ウイイレアプリ
ウイイレアプリ2017攻略|スマホ版ウイニングイレブン
プレースタイルの効果一覧

プレースタイルの効果一覧

最終更新 :

ウイイレアプリ2017のプレースタイル一覧です。スマホアプリ版のウイニングイレブン2017で、プレースタイルがどんな効果を持つかを紹介しています。ウイイレアプリのプレースタイルを戦略に組み込む際の参考にしてください。

目次

スポンサーリンク

プレースタイル一覧

プレースタイルをタップすると、効果詳細へ移動します。

▼ラインブレーカー相手DFの裏へ抜ける動きをする。
▼デコイランおとりとなる動きを行い、味方がせめやすくなるようにする。
▼ボックスストライカー動き回らずに中央でボールが来るのを待つ。
▼ポストプレーヤー前線でくさびのボールを受けられる位置に動き、攻撃の起点を作る。
▼チャンスメイカー前線からボールをもらいに来て、攻撃の組み立てに参加する。
▼ウイングストライカーサイドから中のスペースへの飛び出しを積極的に行う。
▼ナンバー10動き回らず、パスで試合を組み立てるタイプの司令塔。
▼2列目からの飛び出し攻撃時は常にゴール前に出ることを意識する。
▼ボックストゥボックスフィールドの隅から隅まで動き回り、攻守に貢献する。
▼ハードプレス激しい当たりで攻撃の芽を摘む。
▼アンカー中盤の底に位置して守備を安定させる。
▼ビルドアップ最終ライン付近までボールをもらいに来て、攻撃の組み立てに参加する。
▼バランサー攻守のバランスを考えたポジショニングをします。
▼オーバーラップ前線での攻撃参加を好むディフェンダー。
▼攻撃的サイドバック常に高めのポジションを取り、積極的に攻撃に参加する。
▼守備的サイドバック常に低めのポジションを取り、守備を重視して行動する。
▼攻撃的GK積極的に飛び出して、ディフェンスラインの裏をカバーする。
▼守備的GK自陣のゴールマウス近くにポジショニングする。

プレースタイルを持つ選手は、決まった戦略的行動を行ってくれる。監督の戦術や、攻守のタイミングに合った選手を状況に応じて配置しよう。

スポンサーリンク

プレースタイルの効果詳細

ラインブレーカー

オフサイドライン手前にポジションを取り、パスを貰ったら裏を抜けてゴールを決める戦術。スピードが高い選手だと、より効果的に使用できる。

デコイラン

敵ディフェンダーを引き付けるために、囮となる行動をする。そのデコイランによって空いたスペースを使えば、他の味方選手がゴール前でフリーになった状態でパスを受けられる。

ボックスストライカー

ペナルティエリア内で味方のパスを待ち、ゴールを狙う戦術。アシスト能力が高い選手と組み合わせることで、得点を狙いやすくなる。

ポストプレーヤー

最前線に立ち、ボールを持ったら味方選手が攻めるための時間を作ったり、パスの中継役になるなど攻撃をアシストすることが多い。自身の周りに相手選手がいなければ、シュートも狙うため、さまざまな戦略で活躍できる。

チャンスメイカー

チャンスメイカー持ちの選手は、積極的にボールを貰いに来て、攻撃の起点を作ってくれる。ドリブルやパスが得意な選手であれば、攻撃のチャンスが増やすことができる。

ウイングストライカー

サイドからクロスを上げる役割と、中央へ出て得点を取る役割の2つをこなす選手。CFがマークされてもウイングストライカーが飛び出すことで、チャンスの幅を広げることができる。

ナンバー10

ナンバー10はパスで試合を組み立て、スタミナの消費を抑えることができる。司令塔の役割をこなす選手なので、できる限りキャプテンに設定しておいた方が良い。

2列目からの飛び出し

前線の空いたスペースに飛び出して、シュートを狙う選手。移動が多い役割なので、他の選手と比べてスタミナ消費が激しい。2列目からの飛び出しを持つ選手を起用する場合は、同じポジションの選手をもう1人用意しておいた方が良いだろう。

ボックストゥボックス

行動範囲の幅が広く、攻守共に活躍できる。得意ポジションが広く、全体的に能力の高い選手を起用すれば最大限に活かすことができる。

ハードプレス

敵からボールを積極的に奪いに行く役割。ボールを確保する能力を活かして、その後につながるパス精度が高い選手を優先して起用したい。

アンカー

得意ポジションは守備寄りのMFが多く、役割はDFとしての動きが多い。守備能力はもちろん、敵との競り合いに勝てる高身長な選手を中心に使っていこう。

ビルドアップ

最終ライン付近で味方からボールをもらい、攻撃の起点となる役割をこなす。ドリブルやパスが得意な選手を使い、攻撃のチャンスを活かせるようにしておこう。

バランサー

チームのバランスをとる選手。味方の攻撃時は敵のカウンターに備えた動きをし、守備時は相手の展開を読みパスカットをするなどた多彩な行動をしてくれる。スタミナ消費は多いので、あらかじめスタミナの高い選手を優先して選んでおこう。

オーバーラップ

自身のポジションに関係なくボールを保持しているプレイヤーを追い越し、攻撃時のボール回しに参加してくれる。味方の攻撃は有利になりやすいが、相手のカウンターに弱い点もあるので注意が必要。

攻撃的サイドバック

効果が発動すると、守りをやめて攻撃に転じます。敵のカウンターに弱いので、カウンター戦術を得意とするチームには編成しない方が良いでしょう。

守備的サイドバック

オーバーラップなどの攻める行動は取らず、守ることに専念してくれる。ただし、守備能力が低いと意味が無いので、守りを得意とする選手を優先して選ぼう。

攻撃的GK

ゴール間際を捨てて、ディフェンスラインの裏をカバーしてくれる。ただし、パス回しが得意なチームだとゴールを許してしまう場合もあるので、相手のチームコンセプトを見てから起用した方が良い。

守備的GK

前に出ることは少なく、自陣のゴールを守り続けてくれる。相手に抜かれる心配もないので、堅実的な守備を求めるのであれば守備的GKを起用した方が良いだろう。

この記事を読んだ人におすすめ

©Konami Digital Entertainment
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中