ヴァンガードゼロ
ヴァンガードZERO攻略サイト
ガルモールのデッキ|ロイヤルパラディン

ヴァンガードZERO | ヴァンガードゼロ ガルモールのデッキ|ロイヤルパラディン

最終更新 : ヴァンガードZERO攻略班
ガルモールのデッキ|ロイヤルパラディン

光の牙 ガルモールを軸にした、ロイヤルパラディン/ロイパラの最新デッキレシピです。マリガンや立ち回りのコツ、カードの入れ替え候補も掲載しています。

最強デッキランキング

目次

デッキの基本情報

レア内訳RRR:8
RR:22
クランロイヤルパラディン

エースカード

カードカード名/スキル
光の牙 ガルモール
【VC】あなたのターン中、あなたの「すのうがる」か「ぶるうがる」1枚につき、パワー+1000
【VC/RC】登場時、[手札を1枚捨てる]ことで発動できる。山札から「すのうがる」を1枚コールする。
【VC】あなたの「すのうがる」と「ぶるうがる」すべてにインターセプトを与える。

デッキの概要

安定した盤面展開が強み

ハイビーストを起用して、パワー20000以上のラインを簡単に作れるのがこのデッキの強みだ。ハイビーストは基本ブーストに使って、着実にダメージを与えていこう。

インターセプトが豊富

光の牙 ガルモールがVなら、すのうがるぶるうがるにインターセプトを付与。さらにハイビーストやG2のサーチ手段が豊富であり、インターセプト×2を維持し続けやすいのが魅力だ。

守って守って勝つ

インターセプトで粘って、相手のインターセプトが切れた瞬間に畳み掛けよう。パーフェクトライザーなど☆+1アタック対策が重要なので、マリガンで完全ガードを探したい。

Twitterでも最新情報を発信!

攻略班Twitter

デッキレシピ

光の牙 ガルモール軸

ガルモール
拡大する
デッキの詳細はこちら

・・・クリティカルトリガー
・・・ドロートリガー
・・・スタンドトリガー
・・・ヒールトリガー

入れ替え候補

リアンと入れ替え

カードカード名/スキル
みるびる
【RC】ブーストしたアタックがヒットした時、手札を1枚捨ててもよい。捨てたら、1枚引く。

ハイビーストなため、アカネでサーチできるのが最大のメリット。終盤の完全ガード探しに役立つ。

パワーを重視するなら

カードカード名/スキル
沈黙の騎士 ギャラティン
(能力なし)

サーチが豊富すぎて中盤でハイビーストをサーチし尽くすことも多く、終盤はスキルが腐りがち。安定感はやや落ちるが、2〜3体ギャラティンを編成してパワーを高めるのはありだ。

ピン挿し枠に

カードカード名/スキル
ブラスター・ダーク
【VC】ソウルに「ブラスター・ジャベリン」があるなら、パワー+1000。
【VC】登場時、CB②で発動できる。相手のリアガードを1枚退却させる。
(このカードは《ロイヤルパラディン》デッキに入れることができる)

ガルモール軸を相手にすると、序盤から積極的に攻めてくるファイターも多い。序盤で2ダメージ受けた時にライドすれば、相手のFVなど重要カードを処理することができる。

マジェスティ軸との融合

カードカード名/スキル
マジェスティ・ロードブラスター
【VC】ソウルに「ブラスター・ブレード」と「ブラスター・ダーク」があるなら、パワー+2000。
【VC】アタック時、[「ブラスター・ブレード」と「ブラスター・ダーク」を1枚ずつソウルに置く]ことで発動できる。元々の☆を2にし、そのバトル中、パワー+10000。

守りのガルモール、攻めのマジェスティ。併用する場合はFVをういんがる・ぶれいぶに、アカネブラスター・ダークに替えるほか、全体的にややマジェスティ側に寄せると良い。

▶マジェスティ軸のデッキレシピはこちら

マリガン・立ち回りのポイント

マリガンで優先するユニット

完全ガードは1〜2枚残し

ガルモール軸で最も警戒すべきは☆+1アタックだ。完全ガードは先攻なら1枚、後攻なら2枚マリガンで残してよい。

G2は割と何でも良い

G3ガルモールにライドすればインターセプトには困らない。サーチ手段も豊富なので、マリガンでG2は1〜2枚でOK。それよりもサーチできない完全ガードやG3ガルモールを優先しよう。

ガンスロッドも残し

ガンスロッドはブラスター・ブレードのサーチ、G2&G3のライド事故防止、ヒール発動を終盤に固められるなど良いことづくめ。

1・2ターン目の立ち回り

できればマロンにライドしたい

終盤インターセプト役として活躍するすのうがる、完全ガードを探せるリアンはなるべくライドに使いたくない。完全ガードは言わずもがな。

ぶるうがるはR後列へ

終盤インターセプトとして使うので、後列左右どちらかに配置。V裏にはリアンマロンを置くのが基本の型だ。

インターセプトを出したい

ガルモール軸は、流れに乗れれば終盤手札に余るほどのインターセプトを用意できる。序盤で大ダメージを受けないよう、2ターン目からインターセプトをコールしたい。

3ターン目以降の立ち回り

光の牙 ガルモールにライド

光の牙 ガルモールにライドしたらすのうがるを呼び出し。捨てる手札は、2枚目のガルモール含むG3がおすすめ。インターセプト×2の布陣を維持しながら相手を追い詰めていこう。

スキルでインターセプトをサーチ

インターセプトを切らさないよう、スキルでどんどんサーチしよう。長期戦になりそうなら、ブラスター・ブレードによる退却よりもインターセプトのサーチを優先しよう。

ぶるうがるを前列に

すのうがるぶるうがるでラインを構築する時は、前列ぶるうがるが基本。次のターン単独でアタックしやすいすのうがるを残そう。

すのうがる・ぶるうがるはミラーで有効

すのうがるぶるうがるは、ブラスター・ブレードのスキルで退却させることができない。ロイパラ同士のファイトで相手のCBが溜まっている時は、上記2体を前列に置くと効果的だ。

©bushiroad All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. 最強デッキランキング
    最強デッキランキング
    1
  2. トライアルデッキは買うべき?構築済みデッキのメリットを紹介!
    トライアルデッキは買うべき?構築済みデッキのメリットを紹介!
    2
  3. ストーリーモード42攻略|CHAPTER9
    ストーリーモード42攻略|CHAPTER9
    3
  4. コンパス・ライオンの評価
    コンパス・ライオンの評価
    4
  5. オラクルシンクタンクのデッキとカード一覧
    オラクルシンクタンクのデッキとカード一覧
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
最新情報
竜騎激突
デッキレポート
トライアルデッキ
おすすめ記事
マイと三重奏とお花のシール
大会情報
デッキレシピまとめ
Tier1デッキ
Tier2デッキ
Tier3デッキ
初心者記事
リセマラ
セオリー紹介
ファイト関連解説
ゲームシステム解説
カードリスト
スリーブ/スキン
ランクファイト
ストーリーモード
アニメ1期
アジアサーキット編
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中