サーフィンが題材の青春群像劇『WAVE!!』配信開始!

サーフィンが題材の青春群像劇『WAVE!!』配信開始!

最終更新 : GameWith編集部

青春の波に乗れ!サーフィンの快感を楽しめる育成ゲーム『WAVE!!』配信開始![PR]

3/1に配信を開始した、青春感満載のサーファー育成ゲーム『WAVE!!~波乗りボーイズ~』

本作は『WAVE!!』という劇場アニメTVアニメとして展開中のメディアミックスプロジェクトのゲーム版となっている。

『WAVE!!』プロジェクトは、茨城県の大洗を舞台に、サーフィンに青春をかけるイケメン男子たちの友情や情熱を描いていく作品。

本作においては本編をなぞっていくメインストーリーの他、映画やアニメでは描ききれなかったストーリーを深堀りして収録しているのが特徴だ。

ただ筆者はサーフィンはおろか、こういった育成ゲームへの知見もゼロの完全場違いマン

それでも、本作のストーリーやゲームの爽快感や熱量の高さに浸るうちに、自然に「サーフィンやりてー!」と思ってしまうほどの魅力がこのゲームにはあった。

今回はそんな本作をプレイしてみて気づいた面白いところを余すことなく語っていこうと思う。

サーフィン尽くしの育成要素!イケメン男子たちの成長を間近で見届けよう

まず何はともあれ「サーファーを育成する」とはどういうことか、確認していこう。

本作においては、各選手たちの「パワー」「テクニック」「センス」という3項目を成長させ、レベルを上げていくことを指す。

▲能力値はこんな感じ。

各能力を成長させるためには、キャラクターにそれぞれ対応した「ゼリー」を与えよう。

▲パワー、テクニック、センス、それぞれの項目ごとにゼリーが存在。

▲ゼリー303個を一気に食べさせようとする鬼畜。

そんなゼリーを入手する手段は主に2つ。以下でそれぞれを見ていこう。

練習の日々を日誌でつづるトレーニング

本作をプレイする上で最も重要になりそうなのが、この「トレーニング」モード。

5人のキャラを編成し、各キャラの10日あまりの練習を「日誌」の形で追っていくという斬新な形式が目を引く。

▲勉強が苦手なキャラも一生懸命日誌を書いていると思うと、ちょっとニマッとしてしまう。

トレーニングを選択したあとはオートで練習を開始してくれるため、小難しいことを考えなくても進められるのが嬉しい。

キャラのスキル効果や、課題達成などで報酬にボーナスがかかり、より効率よく育成することが可能だ。

後述のメインストーリーを解放するためには、キャラのレベルやプレイヤーのレベルが重要なので、編成を工夫して、できる限り充実した練習を目指していこう。

3種のミニゲームが遊べるアクティビティ

「アクティビティ」というミニゲームをこなすことでもゼリーを獲得することができる。

どれもがちびキャラの動きや反応が可愛らしいものになっているので、それぞれを以下で見ていこう。

◆波トレ

「波トレ」では、サーフボードで波に乗りながら、下から上がってくるアイテムを拾い集めていく。

キャラは自動で進むため、左右にターンしたいタイミングが来たらフリックを決めて切り返そう。

▲ターンするタイミングが難しく、完璧にアイテムを取りきるのは至難の技。

◆クリーニング

浜辺に打ち上げられたゴミや海藻、カニなどをタップで掃除していく「クリーニング」

カニやヤドカリなどの大物は何度もタップが必要になるので、スマホを床などに置いて挑戦するのが良いかもしれない。

▲本編でもマナーアップに関する描写があったりと、非常に海への配慮が感じられるのも好感がもてるポイント。

◆ワックスアップ

左右に動くボールを真ん中付近で止め、上手にワックスがけをしていく「ワックスアップ」モード。

タップしてから止まるまでの時間差が存在するため、うまくタイミングを予測して、高得点を狙おう。

推しキャラの物語を堪能できる!充実ボリュームのストーリーモード

お次はストーリー部分についてご紹介。

本作のシナリオは、さまざまなキャラの目線から「青春の爽やかさ」「サーフィンの楽しさ」を間近に感じられるのが魅力。

収録する物語も多彩かつ大ボリュームとなっているので、具体的にどんなものがあるか以下で確認していこう。

サーフィンに熱中する青少年たちを描くメインストーリー!

物語は主人公「陽岡マサキ」がサーフィンに出会い、その魅力にのめり込みながら成長していくさまを中心に描く。

そんなマサキを取り囲むサーファーたちも個性が強く魅力的な人物ばかりで、彼らのやり取りを見ているだけでも面白い

▲明らかに番長やってるだろみたいなキャラが実は学者の息子で、超成績優秀だったり。

▲王子様みたいなキャラにもちらちらと影があったりと、キャラの深みが感じられるシナリオ。

詳しくは記事下部の「キャラクター」に関する項目で紹介していくので、是非目を通してほしいぞ。

また、ストーリーの合間には、ちびキャラを操作して楽しむサーフィンゲームも搭載。

画面に現れるアイコンを、タイミング良くタップしていき、目標のスコアを越えたらクリアというシンプルなルール。

序盤をプレイした限り、難易度的にはリズムゲーが苦手でも全く問題ないくらい簡単。

だがこれが丁度いい息抜きになるので、シナリオを非常に読み進めやすくしてくれている。

アニメで描かれなかった物語も満載!

