅蓮の火球と合わせて6点ものダメージを叩き込めるのは強力だ。

ねるげる

ネルゲル
8コスト4/6
2回攻撃
自分のターン終了時このユニットが後列中央にいるならネルゲルの配下を1体出す
5/5と3/3の配下を出すかはランダムだが、悪くても合計ステータスが7/9と強力。2回攻撃も持つため、除去されなければ大きなアドバンテージを狙えるカードだ。

べろにか

ベロニカ
5コスト5/4
召喚時:ランダムな魔法使いの特技カードを手札に1枚加える
スキルブースト:+1枚
これまで使ったスキルの回数分、手札に追加される特技カードが増える。魔法使いの特技カードに優秀なカードが多いため、かなり強力だ。

あろーどっぐ

アロードッグ
2コスト3/1
召喚時:このカード以外の自分の手札が6枚以上ある場合敵1体に2ダメージ
除去を行いながらユニットを展開することができる。手札が6枚以上でなければ効果が発動しないことがネック。しかし、効果が発動すれば盤面を取ることに大きく貢献する。

しーめーだ

シーメーダ
3コスト3/3
おうえん
このユニットに自分が特技を使う度、味方リーダーのHPを1回復
標準的なステータスとおうえんを持つため、出すだけで4コスト分働きをしてくれるユニット。回復する能力も強力なため、様々なトルネコのデッキに採用しやすいカードだ。

もみじこぞう

もみじこぞう
5コスト2/2
召喚時:2/2のもみじこぞうを1体出す
スキルブースト:+1体
テンションスキルを使うほど、並べるユニット数が増える能力を持つ。1枚で盤面に展開できるのでウォール役としても優秀。しかし、全体除去カードに弱めなので注意が必要だ。

ロウ

ロウ
3コスト3/3
テンションリンク:味方リーダーのテンションの数と同じ効果が発動する
①カードを1枚引く
②ランダムな敵1体に2ダメージ
③3コストのユニット1体を出す
テンションリンクがいずれも強力なため、状況をあまり選ばず活躍してくれる1枚だ。どのような状況でも強力な効果が発動するのでミネアの様々なデッキに採用される。

Sランク注目の新カード

ネルゲル

強力なアタッカー

コストがやや重いものの、2回攻撃を行えるので上手く行けば8ものダメージを与えることが可能。また、攻撃力が4のため、アンルシアの効果を受けない点も優秀だ。

配下を場に出す

上記で記載したアタッカーとしての役割はもちろんのこと、ターン終了時にネルゲルの配下を場に出すことができるのも強力だ。におうだちを持つ3/3と5/5のどちらかが場にでてくるので、リーダーを守るのにも自身を有用な能力といえる。

ネルゲルの配下に関する情報はこちら

ベロニカ

特技カードを手札に!

スキルブーストの数に応じて特技カードを手札に加える効果をもつ。手札の補充が行えるだけでも優秀なカードではあるが、5/4とそこまで悪くないステータスで場に残ってくれる点も評価できる。中盤から終盤にかけて活躍してくれるカードだ。

多くのデッキで採用される

デッキとの相性などを気にせず、どのタイプのゼシカデッキでも採用が検討されるカード。ゼシカのデッキを構築する際にはほぼ確定で採用することとなる。

【Aランク】評価の新カード

カード名説明

きらーぴっける

キラーピッケル
4コスト4/4
召喚時:このターン中味方リーダーのテンションと同じだけユニット1体の攻撃力を上げる
4コスト4/4と悪くないステータスを持ちながら、自身のテンションと同じだけ味方ユニットを強化することができる。アグロタイプのデッキを中心によく見るカードだ。

ふろーら

フローラ
5コスト5/5
スキルリンク:ルドマンからの贈り物を自分の手札に加える
スキルリンクによって手札に加わるルドマンからの贈り物と組み合わせて使えば、実質6コスト5/7で優秀な効果を持ったユニット。コストがやや大きいが、色々なコンボが考えられる。

