ヴァンガードゼロ
ヴァンガードZERO攻略サイト
スペクトラル・デューク・ドラゴンの評価

ヴァンガードZERO | ヴァンガードゼロ スペクトラル・デューク・ドラゴンの評価

最終更新 : ヴァンガードZERO攻略班
スペクトラル・デューク・ドラゴンの評価

スペクトラル・デューク・ドラゴンの評価、デッキ内での使い道、相性の良いカードを掲載しています。デッキを組む時の参考にしてください。

目次

スペクトラル・デューク・ドラゴンの情報

黒騎士の槍が天を引き裂き、
伝説が再び蘇る。

【プレミアムカード】
聞け、冥界の魔槍の呻きを!
スペクトラル・ハルバード!

重要度
レアリティガチャ / RRR
種族アビスドラゴン
国家ユナイテッドサンクチュアリ
クランゴールドパラディン
グレード3
スキルアイコンツインドライブ
パワー10000
イラストイラスト:スズキゴロウ
全カードの評価はこちら

テキスト効果

【VC】LB④ターン1回ヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、CB②と[リアガード2枚の退却]で発動できる。このユニットをスタンドし、1枚引く。そのターン中、『ツインドライブ!!』を失う。
【VC】ソウルに「黒竜の騎士 ヴォーティマー」があるなら、パワー+1000。
(このカードは《シャドウパラディン》デッキに入れることができる)

評価と使い道

LBでVスタンド&1枚ドローが可能

デュークのVスタンドは終盤のダメージ稼ぎの軸となる優秀なスキル。☆トリガーと組み合わせれば、完全ガードを複数枚吐かせたり、一気に勝負を決めることも可能だ。

完全ガードに強い

デュークのVスタンド最大の魅力は、Vスタンドが「ヴァンガードにアタックしたバトルの終了時」に発動できる点。一撃目が完全ガードで止められても2撃目が可能となるぞ。

一撃目は単騎で行うのがベター

Vスタンドの対象はデュークのみなので、ブーストまではスタンドできない点を覚えておこう。

連携ライドを活用しよう

G2ヴォーティマーからのライド、常時パワー+1000に加え、R1体の退却でデッキトップ2体のコールが可能。単騎で一撃目を通す準備をしつつ、コストに使うRを用意しよう。

シャドウパラディンでも使用できる

2つのクランで使用できるのもデュークの魅力。シャドウパラディンのドロースキルや盤面展開スキルとの相性も良い。

相性の良いカード

黒竜の騎士 ヴォーティマーソウルにG2ヴォーティマーがあれば、デュークを常時パワー+1000できる。G1→G2、G2→G3の連携ライドでデュークのLBのスキルコストとなるRを用意できる点も◯。
漆黒の先駆け ヴォーティマーFVヴォーティマーからライドした際に発動するサーチスキルでデュークを探せる。G2ヴォーティマーにライドした際のデッキトップコールで、デュークのLBのスキルコストとなるRを用意できる点も◯。
幼き黒竜 ヴォーティマーG1ヴォーティマーにライドした際に発動するサーチスキルでデュークを探せる。
戦馬 レイジングストームG1ヴォーティマー→G2ヴォーティマーへの連携ライドに失敗した際、レイジングストームで後からG2ヴォーティマーをソウルに送れば、デュークのパワーを常時+1000できる。

©bushiroad All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. 最強デッキランキング
    最強デッキランキング
    1
  2. ラプトルのデッキ|たちかぜ
    ラプトルのデッキ|たちかぜ
    2
  3. ヴァーミリオンのデッキ|なるかみ
    ヴァーミリオンのデッキ|なるかみ
    3
  4. クロムデュークのデッキ|シャドウパラディン
    クロムデュークのデッキ|シャドウパラディン
    4
  5. リセマラランキング最新版
    リセマラランキング最新版
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
最新情報
たちかぜイベント
竜騎激突最新デッキ
デッキレポート
トライアルデッキ
おすすめ記事
大会情報
デッキレシピまとめ
Tier1デッキ
Tier2デッキ
Tier3デッキ
初心者記事
リセマラ
セオリー紹介
ファイト関連解説
ゲームシステム解説
カードリスト
スリーブ/スキン
ランクファイト
ストーリーモード
アニメ1期
アジアサーキット編
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中