ライバルズ
ドラクエライバルズ攻略
奇数ミネアの最新デッキレシピと立ち回り

【ドラクエライバルズ】奇数ミネアの最新デッキレシピと立ち回り【ライバルズ】

最終更新 :
ライバルズ攻略からのお知らせ
勝敗を分析して、最強を目指そう!

「奇数ミネア(占い師)」の最新デッキレシピの記事です。デッキの概要やキーカードの紹介はもちろん、入れ替え候補、マリガンを含めた立ち回りも掲載しています。対策も紹介しているので、デッキ構築の際に参考にしてください。

▼奇数ミネアに勝ちたい方必見!▼

奇数ミネアに勝つ方法を解説

目次

ミネア(占い師)の他のデッキはこちら

ミネア(占い師)のデッキ一覧

奇数ミネアの評価と概要

奇数ミネアの評価0

評価9.5 / 10点
扱いやすさ★★★・・
他のデッキの評価はこちら

奇数ミネアの概要

コストが奇数のカードをメインに構成

占い師専用のカードにある「デッキの1番上のカードのコストが奇数だったら○○」という効果を活かしやすいように構築したデッキ。コストが偶数のカードを少なくし、奇数コストのカード多めで構成されているのが特徴だ。

息切れを起こしづらい

テンションスキルをはじめ、ミレーユアルカナバーストといった、手札の回転を良くするカードを多数採用している。これにより1コストを10枚採用しながらも、ジュリアンテゾーマといった高コストカードまで組み込むことに成功している。

奇数ミネアの相性傾向

五分以上に戦えるデッキが多い

ユニットでの戦いを主体としているが、ミレーユやテンションスキルにより、手札を維持しながら戦うことができ、コントロールタイプにも対等に渡り合える。インキュバスによるステータスの押し付けも強力で、多くのデッキに対して5分近くを取れる。

奇数ミネアのレシピ0

作成コスト(錬金石)約22,060
デッキのじゅもん「つとるんさなゆつ」
(有効期限:01/20 16:00まで)

デッキレシピの詳細

カード名レアコスト種類枚数
メラゴースト1ユニット2枚
いたずらもぐら1ユニット2枚
ゴースト1ユニット2枚
おばけキャンドル1ユニット2枚
モーモン1ユニット2枚
マポレーナ3ユニット1枚
キャットバット3ユニット2枚
タロットショット3特技2枚
ガチャコッコ3ユニット2枚
はぐれメタル3ユニット2枚
インキュバス3ユニット2枚
アルカナバースト4特技2枚
マミー5ユニット1枚
ミレーユ5ユニット1枚
アンルシア5ユニット1枚
りゅうおう(竜王)7ユニット1枚
ジュリアンテ7ユニット1枚
シドー9ユニット1枚
ゾーマ9ユニット1枚
デッキのじゅもんを発行

※リンク先のドラクエライバルズ(DQR)カードライブラリで、ご自身でデッキのじゅもんを発行してください。

キーカードと採用理由0

カード名説明
インキュバス3コスト3/3のユニット。召喚時にデッキの1番上のカードのコストが奇数なら+1/+1偶数なら-1/-1するという効果を持つ。奇数ならば3コスト4/4という破格のステータスを持つため、奇数ミネアにおけるキーカードの内の1枚となっている。
アルカナバースト4コストの特技カード。カードを1枚引き、そのカードが奇数なら6ダメージ、そうでないなら2ダメージを敵ユニットに与えるという効果を持つ。ドローを進めながら、ようじゅつしのような体力6のユニットを倒すことができる、奇数ミネアにおけるキーカードだ。
ミレーユ5コスト4/5のユニット。召喚時と攻撃時にドロー効果を持つ強力なカード。このデッキのドローソースとしてかなりの活躍が見込める。

入れ替え候補0

カード名説明
ワンダーフール4コスト4/4のユニット。召喚時にデッキの1番上のカードのコストが奇数なら+1/+1と貫通を、偶数なら-1/-1とにおうだちを得る効果を持つ。奇数ならば5/5で貫通を持つ、コストに対して非常に優秀なカードとなるため、奇数カードを多く採用したこのデッキと相性が良い。3コストカードと入れ替え候補。
さまようよろい5コスト4/3のユニット。前列に召喚した場合、ホイミスライムを後ろに出す効果を持つ。ホイミスライムをウォールで守れるため、アグロゼシカなど速攻系デッキに対して有効。3コストユニットやマミーとの入れ替え候補。
おばけトマト5コスト4/4のユニット。①②どちらの効果も大型ユニットの対策として有用だ。必中モードになるためのカードは採用していないものの、カードパワーが高く奇数であるということから採用が検討される1枚。3コストユニットやマミーとの入れ替え候補。

