ウイイレアプリ
ウイイレアプリ2017攻略|スマホ版ウイニングイレブン
スキル(技)効果一覧と出し方

スキル(技)効果一覧と出し方

最終更新 :

ウイイレアプリのスキル一覧です。ウイニングイレブン2017のスマホアプリ版でスキルの効果について解説しています。ウイイレアプリのスキルを上手に使うための参考にしてください。

ウイイレアプリ攻略目次

スキル関連記事

スポンサーリンク

スキルの出し方

ウイイレアプリではコマンド入力はある?

現状、任意でスキルを発動できるコマンドが確認できないため、技は確率で発動する可能性が高い。スキルを使った場合は、画面左上にスキル名が表示されるため、発動の確認は可能。

コンシューマー版ウイイレとの違い

コンシューマー版のウイイレは、スキルによって狙ったタイミングで発動できた。加えてスキルを持っていないキャラでも発動することができたが、アプリ版では持っていないスキルの発動は期待できない。

スキル一覧

スキルをタップすると、効果詳細へ移動します。

▼シザーズ高速シザーズができるようになる。
▼エラシコエラシコができるようになる。
▼ルーレットボールタッチが特殊な、ルーレットができるようになる。
▼シャペウ三日月ターン、ブーメラントラップができるようになる。
▼軸裏ターンキックフェイント(軸足裏)ができるようになる。
▼軸足当て軸足当てができるようになる。
▼ヘッダーヘディングで正確なシュートを打つことができる。叩きつけもでやすくなる。
▼コントロールカーブミドルレンジからカーブを掛けた正確なシュートを打つことができる。
▼無回転シュート無回転シュートが打ちやすくなる。
▼アクロバティックシュート難しい体勢からでも足を使って正確なシュートを打つことができる。
▼ヒールトリックヒールトリックができるようになる。
▼ワンタッチシュートワンタッチで正確なシュートを打つことができる。
▼ワンタッチパスワンタッチで正確なパスを出すことができる。
▼バックスピンロブ前方へのフライパス、フライスルーでバックスピンを掛けた正確なパスを出すことができる。
▼ピンポイントクロスカーブを掛けた正確なクロスをあげることができる。
▼アウトスピンキック長い距離でもアウトサイドを使ってスピンをかけた正確なシュート、パスができる。
▼ラボーナラボーナができるようになる。ディフェンスのタイミングを外すようなシュート、パスができる。
▼低弾道ロブ状況に応じて弾道が低く正確なフライパスを出すことができる。
▼低弾道パントキック弾道が低く正確なパントキックができる。
▼ロングスローロングスローインの飛距離が伸びる。
▼GKロングスローゴールキーパーのスローの飛距離が伸びる。
▼マリーシアボールキープ時にファールを貰いやすくなる。
▼マンマークマーク相手から外されにくくなる。
▼チェイシング前線から相手のボールホルダーに対して積極的にプレッシャーをかける。
▼アクロバティッククリア難しい体勢からでも足を使って緊急回避のクリアができる。
▼キャプテンシーチームを鼓舞し、チームの調子を上げる。
▼スーパーサブ終盤で選手起用されると能力が上昇する。
▼闘争心周囲のプレッシャーに左右されず安定したプレーを行う。疲労の影響も受けにくくなる。