おくとせんとりー

オクトセントリー
5コスト5/5
貫通
味方リーダーの攻撃で敵ユニットを倒す度味方リーダーのHPを3回復
5/5/5とバランスの良いステータスを持ちつつ、メリット効果を備えている。アグロタイプのデッキ相手に活躍を見せる1枚で、環境によって評価が変わってくる1枚。

はじゃのつるぎ

はじゃのつるぎ
3コスト2/2
召喚時:横1列にいる全てのユニットに1ダメージを与える
召喚時に1ダメージを与えることが出来るため、武器の攻撃と合わせてユニットを倒しやすい。アグロデッキが多い環境であれば採用されることも増えてくるだろう。

でゅらん

デュラン
8コスト6/8
におうだち
自分のターン中味方のリーダーは攻撃力+2を得る味方リーダーのHPが15以下の場合代わりに攻撃力+4を得る
大型ユニットでありながらにおうだちを持つ優秀なユニット。リーダーの攻撃力を上げる効果も有効に働くことが多い。能力にムダがなく強力なカードだ。

すのーもん

スノーモン
2コスト2/3
死亡時:敵のランダムな空きマスに氷塊を1つ出す
氷塊を生み出す場所はランダムなものの、氷塊ゼシカ待望のカードだと言える。氷塊ゼシカであれば必須級の1枚だ。

ういんどまーじ

ウインドマージ
4コスト1/4
自分が特技を使う度ランダムな敵1体に1ダメージ
スキルブースト:コスト-1
みならいあくまのような能力を持ったユニット。優秀な能力を持っているため、テンポゼシカでは採用されることが多い。

はりせんもぐら

はりせんもぐら
1コスト2/1
死亡時:味方リーダーのテンション+1
標準的ステータスに加え、テンションを増やせる優秀な能力を持つ。速攻系のデッキなら特に優先して採用したいカードだ。

ふくめんばにー

ふくめんバニー
3コスト3/4
攻撃対象が敵リーダーの場合、武術カード1枚を手札に加える
テリーやゼシカのテンションスキルだけでは倒されないステータスが優秀なユニット。能力も悪くないため、多くのアリーナデッキに入るカードだ。

いやしのかぜ

いやしのかぜ
1コスト
おうえん
ダメージを受けているランダムな味方1体のHPを1回復する。これを2回繰り返す
リトルライバーンなどと組み合わせて使えば2回効果の発動が期待できる点は優秀だ。しかし、単体では使いにくさを感じるカードでもある。

ふくいんのつえ

福音の杖
2コスト 武器
テンションリンク:ダメージを受けているランダムな味方1体のHPを2回復する武器の耐久を-1する
ククールにとっては待望のダメージを受けることができる武器。攻撃力の低さやテンションリンクがやや扱いづらいことを考えても、様々なタイプのククールデッキでの採用が検討できる。

しあわせのつえ

しあわせの杖
2コスト
味方ユニット1体をコストが2高いランダムなユニットに変身させる
ユニットを変化させることができるため、HPが削れたユニットを有効活用することができる。ミッドレンジトルネコでは、コストが踏み倒せるバロンジャッカルを対象として発動する動きが強力だ。

きらーぐーす

キラーグース
2コスト3/3
おうえん
召喚時:相手は50%の確率でカードを1枚引く
高ステータスかつおうえん持ち。デメリットはあるが、確率発動であるためアドバンテージを生み出せることのほうが多い。

つむじかぜ

つむじかぜ
2コスト
合計3ダメージをランダムな敵に割り振る
スキルブースト:+1ダメージ
対象が固定されていないため、複数体の除去を狙えるカード。やや使いづらそうな印象を受けるが、スキルブーストで威力が上がるためコストパフォーマンスは高い。

しゃいにんぐ

シャイニング
3コスト3/4
召喚時:自分が次に使用する占いカードは発動する効果を選べるようになる
テリーやゼシカのテンションスキルでやられない体力4が非常に強力。その時点で高評価であるにもかかわらず、効果もそこそこ優秀。