奇数ミネアのマリガン0

1枚はキープしておきたいカード

いたずらもぐら
序盤の展開役として1枚は持っておきたいカード。場に残ればコスト以上の仕事をすることも。
おばけキャンドル
死亡時に敵にランダムに1ダメージを与えることが出来る。1コストユニットとしてのステータスが悪くないので、序盤に活躍が期待できる。
ゴースト
1コスト2/1でステルスを持つ。ステルスを活かすことで、上手くいけば相手の2コストユニットとの交換も可能。
モーモン
1コストで2/2というステータスが非常に優秀。そのステータスにより、序盤から押していくことも、相手との有利な交換を狙うこともできる。
インキュバス
3ターン目に4/4というステータスを展開できれば、相手にとって大きな脅威となる。奇数ミネアを使う一つの理由とも言えるカードなので、積極的にキープしていきたい。

セットでキープしておきたいカード

はぐれメタル
メタルボディと速攻を持つため、相手の2コストや3コストユニットを一方的に撃破し、盤面の制圧が狙える。1コストユニットが1枚でも引けている場合にはキープしておきたい。

後攻時にキープしておきたいカード

メラゴースト
1ダメージを与える効果が敵ユニットの処理に有効。体力2のユニットとも相打ちになることができる。

奇数ミネアの立ち回り

序盤の立ち回り0

低コストのユニットを展開

1ターン目に1コストユニット、2ターン目に1コストユニット+テンションアップと、MPを使い切るように動けるのが理想。不利な交換をされにくい盤面を意識して戦っていこう。

基本的に奇数の効果が発動する

奇数カード28枚、偶数カード2枚で構成されているデッキなので、基本的には奇数効果が発動する。もし偶数が出てしまったら、という思いもあるかもしれないが、インキュバスは躊躇せず繰り出していこう。

中盤の立ち回り0

盤面を強固にしていく

召喚時&攻撃時に手札を補充できるミレーユなどの、強力な効果を持ったカードをプレイして盤面を強くしていくと良い。相手ユニットを一方的にとる有利交換をしつつ、余裕があるならば相手リーダーのHPを削っていこう。

堅実に相手ユニットを処理

中盤ではタロットショットアルカナバーストを使い堅実に相手ユニットを除去していこう。後続の大型ユニットに繋げるためにも、しっかりと除去しておきたい。ちなみにこのデッキは、テンションスキルで除去を確定でサーチする構築となっている。

アンルシアは可能な限り温存

アンルシアは、出来るだけ敵の切り札に対して使いたい。そのため、盤面で処理できたり、余裕がある時にはアンルシアを温存しよう。特に敵のゾーマに合わせて使えると、かなり有効だ。

終盤の立ち回り0

大型ユニットでプレッシャーをかける

後半では大型のユニットとなるゾーマりゅうおうで相手にプレッシャーをかけていこう。場持ちの良い強力なユニットを展開し、相手リーダーを削りきる動きを狙いたい。

特技カードが4枚しかないことに注意

デッキに特技カードが4枚しか入っていないので、それらを引ききった後にテンションスキルがやや弱くなる。もっとも、デッキに特技がなくとも、審判のタロットを手札に加えられるので、MPが余ったらテンションを上げておこう。

ドラクエライバルズ攻略の他の記事

ミネア(占い師)の他のデッキはこちら

リーダー別デッキ集

デッキ評価

リーダー別カード一覧

全カード一覧はこちら

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ

奇数ミネアにおすすめのカードは?

ライムギ
391990

【カード名】スキッパー

【理由】低コストが多いのでハンドアドバンテージがボードアドバンテージにつながりやすい。
ついでに序盤の事故も減る。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

掲示板

リセマラ

リーダー診断

デッキ情報

リーダー別

カード情報

全カード

リーダー(職業別)一覧

レア度別一覧

系統別一覧

必殺技

トークン

効果別

パック別

いざないの闘技場情報

闘技場まとめ

闘技場カード評価

闘技場10勝デッキ

初心者向け攻略情報

ナーフ/カード修正情報

大会情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中