ヴァンガードゼロ
ヴァンガードZERO攻略サイト
パワー5000を意識した立ち回り|セオリー⑤

ヴァンガードZERO | ヴァンガードゼロ パワー5000を意識した立ち回り|セオリー⑤

最終更新 : ヴァンガードZERO攻略班
パワー5000を意識した立ち回り|セオリー⑤

デッキの作り方/ファイトのプレイングのセオリーを紹介!今回は「パワーのライン」についてまとめています。デッキ作りや立ち回りの参考にしてください。

セオリー記事

▶①ドロートリガーの重要性について

▶②クリティカルとスタンドどっちがいい?

▶③ヒールトリガーを最大限活用するコツ

▶④マリガン(引き直し)のコツ

目次

5000ラインとは?

ダメージ計算の基準となる数値

相手がダメージを受けた時に発動するパワー+5000(ダメージシールド)と、相手がダメージチェックでトリガーを引いた際のパワー+5000を考慮した上で、配置やアタック順を工夫するのが2ダメージ以上稼ぐテクニックとなる。

そもそもラインって何?

盤面での前列と後列をまとめた呼称で、左、中央、右で3つのラインが形成される。下記の「15000ライン」「20000ライン」は、前列と後列の総合パワーを表したものとする。

デッキを組む際にラインを考慮する

20000ラインや21000ラインが作れるかどうか、単体での12000のインターセプト処理はできるかなど、組み合わせを考えながらデッキを作っていきたい。

G1の8000やG2の10000はおすすめ

デッキ編成で困ったら、とりあえずG1とG2のバニラ(スキルが無いカードのこと)は編成しておこう。各グレードの中でも高いパワーを持つので、高パワーのラインを作る際に役立つ。

グレード3のパワー+10000が基準

相手ヴァンガードのパワー+10000に対応できるようデッキを組むのが基本。G3パワーの主流は勝率にも大きく関わってくるので、環境に合わせてデッキを組み直していこう。

2ダメージ以上を稼ぐテクニック

相手のパワー+10000を用意する

相手のパワー+10000で2ダメ確定ラインが作れる。例えば、相手V(ヴァンガード)がパワー10000なら20000、11000なら21000のラインで2ダメが確定となる。

もちろんトリガーが引ければ、パワー不足でも2撃目以降が通る可能性もある。

ブーストで15000ラインを作る

ブーストできれば15000以上のラインは比較的作りやすい。15000ラインがあれば2ダメ目が狙える上に、ドライブチェック次第では20000ラインになり2ダメが確定圏内となる。

パワーアップで20000ラインを作る

上述のブースト込み15000ラインを、パワーアップスキルで20000以上のラインにできると更に効果的だ。2ダメ目確定圏内だけでなく、盤面次第では3ダメも狙えるぞ。

ユニットの配置やアタック順を工夫

インターセプト処理→ヴァンガードへのアタック、の流れが可能な配置やアタック順を考えよう。必要なパワーのラインを作ったら、インターセプトを処理して、パワーの低いラインからヴァンガードへアタックしよう。

パワーアップでダメージを稼ぎやすくする

パワーアップスキル等を活用すればアタックの成功率が上がるだけでなく、手札の温存にも繋がる。
拡大する

▲例えばこちらの盤面、中央列で1撃目、右列で2撃目、左列で3撃目で3ダメージ与えることができた。トリガーを引いてゴクウの退却スキルが発動すると左列はパワー26000になるので、相手がダメージチェックで2回連続トリガーを引かない限り3ダメージが狙える。

▲配置やアタック順に関しては、実戦で慣れるのも良いが、初心者の方はトレーニングファイトを活用するのがオススメ。

▶トレーニングファイト「基本」解説はこちら

▶トレーニングファイト「応用」解説はこちら

トリガーのパワー+5000を考慮

トリガーによるパワー+5000の配分次第で与ダメが増えるので、トリガーを引いた時のことを考えた配置ができると効果的。ダメージ状況や編成するトリガーによって、配分やアタック順が異なる。