メイン以外にも、各キャラや関係性にスポットを当てた数々の物語を用意。

特に「キャラストーリー」では、キャラ1人1人の日常の姿や、普段とは違った一面を垣間見れるのでオススメ。

「ユニットストーリー」は、キャラ個人ではなく、複数人にフィーチャーした物語。

推したちの仲良しな姿が見たい人や、意外な組み合わせを見てみたい人にはたまらない内容となっている。

▲これからホワイトデーや水着イベント(既に水着だが)などもあると思うと楽しみが膨らむ。

他にも期間限定の「イベントストーリー」もあり、時季に合わせて色んなシナリオを楽しめるようになっているようだ。

▲ストーリーで見たスチルは全てここに保存されていくぞ。

そしてなんと、コレクター心をくすぐるアルバム機能も搭載。

推したちの思い出の姿を永遠に残しておけるなんて、率直に言ってエモエモのエモ...!

水に映えるイケメン大集合!豪華声優陣が息を吹き込むキャラクターたち

この項目では、本作に登場するキャラクターについて紹介していく。

サーフィン男子ならではの爽やかさや、声をあてる豪華声優陣にも注目して見てほしい。

陽岡マサキ(CV:前野智昭)

▲本作の主人公で、飛び抜けた天然っぷりを誇る単純マン。コーギーというあだ名がぴったりな、犬のような見た目と人懐っこさがある。

秋月ショウ(CV:小笠原仁)

▲おとぎの世界から飛び出したようなTHE・王子様キャラ。マサキやナルとサーフィンをゆるく楽しんでいるように見えるが、その腕前は全国トップレベル。

田中ナル(CV:中島ヨシキ)

▲ハワイアンの母をもつ陽気な二枚目。日常会話のなかで急にウクレレを持って歌ったりするが、極めて常識人の秀才タイプ。ギャップだらけ...!

松風ユータ(CV:白井悠介)

▲日本各地の波のデータを集めて競技に活かすという、かなり前衛的な数字男子。めちゃくちゃ礼儀正しくてイイやつ。

厳名コウスケ(CV:佐藤拓也)

▲肘を壊して野球からサーフィンに転向した、熱血硬派な少年。いつも鍛錬を欠かさないストイックさは本作でも随一。

木戸ナオヤ(CV:土岐隼一)

▲大分在住で、アニメを都会でリアタイ視聴したいがために大会に出ているというクレイジーっぷりを発揮するオタサーファー。個人的に一番気になっている。

森ウィリアム聡一郎(CV:森久保祥太郎)

▲サーフィンが大好きで、その発展に全力を尽くし、大会を主催したり選手を支援したりするお金持ちサーファー。端正なルックスと泣きぼくろの相性が良すぎる。

フケ倫道(CV:岡本信彦)

▲日本で最高のサーファーと呼ばれる俺様系。独自の美学とパーフェクトすぎるスペック持ってるキャラって絶対人気出るやつやん...!

まとめ

冒頭でもお話したとおり、筆者はサーフィンについてほぼ知識ゼロ

なので、本作をプレイするときも期待と不安が五分五分に混在していた。

そんな不安をかき消したのが、本作のストーリーにおける丁寧な描写。特に強く惹かれたのが、主人公マサキが初めてサーフィンをする場面だ。

ズブの素人であるマサキの姿に、筆者自身が重なったことで、海へ向かう恐怖感や波に乗る楽しさ高揚といった感情の移り変わりがダイレクトに伝わってきた。

本来ならば忌避されそうな、サーフィンの難しさについて語るシーンもあるが、そういった「サーフィンのハードルの高さ」がかえって主人公への共感を深めているように感じた。

プレイする人の多くがサーフィン未経験者であろうと思うが、筆者のように全く知らなくても楽しめる作品であることは保証できる。

いや、むしろ全く知らないからこそ、新鮮な気持ちで純粋にサーフィンの魅力を享受できるのかもしれない。

気づけば海に行くことさえ億劫な筆者が「サーフィンやりてー!」となっている始末。

男性女性、経験未経験を問わず、"青春"を感じたいすべての人にプレイしてみてほしい。

©wave project
©Techcross.

WAVE!!~波乗りボーイズ~をプレイしたユーザーのレビュー。

  • きょうきん

    「サーファー育成ゲーム」という物珍しさに釣られてプレイ。
    ゲームシステムとしてはジャンルの通り。サーファー男子たちを練習させて、能力を上げて、本番(ストーリー)に挑むといった感じ。シンプルで分かりやすいのが嬉しい。

    ただ肝心の育成やサーフィンのやりごたえが薄く、人によっては退屈に感じてしまうかもしれない。

    シナリオは王道の青春スポーツもので面白かった。(まだ序盤のほうですが)
    一生懸命サーフィンに励むキャラクターたちに、心が浄化される感じ。青春、尊い。

WAVE!!~波乗りボーイズ~に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

会社 テクロス
ジャンル 経営・育成シミュレーション
ゲーム
システム
キャラクター育成
タグ
リリース
iPhone:2021年03月01日
Android:2021年03月01日
価格
iPhone: 無料
Android: 無料
現在のページ
おすすめゲームアプリ
配信予定のゲームアプリ
事前登録
PS4
Nintendo Switch
PS5
リリース時期からアプリを探す
ジャンルからアプリを探す