ヴァンガードゼロ
ヴァンガードZERO攻略サイト
リセマラランキング最新版

ヴァンガードZERO | ヴァンガードゼロ リセマラランキング最新版

最終更新 : ヴァンガードZERO攻略班
リセマラランキング最新版

最強カード/最強デッキでヴァンガードZEROを始めよう!初心者必見の最新リセマラランキングです。当たりユニットだけでなく、リセマラの心得や終了目安も紹介しています。

高速リセマラのやり方はこちら

▶トライアルデッキは買うべき?メリットを紹介!

リセマラランキング

リセマラの心得3ヶ条

リセマラ関連情報

当記事では「クラン・デッキ単位」でリセマラおすすめデッキを紹介しています。カード個別の評価はカードリストやユニットの記事でご確認ください。

Twitterでも最新情報を発信!

攻略班Twitter

リセマラランキング

1位:なるかみ

ピックアップガチャを引こう

クランまとめ引くべきガチャ
なるかみ
ピックアップガチャ

なるかみのピックアップ期間は7/10(金)〜7/15(水)。なるかみデッキを作るなら今がチャンス!

リセマラ大当たりユニット

ユニットユニット名/スキル
封魔神竜 ダンガリー
【VC】LB④[ターン1回]CB①と[バインドゾーンからランダムに1枚山札の下に置く]ことで起動できる。相手の前列のリアガードを1枚退却させる。
【VC】登場時、山札の上から2枚を表でバインドする。
征天魔竜 ダンガリー“Unlimited”
【VC】LB④[ターン1回]CB②と[山札の上から1枚を表でバインド]で起動できる。相手の前列のリアガードを1枚退却させる。さらに、バインドゾーンが3枚以上なら、そのターン中、☆+1。
【VC】あなたのターン中、バインドゾーン1枚につき、パワー+2000。
【クロスライド】「封魔神竜 ダンガリー」
ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン
【VC】LB④CB②で起動できる。そのターン中、パワー+2000し、次の能力を得る。
『【VC】このユニットは1回のアタックで相手の前列のユニットすべてとバトルする。』
【VC】ヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、パワー+3000。
ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン“THE BLOOD”
【VC】LB⑤CB③で起動できる。そのターン中、パワー+5000/☆+1し、次の能力を得る。
『【VC】このユニットは1回のアタックで相手の前列のユニットすべてとバトルする。』
【クロスライド】「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン」
【VC】クロスライドしているなら、このユニットの『LB⑤』は『LB④』になる。

※LB:リミットブレイク。ダメージゾーンにカードが指定枚数以上置かれている時のみ有効となる。
※クロスライド:ソウルに指定のカードがあるなら、パワー+2000。
※バインド:インドされたカードはバインドゾーンと呼ばれる特別な領域に置かれ、手札やユニットではなくなる。
特に指示がない限り、バインドゾーンに置かれたままになる。

なるかみのおすすめデッキ

デッキ簡易性能チャート
ダンガリー
ダンガリー
合計スコア:21
ヴァーミリオン
ヴァーミリオン
合計スコア:18
簡易性能チャートの見方はこちら

5項目5段階でデッキパワーを評価

パワーパワーの高さは勝負に大きな影響を与える。
スキルによるパワーアップも含む。
爆発力どれだけ早く相手に6ダメージ与えられるか。
・☆、醒の頻度(最重視)
・6ダメの詰めの強さ
・G2を退却/無視できる
・確定ラインの作りやすさ
安定感安定して強い動きができるか。エースへのライドのしやすさや、序盤の選択肢の広さ、リカバリー手段の存在などを考慮。
耐久力ヒールトリガーと完全ガードの活かしやすさ。
メインヴァンガードのパワーの高さ。
また、相手後列を退却できるデッキは、相手の火力を下げられるため耐久を高めに評価。
展開力ドロー&サーチ手段の豊富さ。
どれだけ大量のユニットを展開できるか。
終盤の展開力を重視しているが、終盤のために序盤の展開力を犠牲にする場合などは減点対象。

相手にダメージを与えることに特化

なるかみは相手のインターセプトを無力化・退却するのが得意で、ヴァンガードにアタックを通すことに長けている。アタック役・サポート役がはっきりと分かれているので、戦術が組み立てやすい。

