ヴァンガードゼロ
ヴァンガードZERO攻略サイト
マガツデッキ|むらくも

ヴァンガードZERO | ヴァンガードゼロ マガツデッキ|むらくも

最終更新 : ヴァンガードZERO攻略班
マガツデッキ|むらくも

隠密魔竜 マガツストームを軸にした、むらくもの最新デッキレシピです。マリガンや立ち回りのコツ、カードの入れ替え候補も掲載しています。

最強デッキランキング

目次

デッキの基本情報

クラン:むらくも

エースカード

カードカード名/スキル
隠密魔竜 マガツストーム
【VC】LB④CB②で起動できる。そのターン中、パワー+3000。「隠密魔竜 マガツストーム」を2枚コールし、ブーストを与える。そのターンの終了時、1枚を手札に加え、もう1枚を除外する。
【VC】アタック時、CB①と[ペルソナブラスト]で発動できる。手札から「マガツ」を1枚コールする。
【VC】ソウルに「忍竜 マガツゲイル」があるなら、パワー+1000。

デッキの概要

分身の術で盤面を展開!

盤面に並ぶのと同じユニットを、瞬時に複数展開できるのが、マガツデッキの連携ライドの魅力だ。スキルで呼びすユニットは山札の外から来るため、トリガー率の変動は無い。

Vを切り替えれば守備力がUP

マガツ系連携ライドの攻撃力だけでなく、夢幻の風花 シラユキによる4ダメからの守備力もこのデッキの魅力。耐えれば勝てそうな状況を見極めて使いたい。

トリガーは引か醒

安定したリソースでじっくり戦うならドロー9、火力特化で速攻を仕掛けるならスタンド9がオススメ。4:5などで混ぜてもいいが、安定しないと感じたため特化型を採用している。

デッキレシピ

マガツデッキ

拡大する
デッキの詳細はこちら

・・・クリティカルトリガー
・・・ドロートリガー
・・・スタンドトリガー
・・・ヒールトリガー

入れ替え候補

FV入れ替え候補

ユニットユニット名/スキル
変わり身の忍鬼 コクエンマル
【先駆】(ライドされた時、RCに移動する)
【RC】CB①と[このユニットをソウルに置く]ことで起動できる。山札を上から5枚見て、グレード3以上を1枚手札に加える。
忍獣 イビルフェレット
【先駆】(ライドされた時、RCに移動する)
【RC】[このユニットを山札の下に置く]ことで起動できる。手札から1枚コールする。そのターンの終了時、そのユニットを手札に戻す。

変わり身の忍鬼 コクエンマル

G3サーチスキル持ち。デッキにペルソナブラスト持ちが3種類いるため、ペルソナブラストをサポートしやすいコクエンマルはデッキと相性が良い。

忍獣 イビルフェレット

呼び出せるユニットにグレードの指定が無いため、Vより格上のグレードを呼び出して序盤から確定ラインが作れる。

G2入れ替え候補

ユニットユニット名/スキル
ライト・アレスター
【右列のRC】左列のRCにあなたの「レフト・アレスター」がいるなら、パワー+3000。
レフト・アレスター
【左列のRC】右列のRCにあなたの「ライト・アレスター」がいるなら、パワー+3000。

パワー12000のG2枠。パワーアップ条件が難しい上に忍竜 ロワイアルノヴァより守備力は落ちるが、元パワーが9000なため穴のないデッキを目指せる。比較してみて、使いやすいほうを選ぼう。

マンダラロード採用型

ユニットユニット名/スキル
隠密魔竜 マンダラロード
【VC】このユニットがアタックされた時、CB①と[ペルソナブラスト]で自動的に発動する。そのバトル中、アタックしているユニットのパワー-10000。
(このユニットのパワー未満にできる場合のみ発動する)
忍竜 カースドブレス
【VC/RC】アタックがヴァンガードにヒットした時、山札の上から5枚見て、「隠密魔竜 マンダラロード」を1枚手札に加え、残りのカードを山札の下に置く。
忍竜 ミダレエッジ
【VC/RC】アタックがヴァンガードにヒットした時、山札の上から5枚見て、「隠密魔竜 マンダラロード」を1枚手札に加え、残りのカードを山札の下に置く。

