ヴァンガードゼロ
ヴァンガードZERO攻略サイト
ブロケード・インフェルノ実装!封竜デッキの実力や如何に!?

ヴァンガードZERO | ヴァンガードゼロ ブロケード・インフェルノ実装!封竜デッキの実力や如何に!?

最終更新 : ヴァンガードZERO攻略班
ブロケード・インフェルノ実装!封竜デッキの実力や如何に!?

攻略班が最新デッキでランクファイトに挑む!第28回は封竜を軸にした、かげろうのプレイレポートです。ランクファイトでの勝敗データ(勝率)や、警戒したいユニットと対策を紹介しています。

デッキレポートまとめ

使用デッキと勝敗データ(40戦)

警戒すべきユニット/デッキ

デッキレポートとは?

実戦での立ち回りを解説

新しく追加されたカードを使ったデッキや、現環境でTier上位に君臨するデッキのプレイングを、実戦をもとに解説!勝利の要因となったポイントやデッキ運用の注意点を説明していく。

攻略班の思考を言語化

本記事の内容は1ユーザーの考えを言語化したものであってこれが100%正解とは限らないが、筆者が意識していることをできる限り詰め込んだ。この記事を読んで思考の引き出しを増やし、プレイング上達に役立てて欲しい。

基本的な立ち回りはこちら

封竜デッキ

使用デッキと勝敗データ

封竜(ブロケード4採用)

拡大する
デッキの詳細はこちら

・・・クリティカルトリガー
・・・ドロートリガー
・・・スタンドトリガー
・・・ヒールトリガー

マリガンで優先するユニット

優先度ユニット
絶対
キープ
優先
キープ
妥協
キープ
キープ
しない

インターセプトなど無力!

G2の退却とインターセプト無効化に長けており、相手の守りを形骸化させて攻めるデッキとなっている。G2を多く展開して戦うデッキに対して有利にファイトを進めることができる。

得手不得手がはっきりしている

パワーで上回っているデッキ、じっくり時間をかけて戦うデッキ、FVが長く盤面に残るデッキ、ブーストの有無が重要なデッキに対して得意な印象を受けた。

苦手な印象があるのは、抹消者のように少数のカードで高い火力を出せるデッキ。

封竜(ジ・エンド4採用)

拡大する
デッキの詳細はこちら

マリガンで優先するユニット

優先度ユニット
絶対
キープ
優先
キープ
妥協
キープ
キープ
しない

マイルド封竜

退却一辺倒だったブロケード4枚採用型よりも戦略の幅が広がり、動きも予測されづらくなった。封竜としてのコンセプトを薄めて、どの相手でもバランスよく戦えるよう調整。

状況に応じVを変更

序盤はジ・エンドを軸に攻め、相手の出方次第で有効なヴァンガードへと再ライド。ジ・エンドがなければ、クロスライドorブレイクライドでブロケード・インフェルノに繋げる。

デッキの勝敗データ

ブロケード4採用の勝率は60%(20戦)

拡大する

データ集計:2020年10月1日〜10月2日

ジ・エンド4採用の勝率は60%(20戦)

拡大する

データ集計:2020年10月1日〜10月2日

ミサキキラー?

デッキアウトを狙えるフォルトナをはじめ、ジェネシス相手は全体的に有利な印象。対戦はなかったが、能動的に相手の山札をシャッフルできるため、ツクヨミ相手もかなり有利なはず。

火力不足に泣く場面も

☆・醒の手段が少ないので相手にLB発動の機会を与えることが多く、ダメージを追いかける展開になると厳しい。リアガード処理とダメージのバランスをどう取っていくかが課題。

FVはコンロー採用もあり

FVをリザードソルジャー コンローに変更することで、☆+1でガンガン攻めてくる相手に対して強くなるはず。現環境TOPの抹消者宝石騎士を強く意識するなら変更を検討しよう。

封竜デッキの意識すべきポイント

リアガードに構いすぎない

安全策の取りすぎは負けが込む原因。勝負すべきところは勝負しよう。封竜デッキの本懐は守りを許さない速攻なので、盤面の制圧にこだわり過ぎないように。

スキルを使うと相手のトリガー率が上がる

山札から新たなG2をコールさせるたびに、相手の山札に残るトリガーの比率は上がっていく。トリガーをバンバン引かれては結局ジリ貧なので、無駄にスキルを使わないようにしよう。

攻略班
コメント
思っていたより回し方というか、状況判断の難しいデッキでしたね。たぶんプレミめっちゃしてます。もっと練度を上げていかねば。

警戒すべきユニット/デッキ

ユニットをコストに使うデッキ

主なデッキタイプ

マジェスティ
(ロイパラ)
ファントム
(シャドパラ)
デューク
(シャドパラ)

自軍ユニットを退却させてスキルを発動するデッキに対しては、封竜の退却&G2コールの効果が薄い。特にマジェスティの場合、G2ブラスターをプレゼントする結果になることも。

対策①:クロスライドで戦う

退却&G2コールは相手のトリガー率アップを招くので、極力使わない。ブロケードのインターセプト無効化と、ブロケード・インフェルノのパワーアップ&G2退却でゴリ押ししよう。

対策②:パワー10000のG2を有効活用

これらのデッキのG2以下は、パワーよりスキルを重視されていることが多いため、単騎ではハンガーヘル・ドラゴンのインターセプト突破が難しい。Vの☆+1を回避できれば儲けものだ。

対策③:ジ・エンド&コンローを採用

封竜デッキのコンセプトとは少し離れるが、退却&G2コールに使うCBを他に使った方が効率的。副作用として、得意だったフォルトナツクヨミに対してはやや弱くなる可能性がある。

©bushiroad All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. ハロウィンイベントの効率的な進め方
    ハロウィンイベントの効率的な進め方
    1
  2. 必ず知っておきたい!ライドサポート機能まとめ
    必ず知っておきたい!ライドサポート機能まとめ
    2
  3. 初心者必見!序盤の進め方まとめ
    初心者必見!序盤の進め方まとめ
    3
  4. サイレント・トムの評価
    サイレント・トムの評価
    4
  5. ジ・エンドのデッキ|かげろう
    ジ・エンドのデッキ|かげろう
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


攻略メニュー
最新情報
ハロウィンイベント
11月以降の新カード予想
新弾「封竜解放」
封竜解放デッキレポート
おすすめデッキレシピ
Tier1デッキ
Tier2デッキ
大会情報
イベント攻略
リセマラ/ガチャまとめ
リセマラ
ガチャまとめ
初心者記事
セオリー紹介
ファイト関連解説
ゲームシステム解説
カードリスト
クラン一覧
カード修正
スリーブ/スキン
ランクファイト
ストーリーモード
アニメ1期の難関ストーリー
AC編の難関ストーリー
LJ編のストーリー
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×