刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火
刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火
刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火
TVアニメ『刀使ノ巫女』本編とリンク!刀使たちの能力を駆使した戦略的なバトルが楽しめる剣戟コマンドバトルRPG。

刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火の評価とアプリ情報

最終更新 : GameWith編集部
関連記事
ついに配信開始!スクエニ新作『とじとも』最強の部隊のつくり方
スクエニの新作「刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火」配信日決定!
まもなくリリース!?『とじとも』先行プレイレポート!

ゲーム概要

2018年1月から放送中のTVアニメ「刀使ノ巫女(とじのみこ)」の本編とリンクするコマンドバトルRPG
プレイヤーは、ゲームオリジナルキャラクターアニメのメインキャラクターたちで部隊を編成し、荒魂を討伐していく。

バトルはターン制。部隊に編成したメインメンバー全員のコマンドを選択すると行動開始となり、敵味方の素早さの順で行動していく。

メインメンバーのコマンドは「攻撃」「連携」「奥義」の3種類。メインメンバーと敵の荒魂には「斬」「突」「壊」の属性の三すくみがあるので、敵をタップして属性相性の良い敵にターゲットを変更しよう。

メインのプレイモードは、ゲームオリジナルキャラクターたちの視点からアニメと並行した物語が楽しめる「メインストーリー」。豪華声優陣によるフルボイスで、時にゲームとアニメがリンクするシーンもある。

ほかにも、御刀再生の素材などが手に入る「大荒魂討伐戦」や他のプレイヤーの部隊と対戦できる「演武大会」など、様々なモードが用意されているぞ。

ストーリー

古来、人の世を脅かしてきた異形の存在・荒魂御刀によって祓う神薙ぎの巫女。制服に帯刀が主な出で立ちの彼女たちは、刀使(とじ)と呼ばれる。

この春、全国から選りすぐりの刀使が集い、技を競い合う大会「御前試合」が催されようとしていた。

岐阜にある美濃関学院の代表として鎌倉にある試合会場へと向かう可奈美と、校内予選で可奈美に敗れ、彼女を見送る美炎。友であるふたりの刀使は再戦の約束を交わした。

コマンド選択

メインメンバーの攻撃コマンドは「攻撃」「連携」「奥義」の3種類。「攻撃」を選択すると、通常攻撃が発動する。

必要なターン数が経過して奥義ゲージが貯まると「奥義」が発動可能だ。「奥義」はメインメンバーごとに異なり、敵への強力なダメージにプラスして強力な効果を持つものが多くある。

「連携攻撃」は「攻撃」を選択したメンバーを起点に、1体の敵に対して複数のメンバーが連続して攻撃する強力な技。メインメンバーの誰かが「攻撃」コマンドを選択すると、次のメンバーからは「連携」も選択できるようになる。

本作では、メインメンバーのアイコンをタップすることで、コマンド選択のメンバーを切り替え可能。「連携攻撃」の起点を自由に選択できるぞ。

サポートスキル

バトル中に、サポートメンバーのスキルを発動させることが可能だ。メインメンバーのコマンド選択の間に、スキルの発動予約をしよう。

スキルの発動にはターンごとに自動回復するSPを消費し、最大3名分を同時に発動できる。サポートメンバーはランダムでピックアップされ、使用すると最大3名になるまで1ターンに1名ずつ補充されていく。

メインメンバー

メインメンバー
拡大する

レベルアップ、ベースアップなどには、それぞれ異なる専用の強化素材を消費する。

メインメンバーはゲーム・アニメのメインキャラクターたちで、ガチャから入手していく。同じキャラクターでも衣装やレアリティの異なるカードが複数用意されており、ステータスや奥義などのスキルが異なる。

メインメンバーは、成長ボードのマスを解放することで最大80までレベルアップし、解放したマスに対応するステータスが上昇する。ステータス全体を大幅に底上げする「ベースアップ」「奥義」のレベルアップ、成長ボードのフリーマスを解放する「覚醒」などがあり、細かな育成ができるぞ。

サポートメンバー

サポートメンバーは「レベルアップ」「限界突破」で強化していく。

他のサポートメンバーのカードを素材として消費することで経験値を獲得し、レベルアップ可能だ。同じ学校に所属するキャラクターのカードを合成すると経験値が1.2倍になる。