キーカードのRRも合わせて引きたい

ヴァーミリオン以外でも、盤面処理やインターセプト無視が可能なキーカード(主にRR)が多いため、根気よくカードを集めてデッキ完成を目指そう。

1

2位:ゴールドパラディン

AC→竜騎激突の順にガチャを引こう

クランまとめ引くべきガチャ
ゴルパラ
①アジアサーキット編

②竜騎激突

アジアサーキット編ガチャで灼熱の獅子 ブロンドエイゼルを2枚引けたら、次は竜騎激突で光輝の獅子 プラチナエイゼルを狙うのがおすすめ。

プラチナエイゼルがなくても形にはなるが、いるといないとではデッキパワーが一段階違うぞ!

リセマラ大当たりユニット

ユニットユニット名/スキル
灼熱の獅子 ブロンドエイゼル
【VC】LB④CB①で起動できる。山札を上から4枚見て、1枚コールする。そのターン中、このユニットのパワーを増やす。増やす数値は、この効果でコールされたユニットの元々のパワーである。
【VC】あなたのターン中、あなたのリアガード1枚につき、パワー+1000。
光輝の獅子 プラチナエイゼル
【VC】LB⑤[ターン1回]CB①で起動できる。そのターン中、あなたのリアガードすべてのパワー+5000し、このユニットの☆+1。
【クロスライド】「灼熱の獅子 ブロンドエイゼル」
【VC】クロスライドしているなら、このユニットの『LB⑤』は『LB④』になる。

※LB:リミットブレイク。ダメージゾーンにカードが指定枚数以上置かれている時のみ有効となる。
※クロスライド:ソウルに指定のカードがあるなら、パワー+2000。

ゴールドパラディンのおすすめデッキ

デッキ簡易性能チャート
エイゼル
エイゼル
合計スコア:23
簡易性能チャートの見方はこちら

5項目5段階でデッキパワーを評価

パワーパワーの高さは勝負に大きな影響を与える。
スキルによるパワーアップも含む。
爆発力どれだけ早く相手に6ダメージ与えられるか。
・☆、醒の頻度(最重視)
・6ダメの詰めの強さ
・G2を退却/無視できる
・確定ラインの作りやすさ
安定感安定して強い動きができるか。エースへのライドのしやすさや、序盤の選択肢の広さ、リカバリー手段の存在などを考慮。
耐久力ヒールトリガーと完全ガードの活かしやすさ。
メインヴァンガードのパワーの高さ。
また、相手後列を退却できるデッキは、相手の火力を下げられるため耐久を高めに評価。
展開力ドロー&サーチ手段の豊富さ。
どれだけ大量のユニットを展開できるか。
終盤の展開力を重視しているが、終盤のために序盤の展開力を犠牲にする場合などは減点対象。

超強力な展開力で戦う

ゴールドパラディン最大の魅力は展開力の高さだ。山札から頻繁にコールできるため、基本的にリソース不足を気にすること無くアタックに専念できる。

4ダメージからが非常に強い

立ち回りの軸は灼熱の獅子 ブロンドエイゼルのLB!一瞬で強力な盤面を用意するだけでなく、ヴァンガードのパワーも大幅にアップする。

デッキが未完成でも高パフォを発揮

FVの紅の小獅子 キルフのスキルでブロンドエイゼルにスペリオルライドできるため、ブロンドエイゼルの枚数が少なくても高いパフォーマンスを発揮しやすい。非常にリセマラ向きだ。

3位:アクアフォース

AC→竜騎激突の順にガチャを引こう

クランまとめ引くべきガチャ
アクフォ
①アジアサーキット編

②竜騎激突

アジアサーキット編ガチャで蒼嵐竜 メイルストロームを2枚引けたら、次は竜騎激突で蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストロームを狙うのがおすすめ。

グローリー・メイルストロームがなくても形にはなるが、いるといないとではデッキパワーが一段階違うぞ!

