ヴァンガードゼロ
ヴァンガードZERO攻略サイト
キャラファイトに勝てない人必見!ベリーハード攻略と対策

ヴァンガードZERO | ヴァンガードゼロ キャラファイトに勝てない人必見!ベリーハード攻略と対策

最終更新 : ヴァンガードZERO攻略班
キャラファイトに勝てない人必見!ベリーハード攻略と対策

キャラファイトのベリーハード/VeryHard攻略法を紹介!全クラン共通対策やクラン別の対策デッキを掲載しています。キャラファイト攻略の参考にしてください。

キャラファイトの仕様についてはこちら

目次

蒼龍レオン戦(アクフォ)

デッキレシピ(RRR少数編成)

メイルストローム軸

拡大する
カードの詳細はこちら

立ち回りのポイント

初期手札にエースが無かったらリタイア

2枚目以降のメイルストロームやディアマンテスを編成できるなら、FVを士官候補生 エリックに変更してサーチを狙うのが◯。

2ターン目までのコールは最小限に

エースのLB起動まではドローソースが安定しないので、序盤は最小限のライド・コールで済ませたい。先攻ならライドのみ、後攻なら相手インターセプトの数だけ展開しよう。

4回アタックできる盤面を整える

4回アタックには位置交換持ちが必須なので、できればマリガンから1枚確保しておきたい。位置交換持ちの後ろには、単騎でパワー13000まで対処できる要の碇 ダビドがオススメ。


▲デッキ選択に戻る

先導アイチ戦(ゴルパラ)

デッキレシピ(RRR少数編成)

ブロンドエイゼル軸

ブロンドエイゼル軸
拡大する
カードの詳細はこちら

立ち回りのポイント

エースのスペリオルライドを狙う

手持ちのブロンドエイゼルが少なくても山札からライドできるのがキルフ編成のメリット。2ターン目にボーマンにライドしたら、Rでガレスを用意してキルフのスキルを発動しよう。

LBで盤面を展開

エースのLBで盤面を整えつつ、トリガー率を上げていこうデサイプル・オブ・ペインマスター・オブ・ペインを活用することで、早めにLBを起動できるぞ。


▲デッキ選択に戻る

櫂トシキ戦(なるかみ)

デッキレシピ(RRR少数編成)

ヴァーミリオン軸

ヴァーミリオン軸
拡大する
カードの詳細はこちら

立ち回りのポイント

先攻ならサイシンでサイシン潰し

VH戦では後列ブーストが特に重要になるので、先攻時はサイシンで相手サイシンを処理しておこう。

速攻を意識しよう

相手は攻撃系トリガーでガンガン詰めてくるため、長期戦は不向き。インターセプト無効化や退却、ヴァーミリオンの前列全アタックなどを活用して、積極的にダメージを稼ぎたい。

完全ガードでのダメージケアが重要

相手の攻撃系トリガー対策に完全ガードは持っておきたい。ヴァーミリオンヘレナの手札更新3枚コンボや、ライジング・フェニックスのドローを活用できると◯。


▲デッキ選択に戻る

クリストファー・ロウ戦(グレネイ)

デッキレシピ(RRR少数編成)

レオパルド軸

レオパルド軸
拡大する
カードの詳細はこちら

・・・クリティカルトリガー
・・・ドロートリガー
・・・スタンドトリガー
・・・ヒールトリガー

立ち回りのポイント

パワーアップしたRで2撃目を狙う

こちらはパワーアップ&退却付与を7体編成!Rラインを強化して積極的に2ダメ以上を狙おう。盤面展開はドロー&退却の学園を統べる者 アプトでサポートだ。

はむすけをコストにする

退却コストの対象ははむすけがおすすめ。次ターンのためのR要員を補充できる上にトリガー率を上げることができるぞ。

ブーストに余裕がある時にFVのスキル発動

ブラックボード・オームのドロー付与は強力だが、盤面のG1が心もとない場合はアタックに影響が出る。G1が余っている時に、退却スキルと絡ませて使いたい。


▲デッキ選択に戻る

レッカ戦(エンフェ)

デッキレシピ(RR以下編成)

エルゴディエル軸

エルゴディエル軸
拡大する
カードの詳細はこちら

立ち回りのポイント

G1を厚めに持つ

ヘブンリー・インジェクターへのライドに成功した際、後攻だとブーストを用意しないと確定で1ダメが狙えない。マリガンではG12枚以上の確保がオススメ。

エルゴディエルまで連携ライド

G3エルゴディエルまでの連携ライド順は下をチェック!連携ライド中に発生するサーチ・ダメージゾーンとの交換で、完全ガードやG3エルゴディエルを集めたい

キリエルに切り替えても良い

エルゴディエルでの回復が難しい場合や、5ダメまで詰めた場合はキリエルへの再ライドもアリ。盤面を展開しつつLBの高パワーを活かしてガンガン攻めていこう。


▲デッキ選択に戻る

先導アイチ戦(ロイパラ)

デッキレシピ(RR以下編成)

アルフレッド・アーリー軸

アルフレッド・アーリー軸
拡大する
カードの詳細はこちら

・・・クリティカルトリガー
・・・ドロートリガー
・・・スタンドトリガー
・・・ヒールトリガー

立ち回りのポイント

ブラスター・ブレードの退却が有効!