つかいま

つかいま
3コスト2/2
死亡時:最大MPが1増える
MPブーストをする手段の一つとしてとても優秀なユニット。死亡時にMPブーストできることを考えると、封印などをされない限り発動する事ができるので、ほとんどのピサロデッキに採用される1枚だ。

ごんず

ゴンズ
4コスト2/4
おうえん
におうだち
召喚時:相手の手札が6枚以上ある場合+2/+2
おうえんを持っており、におうだちを持つ点は優秀だがステータスが低い点が少し気になる。しかし、手札を溜め込むデッキに対しては強力な1枚として活躍する。

【Bランク】評価の新カード

カード名説明

にーどるまん

ニードルマン
1コスト3/2
攻撃時:相手はカードを1枚引く
ステータスが1コストにしては高めだ。しかし、普通に採用する場合にはデメリットの効果の方が大きいため、アグロデッキで採用されることになるだろう。

むつでえび

むつでエビ
2コスト2/3
召喚時:相手の手札が3枚以下の場合HP+1とにおうだちを得る
アグロデッキに対して強い1枚。効果の発動条件が限られている点はネックだが、HPが+1されることでゼシカやテリーのテンションスキルで倒されない点は優秀。環境に左右されるカードではあるものの、見かけることも多い。

ふくぶくろ

ふくぶくろ
3コスト3/1
召喚時:両プレイヤーはカードは2枚引く
ドローを一気に進めることができる。キーカードを揃えるデッキタイプにとっては欲しかった1枚。ステータスが低い点には注意が必要だ。

うみぼうず

うみぼうず
4コスト3/3
ステルス
スキルブースト:攻撃力+1
スキルを使用する度に攻撃力を+1することができる。能力は優秀なものの、ギガスラッシュなどで倒されてしまうHPの低さが少し気になる。

でんでんりゅう

デンデン竜
6コスト4/6
におうだち
おうえん
同コストのガメゴンと比較して攻撃が1高く体力が1低い。おうえんを持っているため、スキルブーストを活用するデッキや、テンションスキルが強力なリーダーで採用したい。

ゆうれいせんちょう

ゆうれいせんちょう
6コスト5/6
死亡時:味方リーダーのテンションを全て消費する
消費した数と同じだけ2/2のシードックを出す
平均より少し低めのステータスではあるものの、2/2のシードックを最大3体場に出すことができる。1枚で盤面を構築できるため、展開力を意識したデッキでの採用を行いたい。

ぼーんふぁいたー

ボーンファイター
5コスト4/6
召喚時:自分のデッキと手札にある武器カードのコスト-1
5コストでありながらHPが高く、一方的にトレードされにくい。また、召喚時に雷鳴の剣などの武器カードのコストを下げる能力も非常に強力だ。

らせんうち

らせん打ち
2コスト特技
敵ユニット1体に2ダメージを与える
対象に隣接しているランダムなユニット1体に2ダメージを与える
複数体のユニットを狙える点が強力。アグロタイプのデッキに対して効果的に働くカードであり、環境によっては採用が検討できる。

なげきのぼうれい

なげきの亡霊
5コスト3/5
テンションリンク:コスト2以下のランダムな魔法使いの特技カードを手札に1枚加える
テンションリンクで追加する特技カードに有用なものが多い。おうえんを組み合わせて使うことで1ターンに2枚の特技カードを加えることもできるため、テンポゼシカを中心に採用を見かける。

とうこんうち

とうこん討ち
2コスト
おうえん
ユニット1体に2ダメージを与える
同じく同コストのタイガークローと比較すると、ダメージが1少ない代わりにおうえんがついている。どちらが優先かは環境に左右されるが、ミッドレンジやコントロールデッキであれば採用候補となる。

もりー

モリー
6コスト2/2
自分が特技を使う度味方リーダーのテンション+1
スキルブースト:+2/+2
かなり強力なステータスに育つこともあるため、フィニッシャーの1枚として採用が見込める。ただし、最低限2回はスキルブーストが出来ていないと貧弱になってしまうのはネック。

