ヴァンガードゼロ
ヴァンガードZERO攻略サイト
ヒールトリガーを最大限活用するコツ|セオリー③

ヴァンガードZERO | ヴァンガードゼロ ヒールトリガーを最大限活用するコツ|セオリー③

最終更新 : ヴァンガードZERO攻略班
ヒールトリガーを最大限活用するコツ|セオリー③

デッキの作り方/ファイトのプレイングのセオリーを紹介!今回は「ヒールトリガー」についてまとめています。デッキ作りの参考にしてください。

セオリー記事

▶①ドロートリガーの重要性について

▶②クリティカルとスタンドどっちがいい?

▶④マリガン(引き直し)のコツ

▶⑤パワー5000を意識した立ち回り

目次

ヒールトリガーの特徴

ヒールトリガーの特徴まとめ

  • 【長所】ダメージを回復できる
  • 【長所】使えるCBが増える
  • 【短所】ダメージが相手より少ないと不発

ダメージを回復できる

1ダメージの価値が高いヴァンガードでは、勝敗を分ける大きな要因の一つとなっている。ドライブチェック・ダメージチェックのどちらでも発動可能だ。

ヒールが残っている限り諦めない!

ダメージが5→6の時のダメージチェックでヒールトリガーを引いて形勢逆転!なんてことも。この6点ヒールが狙える限り、苦しい状況でも最後まで粘ってみよう。

▲ファイト画面やログで相手のヒールトリガーの残り枚数を確認して、6点ヒールの警戒をしていこう。

デッキに編成できるヒールは4枚まで

他のトリガーは最大9枚まで設定できるが、ヒールトリガーは4枚までとなっている。勝敗に大きく関わるトリガーなので、どのようなデッキでも4積みが基本

使えるCBが増える

既にCBを使って裏向きになっているカードが消え、表向きのカードがダメージゾーンに並ぶ。CBを使ったそばから回復できれば、ファイト中に使えるCBが増えるのは非常に強力。

ドラゴニック・オーバーロードのCB③を、ヒールトリガーの回復によってファイト中2回使うのが代表例だ。

CB発動が遅れることも

ヒールトリガーはダメージゾーンのカードを1枚減らすので、CBを使っていない場合はコストごと消える。ヒールを引いたことによりコスト重めのCB起動が遅れることもある。

▲特にローエングリンのような「アタックがヒットした時」が条件のスキルは要注意!

ダメージが相手より少ないと不発

相手とダメージが同じかそれ以上でないと、ヒールトリガーを引いても回復できない。速攻型のデッキを使っている場合は、ある程度のヒール不発は覚悟しておこう。

ヒールトリガー活用のコツ

アタックする順番を工夫する

お互い同ダメージの状況を想定してみよう。ヴァンガード→リアガードの順にアタックすればヒールトリガーが発動するが、順番が逆だとヒールを引いても不発に終わる可能性が高い。

ライドフェイズで考える癖をつけよう

ライドフェイズで「このターンにどうアタックするのか」を確認することでミスは格段に減る。5000刻みのパワーラインとアタックする順番の両方を検討してからライドをしよう。

ライド優先度の低いユニットに設定

ヒールトリガー持ちはなるべく山札に置いておきたいので、マリガンでは基本戻すことになる。メインの立ち回りではないG3(ライドしないG3)にヒールを設定するのがオススメ。

おすすめのヒール設定先

孤高の騎士 ガンスロッド
(ロイヤルパラディン)
手札から山札に戻せるので、ヒールを設定すると終盤の粘り強さが全く変わってくる。デッキを問わず4枚編成したいユニットだ。
デュアルアクス・アークドラゴン
(かげろう)
リアガードで使うのが基本のユニット。コストのないパワーアップスキルを持ち、デッキに入れやすい。
セクレタリー・エンジェル
(オラクルシンクタンク)
優秀な手札更新スキルを持つ。リアガードで使う想定のユニットなのでヒールに設定しやすい。
デスメタル・ドロイド
(ノヴァグラップラー)
パワーアップスキル持ち。リアガードで使う想定のユニットなのでヒールに設定しやすい。
スーパーアイドル セラム
(バミューダ△)
パワーアップスキル持ち。リアガードで使う想定のユニットなのでヒールに設定しやすい。
深淵の呪術師 ネグロマール
(グランブルー)
パワーは低いがスキルが優秀なユニット。リアガードで使う想定のユニットなのでヒールに設定しやすい。

手札から山札にヒールを戻す

ロイヤルパラディンオラクルシンクタンクで有効な戦法。引いてきてしまったヒールトリガーをスキルで山札に戻せれば、回復のチャンスが増える。

ヒールを山札に戻す/増やすユニット例

孤高の騎士 ガンスロッド
(ロイヤルパラディン)
手札から山札に戻し、ブラスター・ブレードをサーチできる。ヒールを設定しておけば、サーチとともに山札のヒールを増やすこともできる。
ロゼンジ・メイガス
(オラクルシンクタンク)
ブーストしたターンの終了時、1ドローしてからヒールトリガーとなってデッキに戻る。山札にヒールトリガーが最大5枚あるのは非常に強力
オラクルガーディアン アポロン
(オラクルシンクタンク)
手札を1枚山札に戻すスキルを持つ。手札にヒールトリガーが集まってしまった際はアポロンでデッキに戻すこともできる。

©bushiroad All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. 最強デッキランキング
    最強デッキランキング
    1
  2. 大会の日程・開催情報まとめ
    大会の日程・開催情報まとめ
    2
  3. マジェスティのデッキ|ロイヤルパラディン
    マジェスティのデッキ|ロイヤルパラディン
    3
  4. メイルストロームのデッキ|アクアフォース
    メイルストロームのデッキ|アクアフォース
    4
  5. エイゼルのデッキ|ゴールドパラディン
    エイゼルのデッキ|ゴールドパラディン
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
最新情報
竜騎激突
デッキレポート
トライアルデッキ
おすすめ記事
大会情報
デッキレシピまとめ
Tier1デッキ
Tier2デッキ
Tier3デッキ
初心者記事
リセマラ
セオリー紹介
ファイト関連解説
ゲームシステム解説
カードリスト
スリーブ/スキン
ランクファイト
ストーリーモード
アニメ1期
アジアサーキット編
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中