アルフレッド・アーリーブラスター・ブレードを再利用し、積極的に2:1交換をしていこう。ブラスター・ブレードを退却後のアタックに参加させるためにブーストは必須だ。

ブーストをスキルでサーチ

獣騎士 ガルモールぶるうがるでブーストを用意していこう。後列にぶるうがるすのうがるさえ並べば立ち回りが安定する。


▲デッキ選択に戻る

櫂トシキ戦(かげろう)

デッキレシピ(RR以下編成)

アンバー・ドラゴン軸

アンバー・ドラゴン軸
拡大する
カードの詳細はこちら

立ち回りのポイント

アンバー・ドラゴンを順当にライド

ヴァンガード時に発動するアンバー・ドラゴンのパワーアップスキルを活用しよう。G2・G3のアンバー・ドラゴンがヴァンガードなら、ブーストなしで攻撃に使えるラーヴァアーム・ドラゴンも使っていきたい。

G3の“蝕”でリアガードを処理

グレード3やグレード1を処理できると、相手の手札切れに繋がりやすいアンバー・ドラゴン“蝕”の退却スキルを発動させるために、しっかりとブーストしてヴァンガードにアタックを通そう。


▲デッキ選択に戻る

戸倉ミサキ戦(オラクル)

デッキレシピ(RR以下編成)

花占いの女神 サクヤ軸

サクヤ軸
拡大する
カードの詳細はこちら

・・・クリティカルトリガー
・・・ドロートリガー
・・・スタンドトリガー
・・・ヒールトリガー

▲パワーアップよりもヒールトリガーをデッキに戻すことを重視する場合は、アポロンを4枚にしてスフィンクスを1枚に減らし、メテオブレイク・ウィザードにヒールを振り分けるのがオススメ。

立ち回りのポイント

相手にダメージを先行させる

相手以上の被ダメージ量をキープすることで、ヒールトリガーの発動機会を増やすのが狙い。ミサキ戦はヒールトリガーが3枚ある(ロゼンジ・メイガスを含む)ので、ヒールを無駄打ちさせることができれば勝率が上がる。

終盤に備えて手札を充実させる

終盤のインターセプトを確保したいので、積極的にドロースキルで手札を増やしていこう。サークル・メイガスで見つけた完全ガードをドローするなど柔軟な立ち回りも可能。

パワーアップ系にライド

確実にアタックを通すために、パワーアップスキルを持つユニットにライドしていきたい。ブーストが充実している場合はオラクルガーディアン アポロンにライドして、ヒールトリガーをデッキに戻すのもアリ。


▲デッキ選択に戻る

葛木カムイ戦(ノヴァ)

デッキレシピ(RR以下編成)

シュテルン・ブラウクリューガー軸

シュテルン・ブラウクリューガー軸
拡大する
カードの詳細はこちら

立ち回りのポイント

クリティカル+スタンドでダメージを稼ぐ

G3のシュテルン・ブラウクリューガーでスタンドスキルを使うのは、ツインドライブでクリティカルトリガーを引いた場合が有効。相手が完全ガードを持っていない場合、一気に4ダメージ以上が狙える。


▲デッキ選択に戻る

雀ヶ森レン戦(シャドパラ)

デッキレシピ(RRR少数編成)

ファントム・ブラスター・ドラゴン軸

ファントム・ブラスター・ドラゴン軸
拡大する
カードの詳細はこちら

立ち回りのポイント

☆+1でダメージを稼ぐ

ファントム・ブラスター・ドラゴンのパワー+10000/☆+1でダメージを稼ごう。エースにライドできなかったらリタイアしても良いが、ダークメタル・ドラゴンでもそこそこ戦える。

ファントム・ブラスター・ドラゴンは交換所にてVメダル200個と交換可能だ。

完全ガードは1枚持っておきたい

完全ガードで相手のファントム・ブラスター・ドラゴンによる☆+1アタックに対策しておきたい。できればマリガンで確保したいが、初期手札に無くても秘薬の魔女 アリアンロッドやドロートリガーなどで探すことができる。


▲デッキ選択に戻る

新城テツ戦(ダクイレ)

デッキレシピ 

デスアンカー軸

拡大する
カードの詳細はこちら

立ち回りのポイント

FVは左右後列に移動

SCで山札を圧縮されるため、トリガーが引きやすくなる可能性が高い。☆+1アタックを相手Vに通すにはインターセプト処理が必須なので、先攻時や初期手札にG1が複数枚ある時、左右後列にFVを移動させておくのがおすすめ。

ガンガンソウルを溜めていく

スキル発動にソウルが必要なユニットを活かすために、SC持ちを多めに編成している。溜めるだけでなくSBで消費することも想定して、序盤から積極的にソウルを溜めていこう。

デスアンカーでノーダメージ勝利を狙う!