リセマラ大当たりユニット

ユニットユニット名/スキル
蒼嵐竜 メイルストローム
【VC】LB④ヴァンガードにアタックした時、そのターンで4回目以降のバトル中なら、そのバトル中、パワー+5000し、次の能力を得る。
『【VC】アタックしたバトルの終了時、1枚引き、相手のリアガードを1枚退却させる。』
【VC】ヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、パワー+3000。
蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム
【VC】LB⑤ヴァンガードにアタックした時、CB②で発動できる。そのバトル中、パワー+5000/☆+1し、相手は守護者を発動する際にグレード3をランダムに1枚選び、捨てる。捨てられなければ、相手の守護者は発動しない。
【クロスライド】「蒼嵐竜 メイルストローム」
【VC】クロスライドしているなら、このユニットの『LB⑤』は『LB④』になる。

※LB:リミットブレイク。ダメージゾーンにカードが指定枚数以上置かれている時のみ有効となる。
※クロスライド:ソウルに指定のカードがあるなら、パワー+2000。

アクアフォースのおすすめデッキ

デッキ簡易性能チャート
メイルストローム
メイルストローム
合計スコア:21
簡易性能チャートの見方はこちら

5項目5段階でデッキパワーを評価

パワーパワーの高さは勝負に大きな影響を与える。
スキルによるパワーアップも含む。
爆発力どれだけ早く相手に6ダメージ与えられるか。
・☆、醒の頻度(最重視)
・6ダメの詰めの強さ
・G2を退却/無視できる
・確定ラインの作りやすさ
安定感安定して強い動きができるか。エースへのライドのしやすさや、序盤の選択肢の広さ、リカバリー手段の存在などを考慮。
耐久力ヒールトリガーと完全ガードの活かしやすさ。
メインヴァンガードのパワーの高さ。
また、相手後列を退却できるデッキは、相手の火力を下げられるため耐久を高めに評価。
展開力ドロー&サーチ手段の豊富さ。
どれだけ大量のユニットを展開できるか。
終盤の展開力を重視しているが、終盤のために序盤の展開力を犠牲にする場合などは減点対象。

バトル回数を稼いで戦う

アクアフォースには一定のバトル回数達成で強力なスキルを発動できるユニットが多い。位置交換スキル持ちなどを活用して、スキル発動に必要なアタック回数を稼ごう。

蒼嵐竜 メイルストロームが最優先

必須カードは、蒼嵐竜 メイルストロームと位置交換スキル持ち。位置交換スキル持ちはストームライダー ディアマンテスがベストだが、エウゲンなど代用カードが多いのでなんとかなる。

4位:ロイヤルパラディン

TEAM Q4ガチャを引こう

クランまとめ引くべきガチャ
ロイパラ
TEAM Q4

リセマラ大当たりユニット

ユニットスキル
マジェスティ・ロードブラスター
【VC】ソウルに「ブラスター・ブレード」と「ブラスター・ダーク」があるなら、パワー+2000。
【VC】アタック時、[「ブラスター・ブレード」と「ブラスター・ダーク」を1枚ずつソウルに置く]ことで発動できる。元々の☆を2にし、そのバトル中、パワー+10000。
孤高の騎士 ガンスロッド
【VC】ソウルに「ブラスター・ブレード」があるなら、CB②で起動できる。そのターン中、パワー+5000/☆+1。
【手札】[このカードを山札に戻す]ことで起動できる。山札から「ブラスター・ブレード」を1枚手札に加える。

ロイヤルパラディンのおすすめデッキ

デッキ簡易性能チャート
マジェスティ
マジェスティ
合計スコア:19
簡易性能チャートの見方はこちら

5項目5段階でデッキパワーを評価

パワーパワーの高さは勝負に大きな影響を与える。
スキルによるパワーアップも含む。
爆発力どれだけ早く相手に6ダメージ与えられるか。
・☆、醒の頻度(最重視)
・6ダメの詰めの強さ
・G2を退却/無視できる
・確定ラインの作りやすさ
安定感安定して強い動きができるか。エースへのライドのしやすさや、序盤の選択肢の広さ、リカバリー手段の存在などを考慮。
耐久力ヒールトリガーと完全ガードの活かしやすさ。
メインヴァンガードのパワーの高さ。
また、相手後列を退却できるデッキは、相手の火力を下げられるため耐久を高めに評価。
展開力ドロー&サーチ手段の豊富さ。
どれだけ大量のユニットを展開できるか。
終盤の展開力を重視しているが、終盤のために序盤の展開力を犠牲にする場合などは減点対象。

