遊戯王DL
遊戯王デュエルリンクス徹底攻略ガイド
ミレニアムスコーピオンの効果について
質問と回答
解決済み

ミレニアムスコーピオンの効果について

ミレニアムスコーピオンを2500まで強化したのちハーフシャットで1250に落として敵の攻撃から生き残らせたら次ターンで攻撃力が元の2000になっていました。なぜですか?
関係ないかもしれないですが一応盤面を添えておきます

これまでの回答一覧 (3)

としゆきさんが引用している遊戯王カードwiki『ステータス』に記載されていますが、同じページの
「これら(ステータスの変動)は効果が終了したり、消滅したりした際には元の状態に戻る。ただし、数値を指定するタイプのものが上書きされている場合、前の状態が永続カードによるものでなければ、数値変動までは復活しない。」
のほうが直接このケースに該当すると思います。残念ながらミレニアムスコーピオンの攻撃力上昇はリセットされます。

注意すべきは、ミレニアムスコーピオンという「発動する効果」によるステータス変動に対し、ハーフシャットという「数値を指定する効果」により変動したから起こるものだという点です。
実際見慣れないケースだからこその質問だと思いますが、先に適用されている効果が永続的な効果(装備、フィールド、機械王など永続効果)の場合、後から適用された効果が攻撃力をアップ・ダウンさせる効果の場合(老化の呪いなど)のどちらでも、先の効果による攻撃力上昇は戻ってきます。

あと無人さんの説明はだいたい合ってると思いますが、ミレニアムスコーピオンの効果は起動効果ではなく誘発効果です。ただしどちらも「発動する効果」なので、結論に影響はありません。

遊戯王カードwiki 「ステータス」より

「発動して攻撃力・守備力がアップ・ダウンする効果」が適用されたあとに、「攻撃力・守備力が指定された数値になる効果」が適用された場合、その適用後に「発動して攻撃力・守備力がアップ・ダウンする効果」は再計算されない。

無人 Lv10

これはかなり面倒な話なので、ざっくりと解説します。

遊戯王においては、攻撃守備が「アップ・ダウンする」ことと、「~の値になる」という効果の処理は違います。
「アップ・ダウンする」効果の場合は純粋に増減させるだけでOKですが、「~の値になる」効果の場合、効果が終了、消滅した際には、起動効果によるアップダウンはなくなってしまいます。
(ハーフシャットやフォースの半分にする効果は、「~の値になる」効果として分類されているようです。)

ミレニアムスコーピオンの攻撃アップ効果は「相手モンスターを破壊して墓地に送った時」に発動する起動効果なので、ハーフシャットの「ターン終了時まで半分にする」という効果が終わったタイミングで消えてしまうのだと思います。

何度か裁定が変更されているのですが、現状ではこういうことだと自分は理解しています。

  • テケテケ Lv.14

    御三方ありがとうございます。

質問を投稿

遊戯王デュエルリンクスについて質問してみよう。

※荒らし対策のため、初回訪問から24時間は質問できません。

攻略メニュー