らんどげーろ

ランドゲーロ
2コスト4/4
召喚時:前列に召喚した場合攻撃力が1になる後列に召喚した場合HPが1になる
ステータスが召喚時に1/4か、4/1になる効果を持っている。しかし、復活などで召喚した場合には4/4のユニットとして召喚されるのでメガザルロックとは相性が良い。

ともしびこぞう

ともしびこぞう
4コスト3/5
死亡時:ランダムな敵1体に2ダメージ
スキルブースト:+1ダメージ
4/3/5と悪くないステータスを持ち、死亡時効果も有用。盤面の取り合いに弱いククールのデッキにぜひとも採用したい1枚だ。

せーにゃ

セーニャ
10コスト3/6
召喚時:対戦中に死亡した味方ユニット1体をランダムに復活させる
スキルブースト:+1体
スキルブースト分、復活するユニットが増える。復活させるユニットはランダムなため、弱いユニットが復活してしまう可能性があるため安定しないのが難点。コントロールククールなどのデッキに採用されるカードだ。

とろで

トロデ
4コスト1/1
このユニットに自分が特技を使う度、その特技と同じ効果が他の全ての味方ユニットに対しても発動する
トロデにしあわせのたねなどを使用すれば、場の味方ユニット全体に同じ効果を付与することができる。有利な盤面をより有利にできるカードだ。

あばれうしどり

あばれうしどり
1コスト2/1
占い:
①攻撃力+1と貫通を得る
②速攻を得る
占いによる効果がどちらも強力な1コストユニット。通常時ももちろんだが、超必中時にだすことができればより強力なユニットになる。

いんすぴれーしょん

インスピレーション
2コスト
おうえん
カードを1枚引く
1枚ドローできるが、カード単体で活躍できないのがネック。テンションリンクにより強力な効果を発動するレッサーデーモンと組み合わせて使うことで、大きなダメージを与えることができる。

れっさーでーもん

レッサーデーモン
3コスト2/4
テンションリンク:お互いのデッキの1番上にあるカードを比べ コストが高い方のリーダーに2ダメージランダムな位置にカードを戻す
スキルブースト:+1ダメージ
うまく効果が発動すれば、敵リーダーに直接ダメージを与えることができる能力を持っている。ランダム性が強いものの、低コスト帯を多く採用したアグロミネアではそこまでデメリットを気にすることなく扱える。

じゃしんののろい

邪神の呪い
2コスト
敵リーダーに3ダメージ相手の手札が6枚以上ある場合代わりに5ダメージ
ピサロのカードにしては珍しい相手のリーダーに直接ダメージを与える事ができるカード。相手にドローさせるふくぶくろなどと相性がよくアグロタイプのデッキに採用される。

どんもぐーら

ドン・モグーラ
7コスト4/6
テンションリンク:速攻 1/1ターン終了時に死亡するモグラの子分を出す
スキルブースト:攻撃力+1をモグラの子分は持つ
盤面に残ればモグラの子分を出し続けて、相手に盤面を譲らない強さを持っている。しかし効果を最大限活かすには、ブロックなどで使って、1ターン生き延びさせる必要がある。

【Cランク】評価の新カード

カード名説明

もこふる

モコフル
2コスト2/3
召喚時:味方ユニット1体を封印する
標準的ステータスを持ちつつ、味方ユニットを封印することができる。アンルシアの採用率が高いので、対策として機能する。

あるみらーじ

アルミラージ
4コスト3/3
速攻
即座に打点を稼げるため、速攻系のデッキでの採用が検討できる。ただし、ステータスが低いため扱いにくいのが難点。

めーだろーど

メーダロード
4コスト4/4
相手が特技を使う度その効果が発動する前に味方リーダーのHPを3回復
相手の特技が発動する前に回復できるというのがミソ。ステータスは低めだが、相手からすればメラミなどでのフィニッシュが阻止されてしまうため、鬱陶しい存在となる。

でぼら

デボラ
5コスト5/5
スキルリンク:自分の手札は全てレアリティが1つ上の別のカードに変わる
一発逆転の可能性を秘めた5コストユニット。魅力的な効果を持っているものの、ランダム性が非常に高く、扱いづらい場面も多いためこの評価となった。

