ライバルズ
ドラクエライバルズ攻略
コントロールククールの最新デッキレシピと立ち回り

【ドラクエライバルズ】コントロールククールの最新デッキレシピと立ち回り【ライバルズ】

最終更新 :
ライバルズ攻略からのお知らせ
新カードが続々登場!新カード評価ランキング!

「コントロールククール(僧侶)」の最新デッキレシピの記事になります。デッキの概要やキーカードの紹介はもちろん、入れ替え候補、マリガンを含めた立ち回りも掲載しています。デッキ構築の際にご活用してください。

目次

ククール(僧侶)の他デッキはこちら

ククール(僧侶)のデッキ一覧

コントロールククールの評価と概要

コントロールククールの評価

評価8.5 / 10点
扱いやすさ★★★・・
他のデッキの評価はこちら

コントロールククールの概要

回復で粘り強く戦う

いやしの風福音の杖、テンションスキルで回復を行い粘り強く戦うデッキ。味方が回復する度に効果が発動するカードが多いため、延命を行いながら戦いを有利に進めていくことができる。

大型ユニットでのフィニッシュを狙う

序盤・中盤は回復を活用して凌ぎ、終盤にセーニャなどの大型ユニットでのフィニッシュを狙いたい。また、どんぐりベビーがドロー効果を持っており、切り札の大型ユニットを引きやすくなっている。

コントロールククールの相性傾向

攻め手に欠けるか

基本的に受け身な構築なので相手のデッキにやりたいことをやらせてしまいがちだ。そのため、多くのデッキに対して不利となっている。しかし、氷塊ゼシカに対しては、氷塊を回復させることで回復時効果の発動が狙えることもあり、有利となっている。

コントロールククールのレシピ

作成コスト(錬金石)約25,200
デッキのじゅもん「ふきこんさんよる」
(有効期限:05/23 14:00まで)

デッキレシピの詳細

カード名レアコスト種類枚数
パワースナイプ1特技2枚
いやしの風1特技2枚
ボーンバット2ユニット2枚
どんぐりベビー2ユニット2枚
イエローシックル2ユニット2枚
福音の杖2武器2枚
ガチャコッコ3ユニット2枚
はぐれメタル3ユニット2枚
リトルライバーン4ユニット2枚
カミュ4ユニット1枚
ともしびこぞう4ユニット2枚
クリフト5ユニット1枚
ザキ5特技2枚
りゅうおう(竜王)7ユニット1枚
ザラキ7特技1枚
ベリアル7ユニット1枚
ネルゲル8ユニット1枚
シドー9ユニット1枚
セーニャ9ユニット1枚
デッキのじゅもんを発行

※リンク先のドラクエライバルズ(DQR)カードライブラリで、ご自身でデッキのじゅもんを発行してください。

キーカードと採用理由

カード名説明
いやしの風単体では扱いづらいものの、リトルライバーンなどと組み合わせることで驚異的なパフォーマンスを発揮する。またどんぐりベビーとの相性も悪くない。
リトルライバーン4コスト3/5のユニット。回復するたびにダメージを与えられるので、盤面制圧に長けたコントロールククールにおけるキーカード。
ベリアル7コスト6/6のユニット。敵ユニット全体に2ダメージ与えることに加え、「倒したユニットの数×2」回復することが出来る。小型の除去と回復を合わせ持つため、対アグロ~ミッドレンジタイプのデッキにおけるキーカードとなる。

入れ替え候補

カード名説明
イービルフライ4コスト3/4のユニット。体力寄りのステータスを持つユニットが多いため、効果が有効に働く場面は多い。カミュなどとの入れ替え候補。
アンルシア5コスト5/4のユニット。攻撃力の高いユニットを無力化させながらユニットを展開できる点が強力。4コストカードなどとの入れ替え候補。
フローラスキルリンクを発動できれば、処理を特技カードに頼っているゼシカなどに対して有利に戦いやすくなる。標準的なステータスを持つ点も優秀だ。カミュや高コストカードと入れ替え候補。 

コントロールククールのマリガン

1枚はキープしておきたいカード

パワースナイプ
2ダメージを与えられるため、盤面を取る際に活躍してくれる。先攻時の相手ユニットの展開を抑えられるのは非常に優秀だ。
どんぐりベビー
ドローソースとして有用な1枚。ステータスも標準値で使いやすい。見かけたらキープしたい。
リトルライバーン
味方が回復するたびに2ダメージを与えられるため、盤面の処理を狙える。コントロールククールの中盤を支えるユニットだ。

セットでキープしたいカード

はぐれメタル
メタルボディと速攻を活かして、有利な戦闘を仕掛けやすい。序盤の動きが見えているのであれば、セットでキープしておこう。

コントロールククールの立ち回り

序盤の立ち回り

相手ユニットの処理を優先

このデッキは終盤に勝つことを目指すデッキ。そのため、序盤は低コストのユニットや、パワースナイプなどのダメージを与えられる特技を使って、相手のユニットの処理を優先していこう。

回復系のカードは組み合わせて使うため温存

いやしの風などの回復系カードは、どんぐりベビーなど、回復することによって効果を発動するものと合わせて使いたいので温存しておこう。ただし、場のユニットを残すために体力を回復させるという用途であれば、使うのも悪くないだろう。

中盤の立ち回り

引き続き盤面を重視

フィニッシャーを召喚できる終盤に入るまでは耐えることがメインとなる。はぐれメタルともしびこぞうなど、優秀な効果を持ったユニットを活用して盤面の維持に注力しよう。

リトルライバーンの効果で小型処理

リトルライバーンは味方が回復する度 、ランダムな敵1体に2ダメージを与える効果を持つ。テンションスキルなどの全体回復と組み合わせて使えば、ダメージ効果の複数回の発動によって敵の小型ユニットを一気に処理できることも多い。

終盤の立ち回り

ベリアルで大量回復

▲アグロデッキに対しては起死回生の1枚。

敵の盤面にHP2以下のユニットが複数体並んでいる場合は、ベリアルをプレイして大量回復を狙おう。特に小型ユニットを並べてくることの多い速攻系デッキに対しては、ベリアルの効果で回復をしてからフィニッシャーを召喚していきたい。

フィニッシャーの召喚を狙う

シドーセーニャを出せる9MPになったら、そろそろ勝負を決めに行く頃合い。優先的にこれらのパワーカードを展開して盤面を制圧し、勝ち切ることを狙っていこう。

ドラクエライバルズ攻略の他の記事

ククール(僧侶)の他デッキはこちら

リーダー別デッキ集

デッキ評価

リーダー別カード一覧

全カード一覧はこちら

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


コントロールククールにおすすめのデッキは?

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(2件)
攻略メニュー

攻略情報

掲示板

リセマラ

新パック情報

リーダー診断

デッキ情報

リーダー別

カード情報

全カード

リーダー(職業別)一覧

レア度別一覧

系統別一覧

必殺技

トークン

効果別

パック別

いざないの闘技場情報

闘技場まとめ

闘技場カード評価

闘技場10勝デッキ

初心者向け攻略情報

ナーフ/カード修正情報

大会情報

その他

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中