はじめてのファイトでも安心!超初心者向けファイト解説

0


twitter share icon line share icon

【ヴァンガードZERO】はじめてのファイトでも安心!超初心者向けファイト解説【ヴァンガードゼロ】

最終更新 :
みんなの最新コメントを読む
【ヴァンガードZERO】はじめてのファイトでも安心!超初心者向けファイト解説【ヴァンガードゼロ】

ヴァンガードZEROのファイトのやり方、流れ、簡単な立ち回りを超初心者向けに解説します。ヴァンガード自体が初めての人やヴァンガードZEROを始めたばかりの人におすすめの記事となっております。

ファイトの流れを知ろう!

先攻/後攻時の動きをチェック!

※はじめてファイトする人がスムーズにファイトできるようになるのが目的の記事なので、スキル・先駆・守護者などは一切説明していません。

まずはファイトの基本的な流れから!

ファイト開始直後

初期手札を決めるドロー

お互いカードを5枚引き、5枚の中から手札に残すカード山札に戻すカードを選択する。山札に戻したカードがあるなら、手札が5枚になるまで新たにドローする。

この一連の流れを一般的に引き直しまたはマリガンと言う。

▶マリガン徹底解説はこちら

基本的な引き直しのコツ

グレード1、2、3を1枚ずつ確保するのが基本!グレード順にライドできない事態(通称:ライド事故)を防ぐことができる。

①スタンド&ドローフェイズ

まずはスタンド&ドロー

カードを縦向きにすることをスタンドという。反対に、カードを横向きにすることをレストという。

基本的にターン開始時のドローは1枚だが、先行後攻ともに1ターン目のみ2枚ドローできる。

スタンド=行動可能

スタンド/レストは、このターンまだ行動できるかどうかを表す。レストすることで発動するスキルの使用や、アタックなどによって行動済みになると、スタンド状態からレスト状態になる。

スタンドとレストの語源

  • スタンド(stand)・・・活動
  • レスト(rest)・・・休息

注意点:ターンには時間制限がある

真ん中のゲージは残り時間を表していて、1ゲージあたり15秒。制限時間は1回目が1ターン90秒、2回目が1ターン30秒だ。ファイト中に2回時間切れになると、その時点で負けになる。

②ライドフェイズ

ヴァンガードを場に出すフェイズ

名前の通り、ヴァンガード(先導者)にライドするフェイズ。ライドとは、ヴァンガードサークル/VC(前列中央の青のマーク/赤は相手)にカードを置くことを指す。

グレード1→2→3とライドしよう

ライドできるのは、現在のヴァンガードと同じかひとつ上のグレードのカードだけ。そのため、グレード1→2→3と順番にライドしよう。

③メインフェイズ

リアガードをコールしよう

リアガードサークル/RC(前列中央以外の黄色いマーク)に置かれたカードをリアガードと呼び、リアガードを置くことをコールと呼ぶ。コールできるのは、ヴァンガードのグレード以下のカードだけだ。

前列にはグレード2か3を置く

前列には、パワーが高いカードを出すのが基本。さらにグレード2はインターセプトという能力を持っているため、2ターン目以降の前列にはグレード2を置くとベター。

インターセプト・・・インターセプトが前列にいる時、インターセプトを退却させなければヴァンガードへアタックすることができない。

後列にはグレード1を置く

グレード1以下のカードはブーストという能力を持っており、前列のカードのパワーに自身のパワーを上乗せすることができる。後列にはグレード1を置くのが基本だ。

ブースト・・・前列ユニットのアタック時、自身が横向き(レスト)になることで、前列と後列を合計したパワーでアタックすることができる。

④バトルフェイズ

相手にアタック!

バトルフェイズは、場に出したカードでアタックするフェイズ。ヴァンガードにアタックが通ればダメージを与えられ、相手のダメージが6になったら勝利となる。

リアガードにアタックが通ると退却

リアガードにアタックしてもダメージは与えられないが、その代わりにリアガードを退却させることが可能。退却されたカードは場から取り除かれ、ドロップゾーンに移動する。

ヴァンガードにダメージを与えるか、それともリアガードを倒して相手の戦力を削ぐか、戦略が重要になってくるポイントだ。

⑤エンドフェイズ

ターン終了、相手のターンへ

自分のカードが全てレスト状態になるとターン終了。スタンド状態のカードがまだある場合でも、右横の「TURN END」を押すとターンを終了できる。

先攻/後攻時の動きをチェック!

ここでは基本的な立ち回りを掲載しています。慣れてきたらいろんなプレイングを試してみましょう。

あなたが先攻の時の動き

1ターン目はライドだけ

先攻1ターン目は相手に攻撃できないので、グレード1をライドしたら、手札はあまり使わずそのままターンを終了するのが○。ヴァンガードにはパワーの高いカードを選ぼう。

2ターン目から攻めていく!

2、3ターン目に相手よりグレードの高いカードを攻撃に使えるのが先攻の特権だ。グレード2にライドして、積極的に相手ヴァンガードを攻撃しよう!

3ターン目以降も基本攻める!

グレード3にライドしたら、相手のヴァンガードを積極的にアタックしたい。相手前列にグレード2がいれば、そちらを優先してアタックしよう。

4ターン目からは双闘や超越が可能

双闘

先行4ターン目からは双闘(レギオン)や超越(ストライド)といった能力が使用可能になる。強力な効果が多く、ここから戦況が一気に動くぞ。

関連リンク

▶双闘(レギオン)とは?強みや手順を解説

▶超越(ストライド)とは?強みや手順を解説

あなたが後攻の時の動き

1ターン目から攻める!

1ターン目から相手にアタックできるのが後攻の特権だ。カードを並べて相手ヴァンガードにアタックしていこう。

2ターン目はグレード2処理を優先

まずはグレード2にライド。相手前列にグレード2が並んでいれば、先にグレード2のリアガードを処理してから、ヴァンガードにアタックしよう。

3ターン目以降は基本攻める!

グレード3にライドしたら、相手のヴァンガードを積極的にアタックしたい。相手前列にグレード2がいれば、そちらを優先してアタックしよう。

3ターン目からは双闘や超越が可能

超越

後攻はグレード3にライドしたターンから双闘や超越が使用可能。先行よりも早く使える利点を活かして、強力な効果で攻め込もう。

関連リンク

▶双闘(レギオン)とは?強みや手順を解説

▶超越(ストライド)とは?強みや手順を解説

この記事を書いた人
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


公式Discordサーバーに参加しよう!
当ゲームタイトルの権利表記

©bushiroad All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
GameWithからのお知らせ
攻略 メニュー
最新情報
7月の新カード予想
最新ランクマ環境レポート
G-スペシャルデッキ
イベントデッキ
天舞竜神新デッキ
おすすめデッキレシピ
Tier1デッキ
Tier2デッキ
大会情報
新カード予想
カードリスト/ナーフまとめ
クラン別カードリスト
リセマラ/ガチャまとめ
リセマラ
ガチャまとめ
イベント攻略
初心者記事
ストーリーモード
アニメ1期の難関ストーリー
AC編の難関ストーリー
LJ編の難関ストーリー
×