めがとんけいる

メガトンケイル
12コスト8/8
スキルブースト:コスト-2
テンションスキルを複数回使用できれば、破格のコストパフォーマンスで出すことができる。しかし、ややコストが重い点がネック。

あいあんくっく

アイアンクック
3コスト2/4
召喚時:次のターン開始時まで味方のリーダーが受けるダメージ-1
スキルブースト:受けるダメージ-1
3コストにしては悪くないステータスを持っている。能力はアグロデッキやテンポゼシカなどの細かいダメージを出してくる相手に対して有効。

だーくらんさー

ダークランサー
6コスト5/6
貫通を持つ他の全ての味方の攻撃力+1
スキルブースト:味方の攻撃力+1
テリーはテンションスキルで貫通を持つので、このカードの効果の恩恵を受けれるのがポイント。とはいえ、基本的に使いづらく、優先したいほどのカードではない。

うぃっちれでぃ

ウィッチレディ
3コスト3/3
自分が特技を使って敵ユニットを倒す度味方リーダーのテンション+1
敵のユニットを特技カードで倒せばテンションを+1することができる。イオなどでユニットを一掃すればテンションも一気に上げる事ができる。しかし、ステータスが平凡なため倒されやすいことが難点だ。

まもののよびふえ

まものの呼び笛
3コスト
おうえん
ランダムなコスト1のユニットを1体だす
スキルブースト:ユニットのコスト+1
おうえんの効果でテンションを上げながら、ユニットを出すことができる特技カード。しかし、初期コストが1であるため強力なユニットに期待しづらく、出すユニットがランダムなため、この評価となった。

ふろーずんりんく

フローズンリンク
4コスト
氷塊に隣接する敵ユニット1体を氷塊に変える
4コストで敵のユニットを実質除去しながら、新しい氷塊を展開できる。コントロールに重きを置いた氷塊ゼシカであれば、優先して採用されるカードだ。

めらがいあー

メラガイアー
12コスト特技
8ダメージを与える
スキルブースト:コスト-1
コストこそ12とかなり重めだが、与えるダメージが申し分ない。主にコントロール系統のデッキで使用される。

めいそう

めいそう
1コスト
味方リーダーのHPを5回復
1コストでHPを5も回復できる点は優秀。しかし、このカードでアドバンテージを得づらく、デッキの枠も圧迫してしまうことを考えるとほとんど採用されない。

ぱわーなっくる

パワーナックル
3コストの武器
味方ユニットの攻撃対象が敵リーダーの場合、味方リーダーのテンション+1、武器の耐久値を-1する
この武器自体の攻撃力が1と低く、敵ユニットを倒すのが難しい。さらに、テンションと引き換えにこの武器の耐久値を減らしてしまうのが痛い。活かすのがかなり難しいため、採用例は少ない。

でゅらはんないと

デュラハンナイト
5コスト1/4
召喚時:このユニット以下の攻撃力を持つ敵ユニット1体を相手の手札に戻す
スキルブースト:攻撃力+1
場に出しつつ、敵ユニットを手札に戻せるため、テンポを取りやすいカード。しかしスキルブーストが進んでいなければ、小型のユニットしか戻すことができないため、扱いづらい場面も多い。

いっかつ

一喝
10コスト
全てのユニットをお互いの手札に戻す
スキルブースト:コスト-1
全てのユニットを戻す能力で盤面をクリアにすることができる。閃光烈火拳に向けての時間稼ぎにつかうことはできるが、閃光烈火拳を使ったデッキの立ち位置が悪いことがやや痛手。

ほうおう

ほうおう
7コスト6/7
他の全ての味方ユニットのHP+1
スキルブースト:味方ユニットのHP+1
自分を除く味方全体のHPを底上げすることができるので、有利な交換に持ち込みやすい。しかし、盤面を制圧し続けることが難しい僧侶のカードであるため、この評価となった。

