トリガー解説/各トリガーについてもご紹介!

0


twitter share icon line share icon

【ヴァンガードZERO】トリガー解説/各トリガーについてもご紹介!【ヴァンガードゼロ】

最終更新 :
みんなの最新コメントを読む
【ヴァンガードZERO】トリガー解説/各トリガーについてもご紹介!【ヴァンガードゼロ】

ヴァンガードZEROのトリガー解説を掲載。トリガーの効果や知っておくべきことなどをまとめています。トリガーについて知りたい時はこの記事を参考にして下さい!

目次

関連記事

▶ドロートリガーの重要性について

▶クリティカルとスタンドどっちがいい?

▶ヒールトリガーを最大限活用するコツ

トリガーとは?

トリガーについてのポイント!

トリガーの引きが勝敗を左右する!

トリガー

トリガーは基本的にグレード3と一部グレード0のカードに設定可能な効果で、対象のカードがトリガーゾーンに置かれた場合に効果が発動する。トリガーを何回引けるかは勝敗に大きく影響するぞ!

ヴァンガードの戦闘時に発動!

トリガー発動

ヴァンガードで攻撃した場合はドライブチェック、攻撃を受けた場合はダメージチェックとして、山札の一番上を確認する。確認したカードがトリガーユニットだった場合に、トリガーが発動する。

パワー5000アップ+αの効果!

トリガーでパワー5000アップ

トリガーが発動すると、パワー+5000に加えてトリガーによって様々な効果が発動する。

トリガーは4種類

トリガーはクリティカルトリガー、ドロートリガー、スタンドトリガー、ヒールトリガーの4種類ある。それぞれのトリガーの効果を覚えてファイトを有利に進めていこう。

ヒールは4枚、ほかは9枚まで編成可能

トリガー選択

トリガーは設定できる枚数に上限があり、1種類のトリガーだけで構築を固めることは出来ない。ヒールトリガーは4枚まで、クリティカル・ドロー・スタンドは9枚まで設定可能だ。

ヒールトリガーは4枚入れよう

6点のやり取りをするヴァンガードにおいて、ダメージを1点回復できる効果は非常に強力。特に、トドメの一撃から生還する「6点ヒール」は、状況を一変させることも珍しくない。

治ガードを入れよう

治ガード

Gシリーズから追加された治ガードは、グレード0のパワー5000とバトルではあまり活躍しないが、完全ガードと同じく、ガードしないと負けてしまうタイミングで15000のシールドとして防御できる。
攻撃に特化したデッキや次元ロボデッキの様にグレード3の枚数が重要なデッキ以外はできるだけ4枚入れよう。

各トリガー解説

トリガー一覧

トリガー詳細
クリティカルトリガー
(☆トリガー)
与えるダメージを1増やす
(☆+1アタックが可能)
▶☆トリガー徹底解説
ドロートリガー
(引トリガー)
山札から1枚ドロー
▶引トリガー徹底解説
スタンドトリガー
(醒トリガー)
リアガードをスタンド
▶醒トリガー徹底解説
ヒールトリガー
(治トリガー)
ダメージを1回復
▶治トリガー徹底解説

トリガーの注意点

トリガーの☆+1はVに付与される

トリガーによるクリティカル+1は、リアガードには付与できない点を覚えておこう。トリガーによるパワー+5000に関しては、リアガードにも付与できる。

パワー+5000しかできない場合がある

ダメージチェック時に引くクリティカルトリガーとスタンドトリガー、相手よりダメージが少ない時に引いたヒールトリガーが対象。

この記事を書いた人
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


公式Discordサーバーに参加しよう!
当ゲームタイトルの権利表記

※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。
[記事編集]GameWith
[提供]©bushiroad

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
GameWithからのお知らせ
攻略 メニュー
最新情報
ホロライブコラボ
鬼神降臨デッキ
初心者向けデッキ記事
G-スペシャルデッキ
交換所アイテムの残り期限
おすすめデッキレシピ
Tier1デッキ
Tier2デッキ
大会情報
新カード予想
カードリスト/ナーフまとめ
クラン別カードリスト
リセマラ/ガチャまとめ
リセマラ
ガチャまとめ
イベント攻略
初心者記事
ストーリーモード
アニメ1期の難関ストーリー
AC編の難関ストーリー
LJ編の難関ストーリー
×