デスアンカーのパワー+10000/☆+1の発動時、アタック中はダメージが0になる。☆3ミッションクリアが狙えるので、可能であればデスアンカーでのフィニッシュは狙っていきたい。


▲デッキ選択に戻る

鳴海アサカ戦(ペイル)

デッキレシピ(RR以下編成)

ロベール軸

拡大する
カードの詳細はこちら

立ち回りのポイント

ガンガンソウルを溜めていこう

ゴールデン・ビーストテイマーの拘束解除や宵闇の奇術師 ロベールのメガブラストを使う前提のデッキなので、SCが可能なユニットを多めに編成している。相手盤面にG1以下が並んだタイミングでメガブラストを使えば効果的だ。

クリティカルでダメージを稼ぐ

相手はソウルからのコールや攻撃系トリガーでじわじわ詰めてくるため、長期戦よりも速攻で勝負を決めるのが○。宵闇の奇術師 ロベールでトリガーの期待値を上げてダメージを稼ごう。


▲デッキ選択に戻る

光定ケンジ戦(ディメポ)

デッキレシピ(RRR少数編成)

ダイユーシャ軸

拡大する
カードの詳細はこちら

・・・クリティカルトリガー
・・・ドロートリガー
・・・スタンドトリガー
・・・ヒールトリガー

立ち回りのポイント

相手はパワー+2000でスキルを発動

相手パワーが常時+2000のVH戦では、相手Vが+2000すると☆アタックが飛んでくる。完全ガードで被ダメージを抑えていきたい

☆+1でダメージを稼ぐ

超次元ロボ ダイユーシャプラチナム・エースの☆+1アタックでダメージを稼ごう。パワーアップ付与が可能なユニットが多めに編成されているので、☆+1のスキル発動は狙いやすい。

ダイユーシャを所持していない場合はイニグマン・ストームで代用しよう。


▲デッキ選択に戻る

先導エミ戦(バミューダ)

デッキレシピ(RR以下編成)

バミューダプリンセス レナ軸

レナ軸
拡大する
カードの詳細はこちら

立ち回りのポイント

ミルトアをマリガンで探す

登場時に両者が1枚ドローできる水面のプリズム ミルトアでガンガン手札を増やし、終盤の殴り合いに備えるためのグレード2を集めるのが基本の立ち回り。手札に戻すスキルでミルトアを再利用できると○。

クリティカルでダメージを稼ぐ

相手の手札が減りにくいため、相手の手札切れを狙うよりもダメージを与える立ち回りが有効。相手のデッキに完全ガードは1枚しか入っていないので、速攻で勝負を決めることが可能だ。


▲デッキ選択に戻る

ミッション☆3クリアのコツ

キャラファイトで強いデッキ

尖ったデッキがおすすめ!

ランクファイトで強いデッキとキャラファイトで強いデッキは、構築が完全に別物だ。キャラファイトでは、安定を無視した「理想の動きをすれば強いデッキ」が向いている。

Vでしか使わないユニットは枚数を減らす

ライド用のユニット(エースカード)はデッキに1〜2枚あれば十分。コストの兼ね合いでファイト中1回しかスキル発動を狙えないユニットも同様だ。

クリティカルで攻める

相手のデッキに、完全ガードとヒールトリガーは各1枚ずつしかない(オラクルのみ例外)。そのため、クリティカルトリガーやクリティカル+1スキルでガンガン攻めていくのがおすすめだ。

おすすめスキル/カード

パワーアップスキルを持つカード

ブーストが居なくても単体のみで高パワーのインターセプトを処理できるユニットで、相手ユニットの常時パワー+2000に対策しよう。これらのユニットは2ダメージ以上を狙いに行く際にも役立つ。

おすすめカードを一部紹介!
カードカード名/スキル
断罪の騎士 ボールス
【VC/RC】アタック時、CB①で発動できる。そのバトル中、パワー+3000。
グラファイトキャノン・ドラゴン
【VC/RC】アタック時、CB①で発動できる。そのバトル中、パワー+3000。
メテオブレイク・ウィザード
【VC/RC】アタック時、CB①で発動できる。そのバトル中、パワー+3000。
デスメタル・ドロイド
【VC/RC】アタック時、CB①で発動できる。そのバトル中、パワー+3000。
スーパーアイドル セラム
【VC/RC】アタック時、CB①で発動できる。そのバトル中、パワー+3000。
(パワーがバトル相手以上の場合は発動しない)