▶パワー配分の練習問題はこちら

☆・醒トリガーを引いた場合の5000配分

どちらのトリガーによる+5000でも中央がパワー不足ならヴァンガードに、そうでないなら他ラインに配分するのが基本。

スタンドしているリアガードに5000を振れば与ダメを増やせる可能性があるので、ヴァンガードでのアタックが確実に通るならリアガードに振ろう。

ちなみにヴァンガードZEROでは、クリティカルトリガーの☆+1をヴァンガード以外のユニットに配分することはできない。

練習問題

練習問題①

問題・条件

問題
1ターン内で3ダメージを狙うには、トリガーによるパワー+5000をどのラインに振るべき?
条件
・ツインドライブで、ドロートリガーを2回引くものとする
・盤面のユニットは全てバニラ(スキル無し)とする

盤面

---
--
-

選択肢

①左右のラインそれぞれに、トリガー効果のパワー+5000を1回ずつ振り分ける

②左右どちらかのラインに、トリガー効果のパワー+5000を2回とも振り分ける

正解

正解はこちら
正解:②
左右どちらかのラインに、トリガー効果のパワー+5000を2回とも振り分ける

②の10000、15000、25000のラインができる形が正解。

1撃目でトリガーを引かれた場合を想像してみよう。相手のパワーは10000→20000なので、①②のどちらでも2ダメージしか与えられない

次は1撃目・2撃目どちらもトリガーを引かれなかった場合。相手のパワーは10000→15000→20000なので、①②どちらでも3ダメージ与えられる

では、2撃目でトリガーを引かれた場合を想像してみよう。相手のパワーは10000→15000→25000なので、①の20000ラインではアタックが通らなくとも②の25000ラインでは通る。ここで与ダメに差が出てくるため、正解は②。

練習問題②

問題・条件

問題
相手のダメージが4の状況で、
1ターン内で勝ちに行くには、トリガーによるパワー+5000をどのラインに振るべき?
条件
・ツインドライブで、ドロートリガーを2回引くものとする
・相手は手札に完全ガードを1枚持っているものとする
・盤面のユニットは全てバニラ(スキル無し)とする

盤面

---
--
-

選択肢

①左右のラインそれぞれに、トリガー効果のパワー+5000を1回ずつ振り分ける

②左右どちらかのラインに、トリガー効果のパワー+5000を2回とも振り分ける

正解

正解はこちら
正解:①
左右のラインそれぞれに、トリガー効果のパワー+5000を1回ずつ振り分ける

①の10000、20000、20000のラインができる形が正解。

1撃目でトリガーを引かれた場合を想像してみよう。相手のパワーは10000→20000になり、あと1ダメージ与えれば勝利だ。

②の場合だと、2撃目に使えるのが25000ライン1つのみで、アタックしても完全ガードで防がれて終わる

しかし①の場合、20000ラインが2つあることで3撃目まで可能なので、2撃目を完全ガードで防がれても3撃目が通せる

よって、より相手にアタックできる①が正解。

©bushiroad All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. ビビったら負け!超攻撃的な獣神デッキで勝利を掴め!
    ビビったら負け!超攻撃的な獣神デッキで勝利を掴め!
    1
  2. 最強デッキランキング
    最強デッキランキング
    2
  3. トライアルデッキは買うべき?構築済みデッキのメリットを紹介!
    トライアルデッキは買うべき?構築済みデッキのメリットを紹介!
    3
  4. グローリー実装で吹き荒れる嵐!対策必須のアクアフォース!
    グローリー実装で吹き荒れる嵐!対策必須のアクアフォース!
    4
  5. クロムデュークのデッキ|シャドウパラディン
    クロムデュークのデッキ|シャドウパラディン
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
最新情報
竜騎激突
デッキレポート
トライアルデッキ
おすすめ記事
大会情報
デッキレシピまとめ
Tier1デッキ
Tier2デッキ
Tier3デッキ
初心者記事
リセマラ
セオリー紹介
ファイト関連解説
ゲームシステム解説
カードリスト
スリーブ/スキン
ランクファイト
ストーリーモード
アニメ1期
アジアサーキット編
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中