スキルを持つ選手は、特殊な動作やシュートなどができる。ポジションとスキルの相性が良い選手を優先して選び、最強のチームを目指そう。

スポンサーリンク

スキルの効果詳細

シザーズ

ドリブル中に左右の足でボールをまたぐテクニック。敵ディフェンスの重心を崩した瞬間に方向転換し、敵を抜き去ることができる。

エラシコ

足の外側でボールを軽く外側に押し出して、同じ足の内側で逆側に切り返すテクニック。最初のフェイントにかかった敵を抜ける。

ルーレット

ボールを軽く引いて、体をスピンさせるテクニック。スピンで敵に背中を向けた瞬間に再度ボールを引いて、一気に敵を抜きさることができる。

シャペウ

つま先で軽くボールを蹴り上げ、相手の頭上から抜き去るテクニック。

軸裏ターン

軸足の裏にボールを持って行き、正面の敵からボールを守るテクニック。そのまま方向転換して抜き去ることもできる。

軸足当て

軸足にボールを当てて、その反射方向へ敵を誘うテクニック。すぐさま逆足で切り返すことで、敵を裏をかける。

ヘッダー

ヘディングで正確なシュートができるので、クロスを受ける選手がスキルを持っていると決定力がアップする。

コントロールカーブ

ミドルレンジからのシュート成功率がアップするので、フリーキックなどで直接ゴールを狙う場合ははコントロールカーブ持ちがいい。

無回転シュート

無回転シュートはゴールキーパーに止められづらく、決定打に最適。所持選手は多くないので、獲得したら率先してスタメン採用したい。

アクロバティックシュート

オーバーヘッドをはじめとして、アクロバットなシュートの精度が軒並みアップする。ジャンピングボレーなども対象になる。

アクロバティッククリア

思わぬボールを返せる場合もあるので、ゴール前の乱戦時に活躍してくれる。もちろん、そういった状況にしないで済むに越したことはない。

ヒールトリック

ヒールリフトとはモーションが違い、ボールの軌道も変わってくる。ただ相手を抜くためのテクニックであることはまちがいなく、ヒールトリックからボレーなどの連携も可能。

ワンタッチシュート

その名の通り、ワンタッチシュートの精度がアップするスキル。ワントラップ後のシュートだけでなく、スルーパス等を直接シュートする場合も適用される。

ワンタッチパス

その名の通り、ワンタッチパスの精度がアップするスキル。ワンタッチシュート同様に、グラウンドパスをそのまま次のパスにつなげる際も適用される。

バックスピンロブ

フライ系のパス精度がアップするので、中盤の繋ぎを担う選手が持っていると驚異。パス後のバリエーションにも期待できるスキル。

ピンポイントクロス

カーブをかけたクロスの精度がアップする。両WGからの連携が強力になるので、率先して狙いたいスキル。

アウトスピンキック

ロングレンジでアウトサイドを使ったキックなら、シュートもパスも精度がアップする。得られる結果は不安定だが、持っておいて損はないスキルだ。

ラボーナ

典型的なトリックシュートだが、別スキルを使って敵ディフェンダーを抜いた方が効率的な場合もある。ただし、決まると非常に気持ちがいい。

低弾道ロブ

状況に応じて、フライパスの弾道が低くなり、精度もアップするスキル。基本的にフライパスは強力なので、中継役が持っていると非常に便利。

低弾道パントキック

GKが行うパントキックの弾道が低くなり、精度がアップする。タイミング次第ではそのままカウンターにも使える便利なスキル。

ロングスロー

その名の通り、スローイングの飛距離が伸びるスキル。ただし適用されるのはフィールドプレイヤーのスローイングのみで、GKのものは別で存在する。

GKロングスロー

その名の通り、ゴールキーパーのスロー距離が伸びる。上記ロングスローとは別で、GK専用のスキル。

マリーシア

ファールをもらいやすくなるスキルで、必然的に相手のファールを稼げる。目立つトッププレイヤーはほぼ持っていて、下手に仕掛けると痛い目を見る。

マンマーク

どちらかといえばDF寄りのスキルで、マークした相手から外されにくくなる。ガンガンプレスをかけて、ボールを奪い返そう。

チェイシング

かなり間接的なスキルだが、持っていて損はない。ただし目に見えた効果が現れるとは限らないので、保険程度に考えよう。

キャプテンシー

いわゆるリーダーシップやカリスマとも言えるスキル。無条件でチーム全体に影響するので、これを持ったキャンプテン選手の存在は大きい。

スーパーサブ

試合の終盤で選手起用されると、能力が上昇するスキル。全体的に高ステータスだが、スタミナが低い選手などが持っていると輝く。

闘争心

疲労の影響を受けにくくなるのが、特にありがたいスキル。アフェーでのプレッシャーにも強くなるので、持っていて損はない。

この記事を読んだ人におすすめ

©Konami Digital Entertainment
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中