ヴァンガードゼロ
ヴァンガードZERO攻略サイト
大幅強化された神器デッキ!構築面で重視した考え方も紹介!

ヴァンガードZERO 大幅強化された神器デッキ!構築面で重視した考え方も紹介!

最終更新 : ヴァンガードZERO攻略班
大幅強化された神器デッキ!構築面で重視した考え方も紹介!

攻略班が最新デッキでランクファイトに挑む!第61回は神器(ユグドラシル)デッキ(ジェネシス)のプレイレポートです。ランクファイトでの勝敗データ(勝率)や、警戒したいユニットと対策を紹介しています。

デッキレポートまとめ
第60回
探索者
第61回
ユグドラシル
第62回
青き炎

使用デッキと勝敗データ

神器は「バランス」命/構築のポイント

デッキレポートとは?

実戦での立ち回りを解説

新しく追加されたカードを使ったデッキや、現環境でTier上位に君臨するデッキのプレイングを、実戦をもとに解説!勝利の要因となったポイントやデッキ運用の注意点を説明していく。

攻略班の思考を言語化

本記事の内容は1ユーザーの考えを言語化したものであってこれが100%正解とは限らないが、筆者が意識していることをできる限り詰め込んだ。この記事を読んで思考の引き出しを増やし、プレイング上達に役立てて欲しい。

基本的な立ち回りはこちら

神器(ユグドラシル)デッキ|ジェネシス

新FV 双闘重視(25戦)

デッキレシピ

デッキコード:7001661
※5/18まで有効

拡大する
デッキの詳細はこちら

構築の狙い/注意点

構築の狙い

  • 新FV→退却対策・双闘持ちのSB③の難易度低
  • 双闘8枚→マリガン自由度UP・双闘の機会UP
  • 引9→SCの機会UP・純粋なリソースUP
  • ニュクスにヒール→タイミング問わず有効ヒールが狙える

注意点

マリガン

優先度ユニット
絶対
キープ
優先
キープ
妥協
キープ
キープ
しない

ブレイクライドの余裕を持つために、完全ガードをなるべく多く確保したい。引9なので、後から引けた双闘持ちで戦うイメージだ。

攻略班
コメント
細かい話ですが、初期手札にシャイニー・エンジェル(G1)とシードル(G1)がある時、ライドにはシードルを使っていました。瞬時にSC③できるシャイニーエンジェルを残すことで、SB⑥を繰り返し使えるようにするのが狙いです。

勝敗データ

勝率は60%(25戦)

拡大する

データ集計:5/5・5/9・5/10

対双闘デッキは勝率54%(13戦7勝6敗)

G3要求の☆アタックが刺さり喧嘩屋には勝ち越せたが、有利対面に感じていた探索者戦の勝率が伸び悩む。手札が揃いきってない序盤から展開で差をつけられて負けたファイトが多かった。

旧FV ブリュンヒルデin(25戦)

デッキレシピ

デッキコード:8363086
※5/18まで有効

拡大する
デッキの詳細はこちら

構築の狙い/注意点

構築の狙い

  • 旧FV→継続的なSC・バレンシア&カモミールのソウルIN狙い
  • ブリュンヒルデIN→退却プランを追加
  • ☆6引3→少ない展開で序盤から火力を出す・マリガンで絶対確保しないG3に引振り
  • アンジェリカにヒール→ブレイクライド時のSB③でヒールをドロップ&双闘で山に戻す
  • ピュアエンジェル3枚IN→双闘持ちが引けない事態への対策

注意点

  • 引9でないため、マリガンで何かしらのG3を確保
  • 退却クラン相手ではSC役を手札に温存
  • SCしすぎは厳禁、終盤のドロースキルで山札切れが加速

マリガン

優先度ユニット
絶対
キープ
優先
キープ
妥協
キープ
キープ
しない

G3は1枚もしくは2枚キープ

引トリガーが少ないため、余裕があればアンジェリカ&双闘持ちのセットキープでも良い。対面が速攻を仕掛けてきそうなら、双闘持ちだけキープし、マリガンでは完ガ探しを優先しよう。

勝敗データ

勝率は60%(25戦)

拡大する

データ集計:5/9〜5/11

対双闘デッキは勝率56%(16戦9勝7敗)

