遊戯王DL
遊戯王デュエルリンクス攻略wiki
ロックバーンデッキのレシピ|使い方と対策ポイント

【遊戯王デュエルリンクス】ロックバーンデッキのレシピ|使い方と対策ポイント

最終更新 :
遊戯王DL攻略からのお知らせ
【要確認】最強デッキランキングでランク戦環境を把握しよう!

遊戯王デュエルリンクスの「ロックバーン」デッキの評価や使い方をまとめました。またロックバーンデッキのレシピやキーカード、その他おすすめカードも掲載しているので、デッキ作成の参考にしよう!

目次

環境TOPデッキ一覧

「ロックバーン」デッキの評価

ロックバーンデッキの評価点

対人戦評価オート適正
9.0 /10点×
構築難易度カテゴリ
★★★★・バーン系

※オート適正はオートプレイでも強さを発揮できるかの指標です。構築難易度は★が多いほど、入手が難しいカードが必要になります。

最強デッキランキングはこちら

祭殿バーンデッキのコンセプト

相手に何もさせないロックデッキ

このデッキは相手モンスターをロックするカードを中心に構成されており、文字通り、何もさせずに持久戦で勝つデッキ。戦闘ダメージではなく、スキルで相手の場にトークンを埋めつつ、《溶岩魔神ラヴァゴーレム》のバーンダメージで勝利を狙う流れ。

全デッキレシピ評価一覧はこちら

ロックバーンデッキレシピ/作り方

キャラスキル名
必須の理由
ペガサス増刷
ライフが2000減る毎にアドバンテージが得られる。何を引いても強いロック系のデッキとの相性は最高。
万丈目準行けおジャマ!
相手の場にアドバンス召喚のためのリリースが不可なトークンを生成してロックが可能。
闇遊戯ディスティニードロー
ライフ回復と合わせてスキル発動が複数回行える。ピンポンとのラヴァゴドローもかなり厄介。
メインデッキ219012
EXデッキ0
カードの性能や採用理由はここをタップ!

ロックバーンデッキの採用カード理由

カード名理由
溶岩魔神ラヴァゴーレム2枚除去+ダメージソース。《肥大化》でロックして直接攻撃を封じるコンボが強力。
底なし落とし穴強力なロック罠。永続で効果を持つような厄介なモンスターはこのカードで対処してしまおう。
肥大化このデッキはモンスターをほぼ場に出さないので、実質、攻撃を封じるロックカードとして使用可能。
黄金の天道虫手札に持っていれば毎ターンライフが回復可能。スキルとも相性が良い。

デッキの作り方のコツ

切り札のラヴァゴは必須

このデッキはせっかく相手をロックしても、ラヴァゴがないとダメージソースがないので、絶対に2枚採用したい。

ロックパーツは底なしと肥大化!

相手をロックする上で最も採用率が高く優秀とされているのが《肥大化》だ。フリーチェーンで発動できるのに加え、モンスターを場に出すことのないこのデッキでは実質的に攻撃を封じるカードとして使える。対象効果を無効化する相手には使えないので、その時の対策として《底なし落とし穴》も絶対に採用しておこう。

ロックバーンデッキ使用時のコツや注意点

基本的な立ち回り

相手の場をひたすら埋めていくだけ

まずは相手のモンスターを《底なし落とし穴》《肥大化》でロックしつつ、場をおジャマトークンや《溶岩魔神ラヴァゴーレム》でどんどん埋めていく。相手がモンスターを循環させる手段が少なければ少ないほど、何も身動きがとれなくなる。

ドレインシールドはラヴァゴに打ちたい

このデッキはライフに依存するスキルと合わせることが多いので、ライフの回復は積極的に行っていきたい。その中でも相手の攻撃力分のライフが回復できる《ドレインシールド》はできればラヴァゴに打ちたい。これを弱いモンスターに使わざるを得なくなると段々こちらがジリ貧になっていく。

注意点

先にデッキ切れするのはNG

同系統の戦いになった場合、互いがモンスターを召喚する機会が少なく、デッキの内の大半のカードが腐りやすい。そういった場合、どちらかがデッキ切れを起こすまで決着が付かない泥試合にもつれることが多々ある。

ロックバーンデッキの対策方法/カード

対策カード紹介

カード名理由
心鎮壺バックを2枚防がれるとこちらは防御札がかなり限られてしまう。
鳳凰毎ターンバックを破壊しつつ、手札に戻ることからロックもできないまさに宿敵とも言えるモンスター。

対策まとめ

上級が多いデッキには不利

せっかく相手モンスターをロックしてもすぐにアドバンス召喚や儀式、融合などで自分の場のモンスターを自己処理できてしまうデッキが相手だと、ロックができずにこちらが負けてしまうことが多い。

バック干渉もやはりキツい

バック干渉を多く積んでいるデッキだと、モンスターの処理手段がなくとも、場にモンスターをセット並べて、その後バックを封じてから一斉攻撃で決着をつけるという勝ち筋がある。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS
©Konami Digital Entertainment
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのおすすめカードは?

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中