ヴァンガードゼロ
ヴァンガードZERO攻略サイト
耐えて勝つ!回復して勝つ!キリエル軸のデッキレポート!

ヴァンガードZERO | ヴァンガードゼロ 耐えて勝つ!回復して勝つ!キリエル軸のデッキレポート!

最終更新 : ヴァンガードZERO攻略班
耐えて勝つ!回復して勝つ!キリエル軸のデッキレポート!

攻略班が最新デッキでランクファイトに挑む!第8回は「キリエル軸」のプレイレポートです。ランクファイトでの勝敗データ(勝率)や、攻略班が強いと思った立ち回りとその理由などを解説しています。

デッキレポートまとめ

目次

デッキレポートとは?

実戦での立ち回りを解説

新しく追加されたカードを使ったデッキや、現環境でTier上位に君臨するデッキのプレイングを、実戦をもとに解説!勝利の要因となったポイントやデッキ運用の注意点を説明していく。

攻略班の思考を言語化

本記事の内容は1ユーザーの考えを言語化したものであってこれが100%正解とは限らないが、筆者が意識していることをできる限り詰め込んだ。この記事を読んで思考の引き出しを増やし、プレイング上達に役立てて欲しい。

基本的な立ち回りはこちら

キリエルのデッキレシピ

今回使用したデッキ

①ドロー5スタンド4型

拡大する
デッキの詳細はこちら

ペガサスで2ダメ確定ラインを作る

ダメージゾーンとの入れ替えを活用してペガサスをパワーアップさせ、スタンドトリガーで2撃目を狙う型。エンフェ特有のダメージケアと合わせて有利を取っていこう。

火力とハンドがやや不安定

G2処理から2ダメを狙うラインを作っても、醒トリガーが引けず活かしきれないことが多々あった。終盤ダメージゾーン入れ替えに使う余分なカードがない場合もあり、クランの良さを活かせなかったためデッキを修正した。

②ドロー9型

拡大する
デッキの詳細はこちら

エルゴディエルとの融合

回復に重きを置くために、2ダメの起点となっていたペガサスを大幅に抜いて、G3エルゴディエルを投入。スタンドを捨てドロー9に変更し、エルゴディエルのペルソナブラストも狙いやすくした。

毎ターン1ダメ&ダメージケアで勝つ

醒トリガーがない分1ターンに2ダメ与えるのが難しくなったが、ヒールの機会がかなり増えた。ドロー9やG1の入れ替えにより、入れ替えやすいカードが増えた分疑似CCの機会が増え、CBが使いやすくなったのもポイント。

投入したユニットの編成理由はこちら
カードカード名/スキル
命の水の運び手
ブーストに使って前列のパワーを補強した後、バウンスさせてシャムシャエルやノキエル2種でダメージゾーンに送るために投入。手札更新のコストにも使いやすい。
キャンドルライト・エンジェル
終盤G1やG3が手札に余った際、完全ガードを探しに行けるよう投入。
星辰の癒し手 エルゴディエル
手札にダブっても回復、トリガーチェックで引いても回復、ダメージゾーンから回収して更に回復と、回復面を強化できる。

ランクファイトの勝敗データ

①②の勝率合わせて57%(30戦の勝率)

拡大する

①デッキで5戦、②デッキで25戦プレイし、結果は17勝13敗と勝ち越した。マリガンでG3は全て出し、序盤の展開力を重視した立ち回りにすればドロー9でも十分ダメージを稼げた。

対Tier1勝敗データ

TOTAL勝率10勝 10敗
(勝率:50%)
マジェスティ4勝 5敗
ジ・エンド0勝 1敗
ファントム・ブラスター1勝 0敗
ブロンドエイゼル5勝 4敗

双剣覚醒環境のTier1に加え、新弾Tier1のブロンドエイゼル軸が対象。☆+1アタックを仕掛けてくる相手に対しては、完全ガードを回収できる分十分に戦えた。

勝率60%のポテンシャルは十分にある

コントロール型のデッキで使い慣れるまでに時間はかかったが、上手くデッキが回った時は3ダメージ差で勝利するなんてことも。ダメージゾーンの活用に慣れてきたら勝率60%は目指せそうだ。