盤面の一斉パワーアップやVの高パワーには耐えられないものの、G2が用意できない際にRラインのアタックを防げるのは魅力だ。サーチスキル持ちがCBを使わない点も◯。

マリガン・立ち回りのポイント

マリガンで優先するユニット

優先度ユニット
絶対
キープ
優先
キープ
妥協
キープ
キープ
しない

連携ライドのG1・G2が最優先

忍竜 マガツブレス(G1)→忍竜 マガツゲイル(G2)の連携ライドで、2ターン目にパワー9000を2体展開できるのは非常に強力。この2体はマリガンで絶対に確保しよう。

マガツゲイル(G2)に関しては、隠密魔竜 マガツストームで盤面を入れ替える際にも使えるので、手札に持っておくに越したことはない。

マガツストームの確保は要検討

マガツストームは攻撃の起点となるユニットなので、初期手札にG1マガツがいれば持っておきたい。それ以外の場合では、基本マリガンに出してG1・G2マガツを探しにいこう。

1・2ターン目の立ち回り

FV→G1の連携ライドでサーチスキル発動

忍竜 マガツウインド(FV)→忍竜 マガツブレス(G1)のライドで、デッキトップ7枚からG2・G3の連携ライド先を探せる。手札にないグレードをサーチするのが基本で、どちらも持っている場合はG2キープがおすすめ。

G1→G2の連携ライドでG2を2体展開

呼び出した忍竜 マガツゲイルはブーストにも使えるため、2体で1ライン作れば18000以上のラインが作れる。ターン終了時に1枚G2が手に入るため、以降の守備も少し楽になるぞ。

ダメージの目安は2ダメ、3ダメ

2ターン目終了時点で、先行なら2ダメ以上、後攻なら3ダメ以上が目安。2ダメ確定ラインが作りやすい上に、トリガーが引9なのでリソースもすぐには枯渇しない。

3ターン目以降の立ち回り

マガツストームにライド→連続攻撃

手札に複数のライド候補がある場合、基本は隠密魔竜 マガツストームへライドだ。連携ライド成功時やLB起動で、山札外からマガツストームを2体展開、しかもブーストで使用できる。CB①&PBで連続攻撃が狙えるのも◎。

上書きコールしても手札に戻る

マガツストームのスキルで呼び出したマガツストームは、1体でも残っていれば手札に戻ってくる。不要であれば、PBで連続攻撃を狙った際に上書きコールで1体退却させてもOKだ。

▲画像のように、マガツストーム2体でRラインを形成する際には覚えておきたい。

シラユキのライドも検討

ライド先がそれしかいない時はもちろん、被ダメに余裕がない時はシラユキにライド・再ライドしよう。ライド時のCB②で事前にPBの準備ができるのは大きい。

©bushiroad All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. 最強デッキランキング
    最強デッキランキング
    1
  2. シュティル・ヴァンピーアの評価
    シュティル・ヴァンピーアの評価
    2
  3. 忍獣 イビルフェレットの評価
    忍獣 イビルフェレットの評価
    3
  4. ランクファイトシーズン(2020/9)環境メタレポート
    ランクファイトシーズン(2020/9)環境メタレポート
    4
  5. オラクルシンクタンクのデッキとカード一覧
    オラクルシンクタンクのデッキとカード一覧
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


攻略メニュー
最新情報
新弾デッキレポート
新弾「綺羅の歌姫」
「綺羅の歌姫」デッキ
「綺羅の歌姫」RRR
大会情報
デッキレシピまとめ
Tier1デッキ
Tier2デッキ
イベント攻略
リセマラ/ガチャまとめ
リセマラ
ガチャまとめ
初心者記事
セオリー紹介
ファイト関連解説
ゲームシステム解説
カードリスト
クラン一覧
カード修正
スリーブ/スキン
ランクファイト
ストーリーモード
アニメ1期の難関ストーリー
AC編の難関ストーリー
LJ編のストーリー
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中