探索者相手には6勝3敗と勝ち越し。引トリガーを減らしたため完ガ探しが難しく、永続☆+1のアルティメットライザーへの対処が追いつかなかった。

アンジェリカヒールが度々刺さる

SBで双闘直前にドロップできるジェネシスならではの考え方だが、アンジェリカにヒールを振るのはアリ。☆+1の速攻には弱いものの、双闘が間に合えば、少ない山札にヒールを戻せる

攻略班
コメント
双闘で山にヒールを戻した後、バレンシアでさらに有効ヒールが引ける確率を上げていく流れが強力。引トリガーが少ないので、終盤アンジェリカを引いてしまう事故も少なかったです。

神器は「バランス」命/構築のポイント

トリガーとG3の相性

双闘持ちは引トリガーでサポート

  • リソースが安定しないと安定してSBが使えない
  • ☆+1が過剰になることがある

以上の理由で、双闘持ちを増やすなら、引トリガーに比重を置くのがオススメ。☆トリガーを混ぜる際は、引トリガーが少なくなりすぎないよう調整したい。

LB持ちは☆トリガーと組ませるのが吉

  • スキルを使うたびに山札消費が加速する
  • ☆トリガーとVスタンド(ミネルヴァ)が相性良い

以上の理由で、LB持ちを増やすなら、☆トリガーに比重を置くのがオススメ。山札切れの可能性を減らすために引トリガーを減らそう

FVそれぞれの長所/短所を把握

祈りの神器 プレイ・エンジェル【長所】
・退却される可能性が低い
「神器」なので双闘持ちのSB③と相性◎
・一気にソウルを4増やせる(双闘直乗りに対応)
【短所】
・双闘までSCできない(少し遅い)
・双闘持ち以外とは相性が悪い
戦巫女 アメノホアカリ【長所】
・継続的にSCできる
【短所】
・退却される可能性がある
・双闘持ちのSB③と相性がやや悪い
・双闘持ち直乗りに対応しにくい
禁書の魔女 シナモン【長所】
・質の良いSCが可能
【短所】
・退却される可能性がある
・双闘持ちのSB③と相性がやや悪い
・双闘持ち直乗りに対応しにくい
・完全ガードがソウルINしやすい

プレイ・エンジェルは双闘持ちが多いデッキに向いている。アメノホアカリやシナモンは汎用性があるものの、退却された際を想定して、SC役の編成数を調整する必要がある。

CB持ちは積極採用しやすい?

双闘持ちのG3ではCBを使わないため、かなりCBを持て余す傾向にある。デッキに足りないと感じた要素(展開・SC・火力など)を、CB持ちで補完できればGOOD。

シードル&カモミールで継続的にCBを使う

カモミールをソウルから展開予定のときに、事前にシードルを展開しておけば、連続でカモミールを呼び出せる

G3サブプランで使う

主にミネルヴァブリュンヒルデなどのサブプランで使う。無理にこれらのユニットを使う必要は無いが、スキル発動にCB面の心配が無いのは大きい。

キャラウェイINでドローソースをサポート

☆トリガー多めの構築ならアリ。キャラウェイのドローで、足りないドローソースを補完しよう。

サホヒメ投入でSCのバランスをとるのもアリ

サホヒメは一気にSC③できるので、FVが退却された際など、もしもの時の保険になる。他のSC役の編成数を減らしたい場合にも役立つぞ。

©bushiroad All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. 最強デッキランキング
    最強デッキランキング
    1
  2. 銃士(マルティナ)デッキ|ネオネクタール
    銃士(マルティナ)デッキ|ネオネクタール
    2
  3. マシニング・リトルビーの評価
    マシニング・リトルビーの評価
    3
  4. 撃退者(Abyss)デッキ|シャドウパラディン
    撃退者(Abyss)デッキ|シャドウパラディン
    4
  5. レジーデッキ|ダークイレギュラーズ
    レジーデッキ|ダークイレギュラーズ
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


ゲームを仕事に!
攻略メニュー
最新情報
7月新カード予想
ネオネクタールイベント開催
新弾デッキレポート
新弾「聖裁の青き炎」
スーパーデッキ販売開始
双闘解説
おすすめデッキレシピ
Tier1デッキ
Tier2デッキ
カードリスト
大会情報
イベント攻略
リセマラ/ガチャまとめ
リセマラ
ガチャまとめ
新カード予想
初心者記事
セオリー紹介
ファイト関連解説
ゲームシステム解説
クラン別一覧
カード修正
スリーブ/スキン
ランクファイト
ストーリーモード
アニメ1期の難関ストーリー
AC編の難関ストーリー
LJ編の難関ストーリー
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×