ヴァンガードゼロ
ヴァンガードZERO攻略サイト
ウォーターフォウルのデッキレシピ|かげろう

ヴァンガードZERO | ヴァンガードゼロ ウォーターフォウルのデッキレシピ|かげろう

最終更新 : ヴァンガードZERO攻略班
ウォーターフォウルのデッキレシピ|かげろう

ドラゴニック・ウォーターフォウルを軸にした、かげろうの最新デッキレシピです。マリガンや立ち回りのコツ、カードの入れ替え候補も掲載しています。

最強デッキランキング

目次

デッキの基本情報

レア内訳RRR:9
RR:15
クランかげろう

エースカード

カードカード名/スキル
ドラゴニック・ウォーターフォウル
【VC】ヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、パワー+3000。
【VC】アタック時、[グレード3を1枚捨てる]ことで発動できる。そのバトル中、パワー+10000。
(パワーがバトル相手以上の場合は発動しない)

デッキの概要

安定感と高い打点が売り

グレード3の高打点と、ドラゴンモンク ゴジョーの手札交換によるインターセプト&完全ガードの安定供給が魅力。手札事故が減るので、安定して高いパフォーマンスを発揮できる。

相手に合わせた戦法を取る

盤面を揃えてくる相手に対しては後列退却、☆+1を戦略とするデッキに対しては完全ガード、といったように相手の動きを先読みした対応が勝率アップの鍵を握る

CBは積極的に使う

ベリコウスティドラゴンの登場により、かげろうのネックであるCB不足がある程度解消された。コンローバーサーク・ドラゴンオーバーロードのCBを積極的に使っていこう!

21000ラインの作り方

ヴァンガードのドラゴニック・ウォーターフォウルを7000ブーストでパワー21000。[グレード3を1枚捨てる]ことでさらにパワー+10000できるため、ほぼ確実にダメージを通せる。

Twitterでも最新情報を発信!

攻略班Twitter

デッキレシピ

フォウル軸

フォウル軸
拡大する
デッキの詳細はこちら

入れ替え候補

グレイプショット・ワイバーンと入れ替え

カードカード名/スキル
魔竜導師 キンナラ
【RC】CB①と[このユニットをソウルに置く]ことで起動できる。相手のグレード1のリアガードを1枚退却させる。
希望の火 エルモ
【RC】ブーストしたアタックがヒットした時、手札を1枚捨ててもよい。捨てたら、1枚引く。

入れ替えることで退却や手札交換をより充実させる事が可能。パワー9000と組み合わせた時に16000ラインに届かないため、完全ガード以外のパワー6000は1〜2枚に抑えたい。

ジ・エンド軸へ移行

カードカード名/スキル
ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド
【クロスライド】「ドラゴニック・オーバーロード」
【VC】アタックがヒットした時、CB②と[ペルソナブラスト]で発動できる。このユニットをスタンドし、2枚引く。

フォウル軸を作り終わった人はジ・エンドが集まり次第挑戦してみよう。

ジ・エンド軸のデッキレシピはこちら

マリガン・立ち回りのポイント

マリガンで優先するユニット

G1が2枚、G2が3枚が理想

G1はライド用とブースト用。安定したインターセプトと完全ガードの供給のため、ドラゴンモンク ゴジョーを1枚はリアガードとして使いたい。

バリィとテージャスは条件付きで確保

ワイバーンガード バリィPライザー軸(ノヴァ)のような☆+1が怖い相手の時に、ワイバーンストライク テージャスツクヨミ軸(オラクル)のような後列が重要な相手の時に確保しよう。

1・2ターン目の立ち回り

ゴジョーで理想の手札を目指す

ドラゴンモンク ゴジョーのスキルで不要なG1やG3を捨て、G2や完全ガードを集めよう。継続的に手札交換を行いたいので、ライドではなくコールできるとベター。

ゴジョーで捨てる候補
デュアルアクス・アークドラゴン
封竜 ブロケード
2枚目以降のドラゴニック・ウォーターフォウルドラゴニック・オーバーロード
完全ガード以外のグレード1

コンローでサーチするのは?

手札にG2が少なくて、さらにドラゴンモンク ゴジョーがいないならゴジョー。手札のG2が多い時や、すでにゴジョーをコールできているなら☆+1対策の完全ガードをサーチしよう。

コンローのスキルを使わない時もある

すでに完全ガードが手札にある、G2に困っていない、ブーストを失うとダメージを通せない、そんな状況ならリザードソルジャー コンローはしばらくブーストに使い、他にCBを回そう。退却には注意。

ベリコウスティでCBを即回復

CBを使ったら、ベリコウスティドラゴンで即時回復しよう。ヴァンガードにダメージを通すためのブーストがあると安心だ。

グレイプショット・ワイバーンと組み合わせれば、パワー付与のみでもパワー11000まで対応できるため、2ターン目以降にベリコウスティと一緒に使えると効果的だ。

3ターン目以降の立ち回り

ウォーターフォウルにライド

パワー7000以上のブーストを加えて相手V(ヴァンガード)にパワー21000でアタックしよう。ダメージチェックでトリガーが出てもお構いなしに殴れるため、安定してダメージを稼げる。

オバロのスキルは中盤以降に使いたい

高確率で相手Vを3回殴れるドラゴニック・オーバーロードのスキルは、最低でも完全ガードを使わせる気持ちで使おう。ただし封竜 ブロケードにライドしているなら話は変わる。

長期戦でブロケードが刺さる

相手のインターセプトがなかなか切れない状況で、ピン刺しした封竜 ブロケードが刺さる。4〜5ダメージまで追い詰めてからライドすると効果てきめん。

ヒール狙いへの切り替えを検討

リザードソルジャー コンローのスキル未使用時、ヒールトリガーがまだ複数残っているのならスキルはもう使わない。山札シャッフルによるヒール発動確率ダウンを避けよう。

【注釈】
ドライブチェックで引いたG2以下は「山札の一番下」に送られるため、長期戦になるほど山札の上の方にトリガーが固まっている可能性が高くなる。

©bushiroad All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. 最強デッキランキング
    最強デッキランキング
    1
  2. リセマラランキング最新版
    リセマラランキング最新版
    2
  3. エイゼルのデッキ|ゴールドパラディン
    エイゼルのデッキ|ゴールドパラディン
    3
  4. ゴールドパラディンのデッキとカード一覧
    ゴールドパラディンのデッキとカード一覧
    4
  5. ヴァーミリオンのデッキ|なるかみ
    ヴァーミリオンのデッキ|なるかみ
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
最新情報
竜騎激突
デッキレポート
トライアルデッキ
おすすめ記事
大会情報
デッキレシピまとめ
Tier1デッキ
Tier2デッキ
Tier3デッキ
初心者記事
リセマラ
セオリー紹介
ファイト関連解説
ゲームシステム解説
カードリスト
スリーブ/スキン
ランクファイト
ストーリーモード
アニメ1期
アジアサーキット編
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中