条件次第で強いカード

天空のイーグルナイトワイバーンストライク ギュントゥルなどは、単体で相手の11000を処理できるので優秀。竪琴の騎士 トリスタンインテリアイドル メルビルなどのギャンブルカードもアリ。

おすすめカードを一部紹介!
カードカード名/スキル
天空のイーグルナイト
【VC/RC】あなたのターン中、リアガードが相手より多いなら、パワー+3000。
剣帝 ドラゴニック・ヴァルブレイド
【VC】ドライブチェックでグレード3がでた時、そのバトル中、パワー+5000。
トランスライザー
【VC/RC】登場時、山札の上を公開する。そのカードがグレード2以下なら、そのカードをコールする。違うなら、山札をシャッフルする。
インテリアイドル メルビル
【VC】ドライブチェックでグレード3がでた時、[リアガードを1枚手札に戻す]ことで発動できる。手札から1枚、ユニットのいないRCにコールする。

手数を充実させるカード

ドローやサーチなどで相手より手数を増やしていこう。基本的に相手はヴァンガード優先で狙ってくるので、ドローで完全ガードを引けると勝率が上がる。

おすすめカードを一部紹介!
カードカード名/スキル
アルフレッド・アーリー
【VC】登場時、ソウルから「ブラスター・ブレード」を1枚コールする。
アンバー・ドラゴン “白日”
【VC】ソウルに「アンバー・ドラゴン “暁”」があるなら、パワー+2000。
【RC】登場時、[グレード3を1枚捨てる]ことで発動できる。山札から「アンバー・ドラゴン “蝕”」を1枚手札に加える。
ダーク・キャット
【VC/RC】登場時、すべてのプレイヤーは1枚引く。
マジシャンガール キララ
【VC/RC】アタックがヒットした時、CB②で発動できる。1枚引く。
水面のプリズム ミルトア
【VC/RC】登場時、すべてのプレイヤーは1枚引く。

有効な立ち回りを意識する

しっかりとブーストを用意する

相手のパワー+2000への対策。終盤になるにつれブーストは必須レベルになってくるので、ドロートリガーを設定してグレード1を集めやすくしておきたい。

グレード2を確保する

相手のパワーが高い分、1ターンで3ダメージ以上を受けることもある。マリガンやドローソースでグレード2を集めて、インターセプトで被ダメージを最小限に済まそう

手札切れ狙いのリアガード処理

相手はガンガン手札を使ってくるので手札切れを狙うことも可能(手札を温存している場合は基本完全ガード)。もちろんリーサルの盤面は例外だ。

別クランや最新のデッキで挑戦する

別クランを使ってクリアする

デッキタイプが同じで勝てない場合は、まずは別クランデッキでミッション☆2クリアを目指そう。得意クランのデッキで6ターン以内・ダメージ4以下で勝利→相手と同クランのデッキで勝利で☆3を達成する流れだ。

最新デッキで対抗!

相手が使っている実装初期のカード同士だとクリアが困難。新弾が出て実装初期とは違ったデッキを組めれば、今までクリアできなかったミラーマッチもクリアできる可能性がある。

最新デッキはこちら

最後に...

理想の立ち回りをされると厳しい

トリガーを上手く決められたり、強力なグレード3にライドされた場合(パワーが高いユニットやアシュラ・カイザーなど)、パワーに差がある分こちらが圧倒的に不利となる。

相手が理想のムーブをしている場合はギブアップも視野に入れよう。

©bushiroad All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. 最強デッキランキング
    最強デッキランキング
    1
  2. エイゼルのデッキ|ゴールドパラディン
    エイゼルのデッキ|ゴールドパラディン
    2
  3. マジェスティのデッキ|ロイヤルパラディン
    マジェスティのデッキ|ロイヤルパラディン
    3
  4. 大会の日程・開催情報まとめ
    大会の日程・開催情報まとめ
    4
  5. 獣神デッキ|ノヴァグラップラー
    獣神デッキ|ノヴァグラップラー
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
最新情報
竜騎激突
デッキレポート
トライアルデッキ
おすすめ記事
大会情報
デッキレシピまとめ
Tier1デッキ
Tier2デッキ
Tier3デッキ
初心者記事
リセマラ
セオリー紹介
ファイト関連解説
ゲームシステム解説
カードリスト
スリーブ/スキン
ランクファイト
ストーリーモード
アニメ1期
アジアサーキット編
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中