PS4 プレイステーション4の総合情報サイト
RPG化、ザリガニ登場…『龍7』TGSインタビューを敢行!
このゲームの関連記事一覧へ

RPG化、ザリガニ登場…『龍7』TGSインタビューを敢行!

最終更新 : GameWith編集部

TGS2019で『龍が如く』チームの横山チーフPと阪本Pにインタビューを敢行!

『龍が如く7』チーフプロデューサーの横山昌義氏(左)とプロデューサーの阪本寛之氏(右)。

龍が如く7』プロデューサー2人に「TGS2019」会場で直撃インタビューを敢行!『龍が如く7』で挑戦アクションからRPGに変更した経緯について、発表からTGSまでのユーザーの反応について、など気になることをがっつり聞いてきたぞ。

さらに、TGS以降の新たな体験版について、そしていきなりバズったザリガニについてなど、新生した『龍が如く7』の新たな魅力も語られた貴重な本インタビュー。早速チェックして欲しい。

「RPG」という挑戦についてユーザーの評判は?

システムをアクションからコマンドバトルに大胆に変更。その意図は?

横山チーフプロデューサー(以下、横山P)

先日、8月29日に発表会を開きまして、初めてコマンド式のRPGになるというのが(ユーザーに)伝わりました。そのタイミングでまず賛否が起こりました

その時点では賛否の「否」の方が多いと感じましたが、すごく話題にはなった。それ自体がすごく嬉しかったです。そして今回TGSに(話題の)火がついたまま突っ込むんだなと思っていて。

--TGSで試遊したユーザーの反応は?

横山P
TGSは僕らのゲームが面白いかどうかを証明するターンだと思っています。まずビジネスデーの2日間でかなりの手応えは感じていて、メディアさんも含めいろんな人たちの意見が変わっていくのを目の当たりにしています。

かなりの台数が用意されたTGSの試遊コーナー。9月14日の一般日初日には入場制限がかかるほどの大盛況ぶり。

--新規ユーザーが増えた印象?

横山P
新規のユーザーだけに関わらず『龍が如く』はシリーズが多いので、今回はやってみようという形になって遊んでくれていると思います。

良くも悪くもシステムでこれだけ注目されるとは思っていなかったので大きな反響があって嬉しかったです。

最終的に「これ、結局龍じゃね?」とユーザーに思ってもらえるものを作ろうとしているので、プレイした人たちにそう感じてもらえたら今回のTGSは大成功です。

どの段階でRPGにしようと思いましたか?

主人公「春日一番」から作り始めた『龍が如く7』。RPGというシステムはキャラを作っていく上で必然的に生まれた。

横山P
『龍が如く6』で桐生一馬の物語が終わる事になりました。その時点でまず最初に次の「龍」ってどうする ?と考えました。

まず「人を作ろう」となりました。ストーリーよりも、ゲームシステムより何より主人公をまず決めよう、と。で春日一番という人間もそこから作り始めてました。

初めてですよ。ゲームの中身何も決まってないのに主人公の設定・服装・見た目・さらにオーディションをやって声優も決める。それが中谷くん(中谷一博)だったんですけれども。

仲間の一人、ナンバ(安田顕)。新主人公、春日一番は孤独ではない。仲間と共に大きなことを成しげていく。

横山P
100人を一人で相手にできる桐生一馬ほど、春日は強くない。多分28人ぐらいは倒せますけどそこらへんで力尽きるのかなと。
でも彼はきっとどん底の中から仲間を作っていって、その仲間と共に大きいことを成し遂げるはずだと思っていて。

今回、仲間にもスポットを当てているので、仲間と一緒にも戦いたいとなった時に何のシステムが一番適しているか?と考えた時にそこで初めてRPGにしようという流れが生まれましたね。

「桐生一馬」たちが登場する可能性は…?

伝説の龍、桐生一馬と接触することはあるのだろうか。(※画像は『龍が如く6』のもの)

--ドラクエにも伝説の勇者がいますが、伝説の龍、桐生一馬と春日が出会うことはありますか?

横山P
今作は『龍が如く6』後の話でそれを(春日)一番の視点で見ていくという物語です。

今のところ「神室町から東城会が消え、過去作の人達がいない」という状態がこの作品の大きな謎です。

『6』のその後の世界の話ですから、ストーリーを進めていき、(過去作の登場人物たちと)会う必要があれば…まぁきっと会うんだと思います。なので…(ネタバレになるため)これ以上は言えないですね。

春日の仲間の一人「ザリガニ」がバズっているようですが…?

