PS4 ポータル - GameWith(ゲームウィズ)
SNKヒロインズ Tag Team Frenzy
最終更新 :

紹介記事

『SNKヒロインズ Tag Team Frenzy』とは?

歴代のSNKヒロインたちが競演する新作格闘アクション!

SNKから 2018年9月6日発売予定のPS4, ニンテンドースイッチ対応ゲームソフト「SNKヒロインズ TAG TEAM FRENZY」

本作はSNKの歴代ヒロインが集結した2on2で戦う対戦アクション。対戦格闘に加え、憧れのヒロインのカスタマイズも楽しめる意欲作だ。

紹介動画

ユーザーレビュー

SNKヒロインズ Tag Team Frenzyをプレイしたユーザーのレビュー。

ゲームをプレイして、レビューを書こう!

コミュニティ

SNKヒロインズ Tag Team Frenzyをプレイしている人達のコミュニティです。
ゲーム仲間を見つけたり、攻略の相談をしたりできます。

掲示板

SNKヒロインズ Tag Team Frenzyに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
全体的に少ない 2

キャラについての追記だが、SNKヒロインズという名前にするならば、いかな理由があろうとコラボキャラは入れるべきではなかっただろう
例えばスマブラもニンテンドーオールスターと付けてた初期には任天堂のキャラのみだし、コラボキャラを出し始めたX以降はニンテンドーの名をタイトルにつけていない
また、SNKヒロインズと名乗りつつ、実質はKOFのキャラのみで完結してるのもどうだろうか?
侍魂ならばナコルル以外にもリムルルやミナ、いろは、鈴姫など
月華ならば雪やあかり、響など
いまだKOFに出ていない女性キャラというだけでも人気のあるキャラはいくらでもいるのだから
KOF14のキャラのみではなく、幅広い作品からキャラを持ち寄せ、その上でこのゲームのみで使えるキャラ(ギャルズファイターズでのミスXはネタキャラではあるがキャラ性能は庵でしかなく、ユキはまさにそういう意味でも魅力的だった)を出せば、多少少ない人数であってもこのゲームとしての売りができたのではないだろうか

全体的に少ない 1

まずキャラは、タッグ格ゲー初期の頃の作品であるマーヴル・スーパーヒーローズVSストリートファイターと比べても少ない上に、キャラのほぼ全部が直近であるKOF14に出てるキャラであるため魅力も薄いのがまず残念だし、コラボキャラも突飛過ぎて魅力が無い(せめてSVCにも出てる春麗あたりだろう)
後にDLCが来るかもしれないが、現状の人数では格ゲーとしても魅力はいまいちだ
そしてカスタマイズもそれは見た目が変わるだけで、本来追求するべき格ゲーとしての魅力には繋がらないし、衣装の種類はデフォルト衣装含めて3着程度と少ないのも悪い
オプションで補うようだが、プレイヤーは眼鏡などのパーツの違いだけで満足できるだろうか?
スマブラみたいな格ゲーを目指したのだとは思うが、一対一で戦うのにアイテムを拾ったりはテンポが悪くなるし、決め技がドリームフィニッシュのみというのもラストの展開が全て同じになってしまう
ギャルズファイターズみたいにアイテムはひとつ装備できて駆け引きを生んだり、超必殺技で倒したら走馬灯フィニッシュのような特殊なKO描写になります、程度で良かったのではないだろうか

このゲームの情報

会社 SNK
ジャンル
ゲーム
システム
格闘ゲーム
タグ
  • なし
発売日
PS4 : 2018年9月6日
スイッチ : 2018年9月6日
定価
流通価格
ニュース