たたかいのどらむ

たたかいのドラム
7コスト
すべての味方ユニットの攻撃力+1
スキルブースト:攻撃力+1
場に味方ユニットを展開できていれば、大ダメージを狙えるカード。しかし、コストが高いため、デッキを組む際には手札の事故に気をつけたい。

まじゅつしのたろっと

魔術師のタロット
3コスト
占い:
①デッキの1番上のカードのコスト-4
②デッキの1番上のカードを手札に加える
さらにそのコピー1枚を手札に加える
いずれの効果も強力な占いのカード。超必中モードで大型ユニットを引いてくることができれば大きなアドバンテージとなるが、扱いづらい場面も多い。

ぐんたいあり

ぐんたいアリ
1コスト1/1
死亡時:アイアンアントをこのマスに出す
死亡時にアイアンアントを出すため、場持ちの良いユニット。ただし、効果発動前のアイアンアントの攻撃力が0で、自分のターンがまわってくる前に一方的にやられてしまいやすいのはネック。

げま

ゲマ
5コスト3/3
ステルス
相手がデッキからカードを手札に加える度そのカードのコストを+1敵リーダーに2ダメージ
ゼシカやミネアなどのリーダーに対して非常に有効なカード。ステルスも合わせ持っているため、除去できるカードがなければ、凶悪な働きを見せる。

【Dランク】評価の新カード

カード名説明

すうぃーとばっぐ

スウィートバッグ
3コスト3/3
テンションリンク:前にいる味方ユニットに貫通 ねらい撃ち 2回攻撃のいずれか1つを付与する
2回攻撃を付与できれば強力だが、ランダム性がやや気になる。3コストともなると他に優先したいカードが多いことや、前後に並べることで貫通が効いてしまうことを考慮しこの評価とした。

がーごいる

ガーゴイル
4コスト4/3
ねらい撃ち
おうえん
体力が3しかないため、テリーやゼシカのテンションスキルで簡単に倒されてしまうのがネック。使用されることは少ない。

くものだいおう

くもの大王
5コスト5/5。
召喚時:次のターン相手プレイヤーはテンションスキルを使用できない
悪くないステータスを持ちつつ、相手の動きを妨害できるユニット。しかし強力な場面が限られるため、この評価に落ち着いた。

きんぐみみっく

キングミミック
6コスト8/7
死亡時:相手はランダムなレジェンドレアカードを1枚手札に加える
コストに対してステータスが高いがデメリットが非常に大きい。封印トルネコなど、自身のユニットを対象に封印を行うデッキでの採用が主になる。

しんそくのけんあつ

神速の剣圧
1コスト
おうえん
ユニット1体を1マス下に移動させる
おうえんがついているのでコスパとしては十分だが、この効果のためにカードを1枚使うと考えるとやや弱い。

くびかりぞく

くびかりぞく
4コスト4/4
味方リーダーの攻撃で敵ユニットを倒す度味方リーダーのテンション+1
能力は悪くないが、同コストにたてまじんを筆頭に強力なカードが多い。また、効果の発動が限定的であることを考えると採用されることは少ない。

しっぷうじんらい

疾風迅雷
3コスト
敵ユニット1体に2ダメージを与える
スキルブースト:+1ダメージ
スキルブーストを発動する度にダメージ+1される魔法使い専用の特技カード。除去カードとしては優秀だが、コストが重いため採用しにくい。ロングゲームの多い環境では採用される可能性がある。

むねんむそう

無念無想
4コスト
このターン中自分の特技カードのコスト-1
特技カードのコストを下げ、1ターンで大量にプレイすることで閃光烈火拳での大ダメージを狙いやすくなる。ただし似た能力を持つナイトフォックスのほうがコストは高いものの使いやすいため、このカードはあまり使われない。

にふらむ

ニフラム
4コスト
攻撃力2以下の敵ユニット全てを死亡させる
ククールに欲しかった序盤に使える全体除去カード。しかし、今回のカードパックで低コストで攻撃力3以上のユニットが増えたため、思っているよりも活躍する機会は少ない。

