PC PCの総合情報サイト
最大4人プレイの戦略的なタワーオフェンス・ロボットアクション『VOIDCRISIS』がSteamで登場!
PC
2022年8月4日 発売中
レビュー
総合点
カジュアル
ゲーマー

最大4人プレイの戦略的なタワーオフェンス・ロボットアクション『VOIDCRISIS』がSteamで登場!

最終更新 :
『VOIDCRISIS』アイキャッチ

高低差のあるフィールドで展開するオンラインタワーオフェンスゲーム!

『VOIDCRISIS』メイン画像

高低差があるフィールドでバトルするアクション×タワーオフェンスオンラインタワーオフェンス『VOIDCRISIS』が2022年8月4日(木)に早期アクセスにて配信開始。

本作は、最大4人によるオンラインマルチプレイ対応の、戦闘生体機官「VA(バイタルアーマー)」と呼ばれるロボットのパーティを組み、ステージに現れる敵を倒してステージクリアを目指すというタイトルだ。

▲本作のゲーム紹介トレーラー。

Steamで詳細を見る

■その他ゲーム情報はコチラから!

『VOIDCRISIS』の魅力は?

高低差のあるフィールドでの戦略的なバトル

『VOIDCRISIS』高低差あるフィールド

本作の特徴は、プレイのたびに構造が変わる高低差(アンジュレーション)のあるバトルフィールドで繰り広げられるタワーオフェンスバトル。

平面でのバトルとは異なり、フィールドの上方・下方にも敵が存在しており、それらを撃退しつつボスを倒すのが目標。

そして、フィールドには自軍の拠点があり、壊されるとゲームオーバーとなってしまうため、上下を含めた広い範囲で敵が侵攻してくるのを見極め、かつ敵のボスを狙う戦略を立てることが重要となりそうだ。

敵の一部としてフィールドで暗躍する「ファントムモード」

『VOIDCRISIS』フィールドでのバトル

ゲームを進めることで、敵の一員として他プレイヤーの戦闘に乱入出来る「ファントムモード」でプレイできるようになる。

最大1vs4という不利な状況ではあるが、乱入タイミングや戦闘地形エネミーを利用することで、プレイヤーをかく乱し、戦闘に勝つこともできるという。

さらに、ファントムモードでしか得られない報酬も存在したり、逆にプレイヤー側は、乱入した機体を倒すことで大きな報酬を得ることができるので、普段のプレイとはひと味違った緊張感を味わえるのが「ファントムモード」の魅力となりそうだ。

躍動するロボットの美麗なグラフィック

『VOIDCRISIS』ロボットグラフィック

3Dで表現された、ロボットのグラフィックがとても美しく、従来のロボットゲームには無い、プラモデルのような密度感や外連味を余すことなく表現している。

さらに、プレイ中のシーンのハイライトをスクリーンショットに収めることができるようで、美麗なデザインを眺めて楽しむこともできそうだ。

『VOIDCRISIS』の基本情報

ゲームジャンルアクション
プレイ人数1〜4人
価格2,480円(税込)
プラットフォームSteam
リリース日2022年8月4日(木)
※早期アクセス配信
会社ヘキサドライブ
Steamで詳細を見る

GameWith編集者情報

ぶるーむのプロフィール
ぶるーむ
「物心がつく前からコントローラーを握っていた」自称生粋のゲーマー。初めて遊んだゲームは『ドラゴンクエストⅥ』で、その後、RPGやアクションゲームを中心にいろんなゲームをプレイしてきました。そして現在は『スマブラ』を極めることに夢中な、戦闘狂兼ゲームライターに。
レビューライター応募バナー

おすすめ作品が一気に見れる!

Amazonのオーバーイヤーヘッドホン売れ筋ランキング

このゲームに関する記事

掲示板

VOIDCRISISに関する雑談をする際にお使いください。簡単な質問もこちらでどうぞ。

500文字以内

利用規約に同意の上、書き込むボタンを押してください。
※悪質なユーザーの書き込みは制限します。
※荒らし対策のため初回訪問から24時間以内は書き込みができません。

閉じる
このゲームについて書き込もう

似ているシステムのゲーム