大会優勝者を多数排出した過去最強デッキ

条件達成で常時パワー12000/☆+1と最強クラスのアタッカーとなるマジェスティ・ロードブラスター。そしてその条件は孤高の騎士 ガンスロッドが手厚くサポートと、攻守に隙がない。大会でも上位入賞者を多数排出している。

デッキ完成まで時間がかかる

デッキに必須のブラスター・ダークがRIVALSガチャ排出なのが痛い。RIVALSを引くか、カード生成や交換所(※)を活用してブラスター・ダークを集めよう。

(※)Vクーポン10で交換可能。Vクーポンは基本週末に開催されているトーナメントで獲得。

トライアルデッキでデッキ完成に近づく

孤高の騎士 ガンスロッドは、トライアルデッキ「聖騎士の剣」で入手可能だ。ガンスロッドがいるといないとで強さが大違いなので、マジェスティで始めるなら購入を検討してみよう。

▶トライアルデッキは買うべき?構築済みデッキのメリットを紹介!

5位:かげろう

TEAM Q4ガチャを引こう

クランまとめ引くべきガチャ
かげろう
TEAM Q4

クランピックアップの開催期間は7/1(水)〜7/9(木)。マジェスティデッキを作るなら今がチャンスだ!

リセマラ大当たりユニット

ユニットユニット名/スキル
ドラゴニック・オーバーロード
【VC/RC】CB③で起動できる。そのターン中、パワー+5000/ドライブ−2し、次の能力を得る。
【VC/RC】アタックがリアガードにヒットした時、このユニットをスタンドする。
ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド
【クロスライド】「ドラゴニック・オーバーロード」
【VC】アタックがヒットした時、CB②と[ペルソナブラスト]で発動できる。このユニットをスタンドし、2枚引く

※クロスライド:ソウルに指定のカードがあるなら、パワー+2000。
※ペルソナブラスト:コストの1種でヴァンガードと同じ名前のカードを1枚捨てること。

かげろうのおすすめデッキ

デッキ簡易性能チャート
ジ・エンド
ジ・エンド
合計スコア:18
簡易性能チャートの見方はこちら

5項目5段階でデッキパワーを評価

パワーパワーの高さは勝負に大きな影響を与える。
スキルによるパワーアップも含む。
爆発力どれだけ早く相手に6ダメージ与えられるか。
・☆、醒の頻度(最重視)
・6ダメの詰めの強さ
・G2を退却/無視できる
・確定ラインの作りやすさ
安定感安定して強い動きができるか。エースへのライドのしやすさや、序盤の選択肢の広さ、リカバリー手段の存在などを考慮。
耐久力ヒールトリガーと完全ガードの活かしやすさ。
メインヴァンガードのパワーの高さ。
また、相手後列を退却できるデッキは、相手の火力を下げられるため耐久を高めに評価。
展開力ドロー&サーチ手段の豊富さ。
どれだけ大量のユニットを展開できるか。
終盤の展開力を重視しているが、終盤のために序盤の展開力を犠牲にする場合などは減点対象。

クランの特徴は「退却」

相手リアガードを場から除去する「退却」がかげろうの特徴。特に相手後列に干渉できるユニットの豊富さは他の追随を許さない

退却により単純に数的優位を作れるほか、FVなど相手後列のキーカードを除去して立ち回りを妨害することもできる。

ユニットの層が厚い!