ツイッターでバズっているザリガニ「ナンシーちゃん」。デリヘルシステムで呼べる。「携帯で呼ぶため電波の届かない地下では呼ぶことができない。」と横山Pからのアドバイスをいただいた。

横山P
ザリガニ、なんかバズってるんですよね。なんなんでしょうね(笑)。 Twitter 見てもザリガニばっかりなんですよ。

大雑把に言うと(誰かに)食べられそうになっているザリガニを助けるという話があって、そこから来ています。それで仲間になってくれる。(呼び出すのに)3万円かかります

--ザリガニ以外にも?

デリヘルシステムで呼び出せるものには衛星からの攻撃システムまである!?

横山P
生き物も人も。モノもありますね。新しく公開したトレーラーの中に衛星から攻撃するようなシーンがあったでしょう?あれもですね。

--ザリガニの強さは?

阪本P
あれは一番弱い方ですね。ただ毒状態にさせるんですよ。

横山P
なのでナンシーちゃん(ザリガニ)は雑魚敵に使うというよりは、中ボスなど硬いやつに使って毒ダメージを与え続けるというような使い方がいいんじゃないかなと思います。

TGS後の体験できる機会はありますか?

TGSではいくつかのミニゲームとゲームのほんの一部が体験できた。

--体験版を終えて、もっとやりたいと感じました。今後、体験版を配信する予定はありますか?

横山P
やります。どっちにしても東京ゲームショウで(体験版を)公開しましたし、全国には幕張に来れない人もたくさんいると思うので。

まずは体験会とかやらせていただきます。体験版も何かしらの形ではやろうと思っています。

内容については過去にもヒートアクションってありましたよね。あの感じで追加入力でもっと攻撃力を上げたり、敵の攻撃をジャストガードができたりとか。その辺が整ったらまた(体験会や体験版を)やると思います

--『龍が如く7』を待つユーザーにメッセージをお願いします。

横山P
シリーズタイトルで大きく変えなきゃいけない時が来ると思っていて。いくつかのターニングポイントはこれまでもありました。

『龍が如く4』も桐生一馬じゃない主人公にしたことがあります。そういうことがあったからこそ、今もこのシリーズが続いているとと感じていて。

もしストーリーを追うだけの『龍が如く』だったら、プレイスポットが新しく追加されました、俳優陣が豪華になりました、とかだとだだの足し算になってしまう。

それだけでは行き詰まるんで、大きく遊びを変えて、遊び居心地と言うか(ユーザーの)体験を変えたいというトライの一つでもあります。

やってもらったら「やっぱり龍だよ」っていうのが究極の目標でもあるのでそれを少しでも感じてくれると嬉しいです。それが成功だと思っています。

阪本P
まだまだお伝えしてない要素が山ほどあります。今後も情報を追ってもらえると、さらに「やっぱり龍だな」と思えると思います。

これはもう、まごうことなき『龍が如く』だなという、核心に触れていく情報が待っています。

新しいバトルシステムで(これまでと)毛色がような印象がユーザーにあると思うんですけれど、最終的にはこれが『龍が如く』だという風にするつもりなので、安心して待っていてもらえると嬉しいです。

それと「ザリガニ」をもっとバズらせましょう。(笑)

横山P
何か作りますか。塩化ビニールのナンシーちゃんとか。ただのザリガニのフィギュアですけど。

©︎SEGA

インタビューを終えて

TGSで初の試遊が行われた『龍が如く7』。今回のインタビューで意外だったのは、成功しているシリーズにも関わらず“シリーズへの危機感”を製作陣が抱いているということ。具体的には、「プレイスポットが増える、俳優陣が豪華なだけの『龍が如く』では行き詰まってしまう」というものだ。

その危機感から“新たな『龍が如く』を作る”という大胆な挑戦を楽しむ姿が、プロデューサー2人の言葉の端々から伝わってきた。「大きく変化させつつもしっかりと『龍が如く』という遊びはブラさない」そんな姿勢が印象的だった。

インタビューでは今後パワーアップした体験版(体験会)への意欲も聞くことができた。ユーザー賛否の「否」すらも力に変えていく『龍が如く』チームが手がける最新作の発売を楽しみに待ちたい。

もっと知りたい方はこちら!
▶『龍が如く7』の魅力をまとめて紹介!

※記事内の表現の一部を調整致しました。

このゲームに関する記事

掲示板

龍が如く7 光と闇の行方に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
名無しのゲーマー 43

人柱の評価に期待

名無しのゲーマー 42

別のゲームだと思って買う^ ^

名無しのゲーマー 41

買わない

名無しのゲーマー 40

バトルシステムの詳細を知れば知る程「何故」という言葉が浮かんでくる。

ニュース