かろん

カロン
6コスト
テンションリンク:対戦中に死亡したランダムなユニットを手札に1枚加える
効果の対象となる死亡したユニットがランダムなため、安定した活躍は望めなさそうだ。しかし、高コストのカードを手札に加えたときのアドバンテージは大きいため、安定したククールのデッキが組めれば採用される可能性もある。

ざおりく

ザオリク
6コスト
コストが最も高いランダムな味方ユニット1体を指定の味方マスに復活させる
ザオラルと違い、高コストのユニットを狙って復活させられる点は優秀だ。しかし、このカードを使う以前に高コストのユニットが死亡していなければ、強みが生かせないため使いづらさが目立つ。

はがねのそろばん

はがねのそろばん
4コスト1/2武器
スキルブースト:攻撃力+1
スキルブーストを数回行うと攻撃力が高くなるが、4コストと重め。他に優秀な武器が多いことから採用されることは少ないだろうか。

へんげのまきもの

変化の巻物
3コスト
横1列にいる敵味方全てのユニットをコストが1低いランダムなユニットに変身させる
相手ユニットを変身させるユニークな巻物。しかし、3コスト支払う分のテンポロスが痛いほか、効果がどのように働くかもわからないため、かなり使いづらい。

まっするうーたん

マッスルウータン
6コスト5/7。
テンションリンク:前後にいる味方ユニットの攻撃力+2
6コスト5/7とHPが高めなユニット。テンションリンクによる前後の味方ユニットを攻撃力+2という効果も悪くない。しかし、コストが重いため採用されるデッキが限られる。

ぐしゃのたろっと

愚者のタロット
4コスト
占い:①全ての敵ユニットの攻撃力を1にする
②全ての敵ユニットのHPを1にする
4コストで使える全体対象の特技カード。場の敵ユニット全体に効果が発動する点は優秀だが、この1枚だけでは完全に除去できないところが扱いづらい。コントロールミネアに採用される可能性はありそうだ。

わかめおうじ

わかめ王子
6コスト5/5
召喚時:デッキの1番上のカードのコストが奇数なら対象に3ダメージ偶数なら対象を+2/+2
デッキの一番上にあるカードのコストの違いで効果も変わるカード。いずれの効果も狙って発動できれば強力だが、狙った効果を発動できるようなデッキに入れる必要がある。

じゃみ

ジャミ
4コスト5/4
召喚時:相手の手札が6枚以上ある場合縦1列にいる全ての敵ユニットを次のターン終了時まで攻撃不能にする
召喚時の効果が発動すると敵ユニットを止めつつ、ユニットを展開することができる。しかし、アグロデッキに対してはあまり活躍できないため採用されるデッキは限られる。

まおうのごうれい

魔王の号令
4コスト
両プレイヤーは手札からランダムなユニット1体を場に出す
非常にランダム性の高いカード。上手くいけば早期に大型ユニットを展開できるが、逆に相手に出されてしまうケースも考えると扱いづらい。

まりょくのいずみ

魔力の泉
4コスト
おうえん
両プレイヤーはお互いのリーダーのテンションの数と同じだけカードを引く
テンションを上げつつ、ドローを進めることができるカード。最大で3枚ドローできるが、相手もテンションがたまっていると旨味が少ない。使い所は難しいカードだ。

【Eランク】評価の新カード

カード名説明

もこっきー

モコッキー
1コスト0/3
自分のターン終了時このユニットのHPを1回復
攻撃力が0のため、このカード単体で活躍することができない。単体性能の低さからほとんど使われることはない。

くみひもこぞう

くみひもこぞう
1コスト1/1
スキルブースト:攻撃力+1
効果は悪くないが、素のステータスが流石に低い。特に先攻の場合1/1として運用することが多くなりそうなのでやや頼りない。

びーんふぁいたー

ビーンファイター
1コスト1/2
死亡時:相手リーダーのテンション-1
死亡時に相手のテンションを-1することができるため、1コストを払うことで1コスト分の損をさせることができる。ランプピサロなどに採用が検討できるカードだ。