同じカードを素材として消費すると限界突破し、レベル上限値がアップ。限界突破は最大5回、10レベルの上限値アップができる。

編成

部隊はメインメンバー4人+サポートメンバー8人最大12人編成。部隊にはコスト制限などはなく、好きなカードを編成することができる。

メインメンバーは選んだ「陣形」「隊列」に応じてステータスがアップする。また、前列のキャラは敵の前列・後列に攻撃できるがダメージを受けやすく、後列のキャラは敵の前列にしか攻撃できないがダメージを受けにくい

装備

メインメンバーの部隊に編成することで「御刀」「護符」「補助」の3種類を装備することができる。

「御刀」は、御刀ごとに用意された「赤羽刀」とそれぞれのレシピに応じた素材を消費して「御刀再生」をすると手に入る。「鍛治鎚」を消費することで強化も可能。

「護符」は主に「守勢」のステータスが上がり、さらに状態異常耐性が付与される。「補助」に装備するのは部隊に編成していないメインメンバーのカードだ。

着替え

ゲーム・アニメのメインキャラクターたちの着替えを楽しむことができるぞ。衣装はガチャなどで特定のカードを獲得した時に手に入ることがある。

衣装を着替えるとバトルで登場するメインメンバーの衣装が変化する。着替えの画面では、ポーズを切り替えたり回転ズームをして、好きなキャラクターを好きな角度から観察できるほか、「じっくり見る」のボタンをタップすると縦画面表示となりより大きく見ることができる。

このゲームの評価

◯ここがGOOD!

  • 戦略性の高いコマンドバトルだが、時間制限がなくじっくり考えながらコマンドを選べるのがいい。
  • メインストーリーがフルボイスでリッチ。ゲームとアニメがリンクしているので、両方のストーリーを見ることでより世界観を楽しめるのがファンには嬉しい。

×ここがBAD・・・

  • 御刀や護符などの装備を集めるのがやや大変な印象。

紹介動画

刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火をプレイしたユーザーのレビュー。

  • やと

    良い点:現状3属性のみのため編成がしやすい。また、オートシステムを採用しているため他のゲームをやりながらできる。
    悪い点:キャラクター、サポート、武器の3つを育成する必要がある。つまり、育成が大変。

    まとめ:4月からアニメが放映されることから、アニメとゲームの両方でそれぞれ展開していき、そこからこのコンテンツ自体にシナジーを生み出す可能性が高い。今後に期待できるタイトルであると感じた。

  • 悲甲

     キャラ、ストーリー、システムで評価します。

     キャラはデザインは可愛く、個性もあり今時のゲームとしては申し分ないと思われます。また、メイン、サポート関わらずちゃんと設定が存在し、それなりに考えられていると見ることが出来ます。

     ストーリーはアニメと繋がっていますが、基本的にアニメとは個別の物語なのでアニメ見ていなくとも楽しめます。

     ゲームシステムは使い古しのコマンド系、強化はツリー式。評価不能です。

     評価は最低☆1~最大☆5として、
    ・キャラ☆5
    ・ストーリー☆5
    ・ゲームシステム☆1
     総評価は☆4とします。

  • エミル

    バトルは単調なターン制バトル
    カットインやキャラが動く奥義などがあるものの、それ以外のバトル要素が非常に低い水準。

    さらにUI含む各要素が、非常に見にくい・分かりにくい。
    バトル画面は80~90%がアイコンやキャラ画像で埋まっていて圧迫感がある。
    強化画面だとキャラ絵が背景なのに、ストーリー選択だとボタン扱いになっていたりする。

    アニメを同時放映しているらしいので、そちらが刺さったユーザーしか見向きしないと思われる。

    自分は20分で耐えきれなくなった。

会社 SQUARE ENIX
ジャンル ベーシックRPG
ゲーム
システム
コマンドバトルRPG
タグ
リリース
iPhone:2018年03月19日
Android:2018年03月19日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
ニンテンドースイッチ
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す
注目記事
特設ページ
CAグルーブ新作ポータル
タグから探す