デッキ運用のポイント/注意点

2ターン目までは2ダメを狙う

終盤になればダメージが稼ぎにくくなる

ドロー9のデッキでは、相手がG2を並べてきた際1ダメ与えて終わることが多い。序盤はG1・G2を厚く持って、なるべく2ダメを狙いに行くようにしよう。

ノキエルは温存しても良い

ダメージゾーンからの回収に使いたいG1ノキエルG2ノキエルも最序盤にはなるべく使いたくない。2ダメ確定ラインが作れないなら温存が◯。

終盤はエルミエル活用で2ダメ

相手がインターセプトを並べた時でもエルミエルの疑似スタンドで2ダメが狙える。追撃と同時に守備も固めたいので、基本はG2と入れ替えよう。

FVの使い所/注意点

基本的には積極的にスキルを使いたい

ダメージの稼ぎ時である序盤の展開力を確保するためにも、サニースマイル・エンジェル(FV)のドロースキルは速攻使いたい。特に相手がなるかみ対面なら、リザードソルジャー サイシンで退却されかねないので速攻使おう。

できれば後攻1ターン目のFVは温存

最序盤から引トリガーを引くこともあり、FV&トリガーチェック2回で連続3枚引けば手札が溢れてしまう。V単体で1ダメが確定で稼げない時は余裕があればFVとは別のブーストを用意したい

ダージゾーンとの入れ替え対象

交換に出しやすい手札のカード

手札に余ったG1・G3を優先的にダメージゾーンとの交換に使おう。エルミエルはダメージゾーンにG2がいない時、キリエルは再ライドの予定がない時などに交換に使うのがおすすめ。

欲しいダメージゾーンのカード

主に完全ガード・FV・G2を回収したい。G3エルゴディエルはペルソナブラストが狙える時に回収しよう。G1ノキエルG2ノキエルが裏向きになっている時は回収してCC②を狙うのも◯。

エルゴディエルのPBは早めに使う

終盤で使うのは難しい

スキル発動条件が「アタックが相手Vにヒットした時」なので、5ダメまで詰めてしまった後では使いにくい。あくまで3ターン目以降PBが可能ならすぐに使うイメージで、温存し過ぎには要注意だ

マリガンでは全部出す

ダメージチェックで引く→回収するの流れを可能にするため、今回のデッキではG3エルゴディエルにヒールを振っている。ヒールの機会を増やすためにもキープしないのがおすすめ。

Tier1デッキ対面でのポイント

VSジ・エンド

しっかりG2を並べて耐える

こちらの前列を全処理されると、一気に3ダメを与えられることが多い。終盤オーバーロードでCB③を起動される前に、こちらがどれだけ被ダメを軽減し、かつダメージを回復できるかが重要。

完全ガードも持っておきたい

臥竜 ストライケンだけでなくトリガーでも☆+1アタックが飛んでくることがあるので、完全ガードも持っておきたい。

VSマジェスティ

回収・ドロー・手札更新で完ガを集める

マジェスティの常時☆+1に完全ガードで対策しよう。ドロー9なので、スキル使用込みでかなり完全ガードを集めやすい。加えてマリガンでもキープしよう。

VSファントム・ブラスター

完ガ・G2を集める

マジェスティ対面同様に、シャドパラ対面でも完全ガードで☆+1対策をしていこう。マジェスティと違って常時☆+1ではないので、退却スキル対策にG2を集める余裕もあるぞ。

VSブロンドエイゼル

4ダメで止めず殴り続ける

こちらは相手Vにアタックできる機会が少ないので1ダメは貴重。返しのターンでLBを使われるとしても、3ダメ→4ダメのアタックは敢行していきたい。

©bushiroad All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. 最強デッキランキング
    最強デッキランキング
    1
  2. エイゼルのデッキ|ゴールドパラディン
    エイゼルのデッキ|ゴールドパラディン
    2
  3. 銃士のデッキ | ネオネクタール
    銃士のデッキ | ネオネクタール
    3
  4. アルボロスのデッキ | ネオネクタール
    アルボロスのデッキ | ネオネクタール
    4
  5. メイルストロームのデッキ|アクアフォース
    メイルストロームのデッキ|アクアフォース
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
最新情報
竜騎激突
デッキレポート
トライアルデッキ
おすすめ記事
マイと三重奏とお花のシール
大会情報
デッキレシピまとめ
Tier1デッキ
Tier2デッキ
Tier3デッキ
初心者記事
リセマラ
セオリー紹介
ファイト関連解説
ゲームシステム解説
カードリスト
スリーブ/スキン
ランクファイト
ストーリーモード
アニメ1期
アジアサーキット編
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中