はえおとこ

はえおとこ
2コスト3/3
死亡時:相手リーダーのテンション+1
ステータスの高さにより、序盤の盤面を取りやすい。しかしデメリット効果が痛くほとんど採用されない。

さぼてんぼーる

サボテンボール
2コスト3/1
テンションリンク:お互いのリーダーに1ダメージ
攻撃的なステータスを持つ2コストユニット。メラゴーストなどの召喚時効果で撃破されてしまう体力1が痛く、ほとんど使われないカードだ。

どらむごーと

ドラムゴート
3コスト3/3
テンションカードを1ターンに2回まで使える
効果を活かそうと思うと5MP以上に出す必要がある。3コストカードでありながら、3MP時に出す動きや4MP時にテンションを上げながら出す動きは弱いと考えると使いづらいカードだ。

ないとうぉーかー

ナイトウォーカー
3コスト2/3。
自分のターン終了時、相手の手札が3枚以下の場合、攻撃力+1とステルスを得る
効果の起動ができれば、場持ちのよいアタッカーとして機能する。ただし相手に依存してしまう点がネックであり、ただの2/3のユニットになってしまう状況も多い。使いにくい面が目立つカードだ。

ぼる&ぶる

ボル&ブル
3コスト3/2。
2回攻撃
2回攻撃は有用であるが、ステータスの低さがかなりのネック。1コストユニットとすら相打ちになってしまうため、使われることはほとんどない。

ばる&べる

バル&べル
4コスト2/6。
自分のターン開始時、ボル&ブルが自分の場にいる場合、合体してバベルボブルになる
合体してバベルボブルになることができればかなり強力だが、条件がかなり厳しい。その条件の難しさから、使われることは少ない。

びっぐしーるど

ビッグシールド
2コスト
おうえん
次の自分のターン開始時まで味方リーダーが受けるダメージ-2
相手から受けるダメージを軽減するカード。使える状況が限定的である上に、このカードだけでは盤面に干渉しにくいことから、あまり採用されないカードだ。

ここうのけんぎ

孤高の剣技
3コスト
このターン中味方リーダーは攻撃力+3と受けるダメージを-3を得る
3コストで3ダメージ分を与え、受けるダメージを-3することができる特技カード。しかし、使える状況が限られている上に、3コスト帯カードには他に有用なカードが多いため、採用されることはあまりない。

べすきんぐ

べスキング
4コスト3/3
テンションリンク:2/1のスライムべスを出す
おうえんなどと合わせることで一気にユニットを展開することができる。しかし3コスト3/4のユニットが複数存在する点が痛いため、採用されることはほぼない。

たからのこばこ

宝の小箱
3コスト
おうえん
ランダムな商人の特技カードを手札に2枚加える
相手を予期せぬカードで一泡吹かせることができるかもしれないカード。しかし、有用なカードが引けるかは運次第なので安定せず、評価は低めとなった。

ようせいのしゅくふく

妖精の祝福
2コスト 特技
横1列にいる全ての味方ユニットを+1/+1した後それらのユニットのHPを2回復
場にユニットを並べることが出来ていれば、強力な1枚となる。しかし、ククールは盤面を取りにくいことを考えると使いにくい。

ぞうふくするやみ

増幅する闇
7コスト
ユニット1体に+4/+4
スキルブースト:コスト-1
テンションスキルを使うほど、コストが下がる特技カード。元のコストが重すぎるため、このカードが使えるターンには大型ユニットを出すことができる場合が多いこともあり、現状では採用しにくいカードだ。

ドラクエライバルズ攻略の関連記事

リーダー別デッキ集

デッキ評価

リーダー別カード一覧

全カード一覧はこちら

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(1件)
攻略メニュー

攻略情報

掲示板

リセマラ

新パック情報

リーダー診断

デッキ情報

リーダー別

カード情報

全カード

リーダー(職業別)一覧

レア度別一覧

系統別一覧

必殺技

トークン

効果別

パック別

いざないの闘技場情報

闘技場まとめ

闘技場カード評価

闘技場10勝デッキ

初心者向け攻略情報

ナーフ/カード修正情報

大会情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中