スイッチ ポータル - GameWith(ゲームウィズ)
返校 -Detention-
最終更新 :

紹介記事

返校 -Detention- のゲームシステム

ゲームは不気味な雰囲気が漂う学校を探索する2Dホラーアドベンチャー。舞台は1960年代の台湾。ストーリーは少年と少女の出会いからスタートする。

プレイヤーは主人公を操作して、人間でない”何者か”がはびこる学校から隠された真実を探し出そう。

学校には不気味な”何者か”が存在する。

ゲームには台湾ならではの文化や風習などが表現されている。テロ下にあった当時の台湾を感じることができるぞ。

当時の台湾の宗教や風習の要素がゲーム内に散りばめられている。

紹介動画

ユーザーレビュー

返校 -Detention-をプレイしたユーザーのレビュー。

  • ぱか

    ついこの間クリアしましたが、本当に面白かったです。
    ホラーゲームとして完成されていると感じました。
    謎解きが多いゲームですが決して難しいわけでなく簡単すぎるわけでもないのでプレイしていてストレスを感じることもなかったです。
    進行の障害になり得るのはやはり怖すぎて進めないことでしょうか、ですが全体の難易度はかなり低めですので怖さを楽しみながら進めるのが一番かと思います、怖さを乗り越えてもゲームを進めたくなる要素もありますしね。
    その要素がストーリーです、白色時代と言われる戒厳期真っ只中の台湾が舞台なのですが、その時代背景から織りなすストーリーがとてもよくできており、深く考えさせられます。
    話を進めゲームのタイトル、返校の意味がわかった時、グッとくること間違いなしです
    ホラー好きだけでなく歴史が好きだという人にもおススメできます。買って損することは絶対にあり得ない作品です。

ゲームをプレイして、レビューを書こう!

コミュニティ

返校 -Detention-をプレイしている人達のコミュニティです。
ゲーム仲間を見つけたり、攻略の相談をしたりできます。

掲示板

返校 -Detention-に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
このゲームについて書き込もう

このゲームの情報

会社 プレーイズム
ジャンル
ゲーム
システム
推理アドベンチャー
タグ
  • なし
発売日
定価
流通価格
ニュース