カードプールが広く、低レアでも強力なユニットが多いのでデッキを作りやすい。また、かげろうの最重要ユニットドラゴニック・オーバーロード」を交換所で入手できる(※)のも大きな魅力だ。

(※)Vメダル200、Vクーポン50(初回25)で交換可能。
Vメダルはガチャ1パックで1つ獲得。Vクーポンは基本週末に開催されているトーナメントで獲得。

トライアルデッキでデッキ完成に近づく

ドラゴニック・オーバーロードが、ショップにて販売されているトライアルデッキ「暴竜の業炎」でも入手可能だ。リセマラ後に残りのオーバーロードを集める際は、購入を検討してみよう。

リセマラの心得3か条

其の壱:回すガチャは1つに絞る

当たりが1クランに集中している方が○

デッキは1つのクランだけで作成するのがZEROルール。各クランのRRRをバランス良く集めるよりも、特定クランのRRRを集中して集める方が強いデッキを組みやすい

ガチャによって排出カードが違う

ヴァンガードZEROでは復数のガチャが同時に開催されており、ガチャによって排出されるクランが異なるのが特徴だ。お目当てのクランが排出されるガチャを回そう!

提供割合とガチャ詳細は要チェック!

ピックアップガチャを見逃すな!

主に新しく追加されたクランなどは、出現率がUPするピックアップガチャが開催されることがあるぞ!狙いのデッキを作りやすいのでリセマラの大チャンスだ!

其の弐:強力デッキを目指す

リセマラで目指すはもちろん最強デッキ!現環境で活躍しているTier1デッキまたはTier2でも上位のデッキを狙おう。強力なデッキは上記のリセマラランキングで紹介しているぞ!

Tierって何?という方はこちら!

Tier=強さ

Tier(ティアはカードゲームでよく使われるカテゴリー分けの指標です。流行度を指す場合もありますが、当サイトにおけるTierは単純に強さを表しており、Tierの数字が小さいほど強いという意味になります。

Tier1
【環境トップ】
高いデッキパワーを誇り、環境の中心となっている。その強さゆえ対策を取られることも多いが、それでもなお高い勝率を誇るデッキである。
目安スコア:20以上
Tier2
【有力デッキ】
デッキパワーはTier1と比べても遜色なく、対人戦で高い勝率を狙える。ただし、「特定のデッキが苦手」「対策されやすい」「Tier下位相手の取りこぼしが多い」など、環境デッキには一歩及ばない。
目安スコア:18 以上
Tier3
【中堅クラス】
最新のデッキと比べると見劣りする部分もあるが、デッキの完成度とプレイング次第ではTier1相手でも十分渡り合える。
目安スコア:16以上
Tier4
【発展途上】
デッキパワーが足りない、構築が固まりきっていないなどの理由で、上位層には大きく水を開けられている。勝利するには、トリガー含め理想に近い動きが求められる。
目安スコア:15以下

※目安スコアは、簡易性能チャートの合計スコアを元にしています。
※あくまで目安なので、範囲外のデッキが属することがあります。

未完成時の強さも重要

リセマラでキーカードを4枚揃えるのは難しい。最初はエースが2〜3枚だったり、サポートユニットが揃ってなかったりが普通なので、代用ユニットの優秀さや層の厚さも重視しよう。

ガチャ以外の入手方法も要チェック!

ユニットは交換所やカード生成、ランクファイト報酬などでも入手できる。特にリセマラで重要なのは交換所で、RRRを交換できるかどうかはデッキ完成までの難易度に大きく影響する。

其の参:グレード3を狙う

リセマラで狙うべきはグレード3!

ファイトで最も影響が大きいのは、どのグレード3にライドするかということ。そのため、リセマラではグレード3を狙おう。ヴァンガードで真価を発揮するグレード3が特におすすめ!

エースカードは超おすすめ

各キャラのエース(切り札)には、単体で非常に高いパワーを持っていたり、クランの特徴・立ち回りそのものといえる象徴的なカードが揃う。当然、リセマラでも大当たりだ!

守護者はガチャ以外でも入手可

勝敗に大きく影響する「守護者 ( センチネル)」(完全ガード)は、ガチャのほか守護者メダルとの交換または課金パックで入手できる。ガチャで当てて損はないが、リセマラでは「RRRのついでに引けたら嬉しい」くらいの感覚でOK。

守護者メダル入手方法
VP(ヴァンガードポイント)10万と50万でそれぞれ1つ入手。VPはランクファイトまたはキャラファイトをプレイすると溜まっていく。VPは半月ごとにリセットされるため、最大で毎月4つ入手できる。

リセマラ終了目安/RRRは何枚?

