遊戯王DL
遊戯王デュエルリンクス攻略wiki
ヘルカイザー亮40攻略|安定周回デッキ

【遊戯王デュエルリンクス】ヘルカイザー亮40攻略|安定周回デッキ

最終更新 :
遊戯王DL攻略からのお知らせ
【要確認】最強デッキランキングでランク戦環境を把握しよう!

遊戯王デュエルリンクスのヘルカイザー亮レベル40のデッキと攻略法を紹介!要注意ポイントや8000点周回ができる攻略デッキもまとめています。ヘルカイザー亮40の攻略はここでチェック!

【目次】

ヘルカイザー亮40が使用するデッキ

サイバー流・エンド

メインデッキ201172
EXデッキ3

ヘルカイザー亮40デッキのカード詳細

ヘルカイザー亮40の注意点

打点8000以上に注意!

ヘルカイザーのデッキには4000打点のモンスターと、攻撃力を2倍にする魔法カードが入っている。攻撃力8000で殴ってくるため、中途半端な攻撃力のモンスターを攻撃表示で出すのは注意!

対象を取る魔法カード使用には要注意!

ヘルカイザーは《レアメタル化魔法反射装甲》を使用する。相手のモンスターを対象にとる《クロスソウル》などは無効化される危険があるため注意!

一応除去カードもある

万能除去カードはないものの、特定の条件で除去が可能な《ライトレイダイダロス》には注意!そもそも特殊召喚をさせないか、条件を満たさせないようにしよう。

ヘルカイザー亮40の攻略ポイント

火力の高さ以外に秀でた部分はない

ヘルカイザーのモンスターは火力こそ高めだが、除去カードなどがほぼ入っていないので、火力以外によるロックがかなり決まりやすい。《肥大化》でロックしたり、《スピリットバリア》でロックするのも良いだろう。

ヘルカイザー亮40専用雲魔物ロック/約8000点

獲得スコアと周回安定度

獲得スコア約8000点(キャンペーン込み)
周回安定度★★★★・
必須スキル「リスタート」
キーカード《雲魔物-ニンバスマン》
《天空の聖域》
雲魔物デッキの詳しい立ち回りはこちら

デッキレシピ

メインデッキ201073
EXデッキ0

デッキのポイント

雲魔物でロック

雲魔物の戦闘で破壊されない効果を利用して、相手をロックしていく。《天空の聖域》などで戦闘ダメージを0にすれば、ライフが削られる心配もないので安心だ。

フォッグカウンターをどんどん貯める

《雲魔物-ニンバスマン》が場のフォッグカウンターの数だけ攻撃力を上げるので、序盤はカウンターをどんどん貯める。《雲魔物のスコール》を1枚発動してしまえば、大幅なカウンター増加が見込めるぞ。

ニンバスマンでとどめ

フィニッシャーは《雲魔物-ニンバスマン》。単体で攻撃力が1万を簡単に越すので、《ユニオンアタック》は使わず、《流星の弓シール》でトドメを射す。

ライトレイダイダロスは無欲で対策

ヘルカイザーの唯一の除去手段である《ライトレイダイダロス》は、墓地に光属性が4枚以上ないと特殊召喚できないので、《無欲な壺》で対策してしまおう。

雲魔物デッキの詳しい立ち回りはこちら

ヘルカイザー亮40専用肥大化カタパ/約8000点

獲得スコアと周回安定度

獲得スコア約8000点(キャンペーン込み)
周回安定度★★★★・
必須スキルとくになし
キーカード・肥大化×3枚
・カタパルトタートル×1枚

デッキレシピ

メインデッキ201415
EXデッキ0

デッキのカード詳細

デッキのポイント

モンスターを出さずに罠でロック

このデッキは《カタパルトタートル》以外のモンスターは採用していない。下級モンスターを《分断の壁》で攻撃力0にして、上級モンスターを《底なし落とし穴》《肥大化》でロックする。

肥大化をオーバードラゴンに3回使う

このデッキは《肥大化》《キメラテックオーバードラゴン》に3回使用して攻撃力を2万以上にすることが肝心。防御の都合上や、分断で攻撃力が下がったなどで、肥大化が3回では2万以上に満たない場合は、《無欲な壺》で自分の肥大化を回収しよう。

フィニッシャーはカタパルトタートル

最終ターンは《カタパルトタートル》を召喚した後、《クロスソウル》で相手の2万以上になったモンスターを選択する。そしてカタパルトタートルの効果でリリースして、その半分の数値である10000以上のダメージを与えて勝利。《レアメタル化魔法反射装甲》を考慮してクロソは1枚余分に採用しよう。

ヘルカイザー亮40のドロップするカード

ヘルカイザー亮40のドロップカード一覧

ヘルカイザー亮ってどんなキャラクター?

ヘルカイザー亮の簡易プロフィール

誕生日11/1
身長178cm
体重57kg
声優前田剛
登場シリーズ遊戯王GX

ヘルカイザー亮のエピソード

勝利に執着するデュエリスト

ヘルカイザー亮は元々、デュエルアカデミアの帝王(カイザー)こと、カイザー亮と呼ばれていた。しかし、デュエルアカデミア卒業後、プロデュエリストになり、とあるデュエルをきっかけに勝利に執着することに目覚め、「ヘルカイザー亮」を名乗ることとなる。

裏サイバー流の使い手

カイザー亮時代には、互いのデュエリストが全力を出しきることをよしとする「リスペクトデュエル」を信条とし、サイバードラゴンを中心に戦う「サイバー流」の使い手であったが、ヘルカイザーを名乗り初めて以降は「サイバー流」にサイバーダークモンスターを組み合わせた「裏サイバー流」デッキの使い手として活躍する。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
©Konami Digital Entertainment
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中