PS4 プレイステーション4の総合情報サイト
Bloodborne(ブラッドボーン)の評価とレビュー

ゲーム概要 最終更新 :

『Bloodborne』とは?

作品の紹介・世界観

Bloodborneのアイキャッチ画像

PlayStation4対応ゲームソフト『Bloodborne』は、多くの死にゲーを手掛けてきたフロム・ソフトウェアのアクションRPG。

剣と魔法のダークファンタジーである『ソウル』シリーズとは打って変わって、19世紀のビクトリア時代を基調としたゴシックホラーな世界観の作品となっている。

目次 2,282文字

  • 最新情報/更新履歴
  • 『Bloodborne』とは?
  • 『ブラッドボーン 』プレイした感想!
  • 『Bloodborne』のゲームシステム
  • 『Bloodborne』発売日・価格

Bloodborne(ブラッドボーン)の画像

▲細部までの徹底したこだわりを感じられる本作。世界観は独自のものだが、もし19世紀のイギリスが荒廃していたらきっとこんな感じだったに違いないと思わせるほどの、凄まじい説得力を感じられる。

▲細部までの徹底したこだわりを感じられる本作。世界観は独自のものだが、もし19世紀のイギリスが荒廃していたらきっとこんな感じだったに違いないと思わせるほどの、凄まじい説得力を感じられる。

▲英国紳士の必須アイテム「ステッキ」も、ヤーナムでは「仕込み杖」として脅威を凌ぐ武器に早変わり。シルクハットも立派な防具である。

▲英国紳士の必須アイテム「ステッキ」も、ヤーナムでは「仕込み杖」として脅威を凌ぐ武器に早変わり。シルクハットも立派な防具である。

▲病により獣となる者たち。ヤーナムには聖職者がこそが最も恐ろしい獣に転じる、という噂があるようだが、その真相とはいかに…?

▲病により獣となる者たち。ヤーナムには聖職者がこそが最も恐ろしい獣に転じる、という噂があるようだが、その真相とはいかに…?

▲拠点に戻れる中間ポイントが少ないので、道中いきなり襲われて倒されないかとヒヤヒヤする。

▲拠点に戻れる中間ポイントが少ないので、道中いきなり襲われて倒されないかとヒヤヒヤする。

▲プレイヤーを襲いくるボスはどいつもこいつも強敵ばかり! ムービーシーンも凝っていて、厨二心をくすぐられるぞ。

▲プレイヤーを襲いくるボスはどいつもこいつも強敵ばかり! ムービーシーンも凝っていて、厨二心をくすぐられるぞ。

▲敵の攻撃の出がかりに合わせて銃撃すると大ダメージが与えられる「内臓攻撃」は、爽快感バツグン!

▲敵の攻撃の出がかりに合わせて銃撃すると大ダメージが与えられる「内臓攻撃」は、爽快感バツグン!

紹介動画

GameWith編集部レビュー

ゲーマー向け評価

「ソウルシリーズ」や「SEKIRO」などの名作と比べると、よりダークな世界観が際立つ作品。若干のホラー要素を含んだフロム作のアクションゲームで、キャラクターのスタイリッシュな動きが病みつきになります。

フロムシリーズの中でも主人公や敵の動きが俊敏で、素早い判断力が求められるバトル面。形態変化する武器や片手銃を使って敵を翻弄する爽快感は、難しさこそあるものの、本作でしか味わえない大きな魅力です。

ただ本作はボスだけではなく道中の敵も強力に設定されており、なかなか先に進めないことが。ゴリ押しで進むのも一手ですが、打開策を講じて敵を撃つことで、シビれるような達成感を味わえます。

総評として、アイテムのテキストなどを読みながら紐解いていくストーリーの深さや、スタイリッシュなバトルが印象的な作品です。

  • コンテンツ量 4点

  • 自由度 3点

  • ソーシャリティ 3点

  • BGM 3点

  • グラフィック 4点

  • 感情移入 2点

  • ゲーム性 4点

カジュアル向け評価

少しホラー要素が入ったアクションゲームで、ダークな世界観や特徴的な武器で戦うバトルが特徴の作品。

プレイ難易度は高く設定されており、道中の敵やボスなどでストーリーに行き詰まってしまうことも。筆者も苦戦する場面が多々ありました。しかし形を変化させられる特殊な武器や古風な銃を使っているうちにバトル自体が楽しくなってきます。敵の動きや操作に慣れてしまえば非常にやりがいのあるアクションゲームだと感じました。

本作のシナリオは、ストーリーを進めているだけでは読み取れる部分が少なく、アイテムのテキストなどから徐々に内容が分かってくる仕様になっています。なので、普段アイテムのテキストなどをスルーして進行する人は淡白なシナリオだと感じてしまうかもしれません。逆にそういったストーリーの進行以外の部分でシナリオを紐解く奥深さは本作の魅力だと思います。

他では体験できないダークホラーな世界観とスタイリッシュなバトルにどんどんハマっていってしまうような作品です。

  • コンテンツ量 4点

  • 自由度 2点

  • ソーシャリティ 3点

  • BGM 3点

  • グラフィック 3点

  • 感情移入 2点

  • 敷居の低さ 2点

ユーザーレビュー

Bloodborne(ブラッドボーン)をプレイしたユーザーのレビュー。

ゲームをプレイして、レビューを書こう!

コミュニティ

Bloodborne(ブラッドボーン)をプレイしている人達のコミュニティです。
ゲーム仲間を見つけたり、攻略の相談をしたりできます。

掲示板

Bloodborne(ブラッドボーン)に関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
このゲームについて書き込もう

Bloodborne(ブラッドボーン)の情報

会社 FromSoftware
ジャンル 3Dアクション
ゲーム
システム
3Dアクション
タグ
  • なし
発売日
PS4 : 2015年3月26日
定価
PS4 : パッケージ版 1,990円

注目のゲームソフト

同じパブリッシャーのゲーム

似ているシステムのゲーム