ガチャの確率

レアリティ確定枠通常枠
RRR1.67%1.67%
RR5%5%
R93.33%13.33%
C0%80%

ガチャ7回でRRR1枚が理想!

パック数RRRを1枚以上引く確率
1パック(6枚)9.61%
7パック(42枚)50.70%
10パック(60枚)63.59%

ガチャ7回でRRR1枚以上排出される確率が約50%。これに近いペースでRRRを当てられたら、リセマラは大成功だ。何回ガチャを引けるかはプレイを始めた日によって多少変動する。

高速リセマラのやり方はこちら

重要度SSが多いと◎

RRRの中でも特に強力なカードで始められるとベター。さらに、完全ガードだったり、ブラスター・ブレードのような各クランの必須級RRも当たればベスト!

カードリストで重要度をチェック!

ガチャ7回でRRR1枚ペース維持率

条件設定

  • RRR確率:1.67%
  • 試行回数:1ガチャで6回

ペース維持率

RRR枚数
(ガチャ数)
確率
3枚以上
(ガチャ:21回)
35.17%
4枚以上
(ガチャ:28回)
30.89%
5枚以上
(ガチャ:35回)
27.51%
6枚以上
(ガチャ:42回)
24.71%
7枚以上
(ガチャ:49回)
22.34%
8枚以上
(ガチャ:56回)
20.30%
9枚以上
(ガチャ:63回)
18.50%
10枚以上
(ガチャ:70回)
16.92%

SPカードについて

リセマラでは無視してOK

ガチャから出るカードは、10%の確率で光り輝くエフェクトを持つSPカードとなる。文字通りスペシャルなカードだが、性能は通常と同じなのでリセマラでは気にしなくてOKだ。

SPカードと通常カードの違い

大きな違いは、カード分解/生成に関する部分となる。「分解できるタイミング」と「分解した時の素材アイテムの量」に違いがあるぞ。もちろん、SPカードの方が優遇されている。

カード分解/生成機能について

ヴァンガードZEROでは、カードを分解して素材アイテムを集めることで同じクランの好きなカードを生成できるぞ。

カード分解/生成についての解説はこちら

ストーリーモード重視の方へ

ストーリーモード攻略まとめはこちら

ロイパラorかげろうがおすすめ!

ストーリーモードには、アニメの流れに準拠したクランで勝利するミッションが存在する。そのため、序盤で出番が多い「ロイヤルパラディン」か「かげろう」で始めるのがオススメ!

序盤の高難度もこの2つが基本

基本的に「高難度≒原作の山場や名場面」となっており、CHAPTER1〜19(アニメ1期)の難所はアイチか櫂のファイトが多い。その点でも上記2クランがおすすめだ。

ミッションは無視しても良い

報酬は減ってしまうが、ミッション未達成でも勝利さえすればストーリーは進行していく。そのため、手持ちの薄いクランが対象のミッションは後回しにしてストーリーを進めてもOK!

デッキが固定のファイトもある

ストーリーモードには、自前のデッキではなく用意されたデッキで戦うファイトもある。ストーリー上あまり使用機会の多くないクランを使ったファイトは固定デッキなことが多い。

©bushiroad All Rights Reserved.
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. 最強デッキランキング
    最強デッキランキング
    1
  2. エイゼルのデッキ|ゴールドパラディン
    エイゼルのデッキ|ゴールドパラディン
    2
  3. ダンガリーのデッキ|なるかみ
    ダンガリーのデッキ|なるかみ
    3
  4. マイイベントのベリーハード攻略/おすすめデッキ紹介
    マイイベントのベリーハード攻略/おすすめデッキ紹介
    4
  5. オラクルシンクタンクのデッキとカード一覧
    オラクルシンクタンクのデッキとカード一覧
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
最新情報
たちかぜイベント
竜騎激突最新デッキ
デッキレポート
トライアルデッキ
おすすめ記事
大会情報
デッキレシピまとめ
Tier1デッキ
Tier2デッキ
Tier3デッキ
初心者記事
リセマラ
セオリー紹介
ファイト関連解説
ゲームシステム解説
カードリスト
スリーブ/スキン
ランクファイト
ストーリーモード
アニメ1期
アジアサーキット編
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中