ウイイレアプリ
ウイイレアプリ2017攻略|スマホ版ウイニングイレブン
操作とテクニックまとめ

操作とテクニックまとめ

最終更新 :

ウイイレアプリ2017における試合時の操作テクニックです。スマホアプリ版ウイニングイレブン2017で、攻守の基本となる操作を解説。ウイイレアプリの操作をいち早くマスターするための参考にしてください。

目次

スポンサーリンク

操作の基本情報

タップとスワイプだけで奥深い操作!

ウイイレアプリの操作は、タップとフリックのみ。しかしその2種類の強弱や方向を使い分けて、複数のアクションを自在に操作できる仕様だ。本物のウイイレをアプリ内で体験できるぞ。

移動は左!調整は右!

ウイイレアプリでは、基本的に左画面の操作で移動、右画面ではダッシュやボール速度の強弱を変更ができる。設定画面でこの左右の操作を変更することはできないので、左右どちらが利き手でもこの操作に慣れる必要がある。

操作・テクニックを磨くとどうなるか

選手能力以上のものを引き出せる

マニュアル操作に慣れれば、白球や銅球といった能力の低い選手でも活躍できる可能性がグッと上がる。優秀な選手と比べ動きは鈍くなるが、テクニックを磨けば上手いパス回しや、得点率の高いシュートが可能となる。

コストを多少無視してチーム編成が可能

チーム編成時にコストをオーバーすると、チームスピリットが大幅に下がり選手AIの動きが非常に悪くなってしまう。だが、マニュアル操作であれば選手の動きを多少カバーできるので、通常よりコストを気にせずチームを編成することができる。

スポンサーリンク

操作テクニック(攻撃時)

シュート

右画面をダブルタップすることで、その場から即座にシュートを放つ。CPUがゴールキーパーの位置から自動でシュート方向を選ぶので、精度の低い選手はほぼシュートを外してしまう。

マニュアルシュート

右画面をダブルタップした直後に蹴りたい方向へフリックすることで、マニュアルシュートになる。プレイヤーに瞬時の判断が求められるが、オートシュートよりも信頼できる。

ダッシュドリブル

左画面でドリブルをしている時に、右画面を長押しするとスピードアップする。ただし選手にはスタミナが設定されているので、とにかくダッシュすればいいというわけではない。

バースト

ダッシュドリブル中に、左画面をフリックすると発動する。フリックした方向へ一瞬だけ猛ダッシュをかけられるので、1対1などで狙いたい。ただし、スタミナ消費は多め。

ドリブル停止

ドリブル中に左画面をタップすると、その場でドリブルを停止する。意外と使い道は多く、一瞬の判断が難しいシーンでボールを落ち着かせることができる。敵との距離が近いとあっさりボールを取られるので注意。

フェイント

敵選手と対峙した際、かわしたい方向へフリックすることでフェイントをかけられる。ドリブルの勢いが良すぎると難しいが、うまく相手選手を抜ければ得点に繋げることができる。

キックフェイント

フェイントの変化版で、左画面をタップした後にすぐフリックすることでキックフェイントになる。能力の低い選手では、フェイント動作に入る前に奪われてしまうことがあるので注意。

パス

パスしたい選手の方向にフリックすると、通常のパスを通せる。相手ディフェンスの位置をよく見て味方をしっかり狙おう。

フライパス

通常パスをする際、フリック前に軽く後ろに引くことでフライパスになる。ふわりとゆるい軌道を描き、相手選手の頭上をうまく抜くことができる。

スルーパス

通常パスのフリックを途中でキュッと止めることで、スルーパスができる。選手を狙ったパスではなくフリースペースに転がるパスなので、味方の位置を把握してから相手DF裏に出すと効果的。

パス&ゴー

パス操作の入力直後、バスが出る前にフリックするとパスと同時にダッシュする。うまく味方とコンビネーションを取れれば、ワンツーなどで敵を一瞬で抜きされる。

グラウンダークロス

クロスエリアで、パスしたいスペースへ右画面をフリックすると発動する。かなり通りやすいクロスなので、スペースがある場合は積極的に狙おう。

操作のコツ(オフェンス時)

サイドからのセンタリングを有効活用

中央をドリブルやパスで突破してゴールを得るのは非常に難しい上、プレイヤーの実力差が出やすい。サイドからのセンタリングであれば比較的初心者でもゴールしやすいため、中央突破だけでなくサイドからも攻めを組み立てられるようにしよう。

ストップとフェイントを使おう

味方選手がボールを持っている状態で、普通にドリブルをしていては相手のディフェンスを抜くのは難しい。タイミングを見計らったフェイントや、相手がプレスをかけているときのストップなど、相手の虚をついたプレーを心がけよう。

スポンサーリンク

操作テクニック(守備時)

プレス

守備時に左画面で移動中、右画面を長押しするとボールを持った相手選手にプレスをかけられる。相手のアップスピードを妨げられるので、積極的に狙っていこう。

味方へのプレス指示

操作選手でプレスをかけている時に、右画面をスライドすると近くの味方も一緒にプレスをかける。相手1人に対して選手が集まってしまうので、必然的にスペースができてしまう点には注意しよう。

GKの飛び出し

味方へのプレス指示と同様の操作方法で、自陣ゴールが近い場合はゴールキーパーが状況に応じて飛び出してくる。デメリットも大きいので、味方へのプレス指示は位置をよく考えよう。

スライディング

守り時に右画面をフリックすると、相手選手が持つボール目掛けてスライディングをする。守りの基本だが、何も考えずにスライディングを多様するとファールをもらいやすいので要注意。

クリア

守備でボールを奪っても、安定して前へ上がれない場合に使いたい。左画面をダブルタップすると発動可能で、スライドによる方向指示も可能だ。

カーソルチェンジ

守り時、画面に映っている任意の味方選手をタップすると、操作選手を変更できる。基本はセミオートで最適の選手を選んでくれるが、一歩上のテクニックを身に付けるためには必要な行動だ。

スポンサーリンク

操作のコツ(ディフェンス時)

センターバックでのプレスは控える

ディフェンス時に敵が中央突破してきた場合、センターバック(CB)でプレスをかけに行くのはできるだけ控えよう。プレスをかけにいったCBが守っていた場所にスペースができてしまい、スルーパスが通りやすくなってしまう。

ボランチ(DMF)でボールを取りにいこう

敵のオフェンスの攻めの形はできるだけMF(ミッドフィルダー)で崩せるように心がけよう。特に後方に配置されているDMFをで敵の攻撃を崩せるのが理想。

この記事を読んだ人におすすめ

©Konami Digital Entertainment
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中